黒の旋律 - 11話のあらすじと感想レビュー

  1. HOME >
  2. ドラマレビュー >
  3. 黒の旋律 >

黒の旋律 - 11話のあらすじと感想レビュー

黒の旋律 - 11話のあらすじと感想レビュー

gaku
こんにちは、gakuです!
注目の韓国ドラマ、黒の旋律のあらすじを11話について紹介します!
それではどうぞ!

黒の旋律 概要

2013年に放送された、朝ドラシリーズ、黒の旋律です。
本来なら120話の予定でしたが、急遽108に編集されました。
そのせいで、終わり方に納得いかない人も・・・
ですが!内容としては韓ドラらしい人間関係で、見ている人を裏切りません。
また、主人公を演じているハ・ヒラさんは、今作で三年ぶりの復帰!
一人で、性格が真逆の姉妹を熱演したことも見どころの一つです。

黒の旋律 11話のあらすじ

これからは、ジスの事をジウォンと書いていきますのでお願いします!

ウソンと話をするジウォン。
懺悔のチャンスを与えていたみたいですが、彼は何一つ正直に話さなかった。
そんな様子を見て、復讐を改めて誓うジウォン。

ここで少しでも悪びれる態度で、謝罪してきていたらどうだったんだろう・・・
どっちにしても許してほしくありませんけどね!
ウソンは苦しめばいいんだ。

ソンミ母とソンミも、ジスが死んだことを耳にする。
ウソンが帰宅し、ソンミは彼の事を問い詰める。
「あなたがいかなくても私は葬式に行く」と言い放つ。
そんな彼女に、苛立ちが爆発したウソンは、怒鳴り散らしてその場を去っていく。

結局葬式には二人で行くことになった。
その場についたウソンとソンミはの元に、すぐさまサランが駆け寄る。
ウソンに対して「お父さん」と話しかけるサラン。
それを見て、この子の父はウソンなのだと確信する。

違うって言い張っていたウソンですが、もうこれ以上言い逃れできませんね。
絶望的な顔してる!
ざまあみろってんだ。

その場に来ていたサランですが、ここがどこなのか理解していない。
母の葬式だとは気づいているとは思いますがね・・・

最後の挨拶・・・と言ってやってきたソンミとウソンですが、
ジウォンが許すはずもない。
帰れと言い放ち、暗い顔のウソン達は帰っていく。

その後、ソンミに責められるウソンですが、「過ぎたことだ・・・」
とか、偉そうなこと言ってますよ?
よくもまぁ、そんな事言えたもんだ。

ジス(本当はジウォン)が死んでしまった今、ソンミはどういう態度になるんだろう・・・
彼に対しては、これからも冷たくあたるだろうけど、ジウォンに対してどうなんだ・・・?

事の真相が気になるソンナムは、ユニに質問の嵐。
とにかく今は、ジウォンの事だけを考えようと、気持ちを切り替えています。
本当に死んでしまったのはジウォンなんですがね。

葬式に出向いたソンナムは、ジウォンに向かってこう話す。

「不謹慎な発言をしますが、事故がお姉さんでよかった。ジウォンさんが生きていてよかった」
「最低な男です・・・すみません。。すみません。。」

そう言われたジウォンは、心の中で、彼の本気な思いに気が付いた。
これから距離が近くなってくるんだろうな~。

ギチョル達も葬式にやってきた。
さっさと帰って欲しいジウォンですが、なかなか変える気配を見せないギチョル達。
ギチョル母に至っては、何か手伝うと張り切り始めて余計なお世話。

ジウォンに話しかけるソンナムは、ジスと自分の母が似ていると話す。
気苦労も多かったはずだ・・・と労いの言葉をかける彼に対し、
複雑な表情を見せるジウォン。

ウソンはクビになってないんだ・・・
仕事の話でイ会長ともめています。嫌味を言われた彼は、自室に戻り怒りが爆発。

ソンナムは傷ついたジウォンに、優しく言葉をかけ続ける。
そんな彼の言葉を聞き、ジス(本物のジウォン)に対して心で謝り続ける。
この人とならあなたは幸せになれたのに・・・と。

ジスのお墓の前で酒を飲むウソン。
泥酔して気づかない彼ですが、ソンミ母(インギョン)に雇われた探偵が隠し撮り。
まだ続けてたんですね・・・

写真を送られてきたインギョンは、それをソンミにも見せます。
私をだました罪は、必ず償ってもらうと呟くソンミ。

ギチョルは本当か嘘かわかりませんが、ひたすら泣き続けています。
それを見たドヒは、金の事しか考えてないようです。
ウソンとのやり取りを録画していたギチョル。
その時の動画を使って、金を稼ごうとしているみたいです。

サランの事を迎えに行ったジウォン。
仲良くしている二人を見て、ジンジュがうらやましそうな眼差しで見ています。

帰宅したサランとジウォンは、ユニと共に食事をとることに。
いつもジウォンが食べていた大好物である、激辛麺を出されたジウォン(ジス)。
ジスは辛い物が苦手なんですね。
慣れて行かないと・・・と話し、頑張って食べ始めるジウォン。

なんか変に善人面して、ギチョルが張り切り始めました。
何としても、ウソンの事を捕まえるといき込んでいます。

舞台監督の仕事を、ユニから教わっているジウォンはなかなか大変そうです。
ソンナムが現れ、いつから見られていたのかと不安になる二人。
ですが、会話の内容は聞こえていないようで、まだまだばれる様子はありませんね。

黒の旋律 11話の感想

gaku
傷ついたジウォンの事を、優しく励ましてくれるソンナム。
サランの世話や、仕事の面でもサポートしてくれるユニ。
ユニが唯一すべての真相を知っている事になります。
泣きまねかなんなのか、ギチョルが見苦しいな・・・
ドヒに内緒で、ジスに指輪買ってたみたいですけど、私は許しません。

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじや感想、ストーリーまとめ

黒の旋律の画像は下記より引用しております

BS11

【格安】パケット定額 1日300円から

【60分500円】で【入学金・事務手数料ゼロ】

-黒の旋律
-, , , , , , , , , , ,