韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ8話

麗 花萌ゆる8人の皇子たち

今回の韓国ドラマはこちら!
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~
さっそく8話をご覧ください
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ8話

ヘ・スがウク皇子と恋の駆け引きをしてると思ったペガ皇子は、ミョン姉上は気付いているんだぞとヘ・スに警告する。

大雪の降る日に衣や小物袋を燃やしていたヘ・ミョンの背中は寂しそうで、従姉さまがすべて知っていると聞いたヘ・スは、申し訳なくて後ろからそっと見守る。

はげしく咳き込んだヘ・ミョンは驚いて、近づいてきたヘ・スに「美しい姿であの方の記憶に残りたい」と化粧を頼む。
出会ったときを思いだし外を歩きたいという妻をつれて、雪の降るなか散策に出かけたウク皇子。

豪氏の娘としてウク皇子を手に入れたミョンは、ウクに愛されていないと思い、片思いの苦しさを淡々と語る。
宮殿を追放された皇子に大きく羽ばたいてもらいたかったと願いをこめたヘ・ミョンの声はだんだんと小さくなり、愛するウク皇子の背中で息を引き取る。

ヘ・ミョンの亡骸は火葬され、草原の風に吹かれ天に舞う。
従姉さまに会いたいヘ・スと姉上さまに会いたいペガは、寂しいときは二人で酒を酌み交わし、思い出を分かち合う。

人の目には愛妻家に見えていたウク皇子も、政略結婚のへ・ミョンを愛しているとは自分でも気付かず、彼女を亡くしてやっと、妻を愛していたことに気付く。

お母さんのようなミョン従姉さまを亡くし、このまま千年の昔でどうやって生きていったらいいのかと途方に暮れたヘ・スの部屋に、入り口があるのにわざわざ高窓を叩く音が聞こえる。

手を伸ばし高窓を開けてみると、男の子と女の子の人形が元気に現れる。
「お前はのぞき見女だな」バシバシっ。
無邪気なウン皇子はヘ・スとの出会いを人形劇仕立てにし、茶美園の出会いから、ケンカシーンに至るまで面白おかしく演技する。

へ・スとの出会いを思い出し、演技に熱がこもってくるとウン皇子は、下男の上で右に左にと大きく動き、こら、それ、どうだ!!・・・。
ヘ・スとの激しい乱闘シーンを劇していたウンだが、大きな音が鳴り人形たちがいなくなると、窓の外ではウン皇子や彼を乗せた下男もろとも地面に崩壊していた。

いつもは騒々しいウン皇子を子供扱いしていたヘ・スも、今日ばかりは彼に元気をもらい、久しぶりに大笑いする。

下々の皇子達のことをばかにするワン・ヨは相変わらずで、滅びた国新羅の末裔であるペガは、まるで難民のような扱い。
天胤以外みな、同じ立場なのに、ワン・ヨの目に余る言葉に怒ったソは、主の前では何も言えないくせにとヨを馬鹿にしペガをかばう。

スポンサーリンク

何の知らせもなく突然ヘ・スの婚姻が決まり、相手はなんと還暦をすぎた子だくさんのお年寄り。
親のいないヘ・スを、まるで身売りのように嫁にやるヘ家の事情を知ったウク皇子は、兄弟たちに協力を求める。

ウンが高窓からヘ・スを連れ出すと、見張りに見つかりそうなところをペガがかばい、扉の向こうで待っていたウク皇子の手を取ると、外にはジョン皇子が馬に乗って待っていた。

へ・スを連れ出すウク兄を見かけたヨナ皇女は、追手を向かわせ兄に追いつくが、桃色の頭巾をかぶった女人は、「じゃじゃ~ん」と飛び出たウン皇子だった。
ヨナ皇女の姪は男だったのかと天然ボケのヘ氏の遣いは首をかしげ、今ならまだ間に合うはずだとヨナは別の道を捜索させる。

その頃、ヘ・スをしっかりと抱きしめ疾走したソは、ペガと一緒にできる限り遠くを目指そうとするが、林を抜けたそこには兵士を引き連れたジモンが待っていた。

間もなくヘ・スを捜しにきたヨナ皇女も追い突き、ジモンがヘ家の味方をしてヘ・スを捕らえに来たのかと思ったウクは見逃してくれるよう頼むが、冷静な声で話し始めたジモンは、宮廷からお呼びがかかっているとヘ・スに告げ、太祖との婚姻が決まったと知らせる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←7話     9話→

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~BSジャパン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人