韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ86話

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ86話

頑張れチャンミ

今回の韓国ドラマはこちら!
頑張れチャンミ
さっそく86話をご覧ください
頑張れチャンミ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・頑張れチャンミ・あらすじ86話

「私も社長さんが好きです。」夢のような言葉を聞けたビョンムンは、真っ昼間の公園でヨンジュをしっかり抱きしめる。

幸いビョンムンは打撲だけで済み、ヨンジュは病院からもらってきた湿布を貼ってあげようと彼を寝かせセーターをめくる。
今日に限って早く帰ってきたチャンディは、二人の慌てぶりに納得がいき、湿布を貼ってたというヨンジュの言い訳をニヤニヤ聞き流す。

勘のいいチャンディは二人の間に進展があったと察し、ヨンジュを祝福するが、マザコンのチャンスが受け入れられるはずがなく、バレたら大変と心配する。

チャンミに会いたくなったジュニョクは、彼女に負担をかけたくなく、ついでに寄ったフリをして店の隅で彼女を待ち続ける。

一生、他の男性を好きにならないと誓ったヨンジュは、ビョンムンに心を許し申し訳ないと夫の写真に語りかける。

今でもまだミンジュの妊娠が信じられないテジャは、彼女との接触を避け、酒で気を紛らせる。
「俺は最低だな。」と自分を責める兄にテヒは、「受け入れる努力をしないと。」と答えるがチャンミとの仲を引き裂かれ近づいてきたミンジュの存在が負担なテジャは「本当につらいんだ。」と正直な気持ちを訴える。

片思いで苦しんだテヒには兄の気持ちが痛いほど分かり、「会いたければ遠くから見てゆっくり忘れるといいわ。」と兄に同情する。

チャンミの新メニュー計画がいよいよ始動し、ジュニョクは気まづいだろうとテジャを担当から外そうとするが、遠くからでも彼女を見守りたいテジャは、「私情を挟まないから大丈夫だ。」と新メニュー計画に参加する。

ファン会長が夕食に来ることになり、ビョンムンは身体にいいメニューを作りたいとヨンジュを誘いスーパーに行く。
会長の好物を作ってほしいという彼に「海鮮鍋がいいですね。」とヨンジュは意気投合。

この前までスネていたビョンムンから、やけに親切にされると下心を疑う会長だが、ヨンジュとの恋愛成就を聞き、自分のことのように祝福する。
気が早い会長は、「式はいつ挙げるんだ。」とせっつき、両思いになれただけで満足なビョンムンは、「気長に待ちます。」と答え、再婚式を見るまでいつまでも長生きしてくださいと会長をからかう。
とうとう高嶺の花を手に入れたビョンムンに、会長はお腹を抱えて笑う。

会議のため本社を訪れたチャンミは、待っていたテジャと二人っきり。
私情を挟まないと決意したテジャは、個人的な事は質問せず「新メニュー開発は順調か?」とチャンミの仕事を気遣う。
三色蒸し餅の色をチャンミは白、ピンク、紫がいいと提案するが、持ち前の感覚で「黄色のほうがいいのでは?」とテジャが提案すると、「黄色は別れを意味するの。」と会議は重苦しい雰囲気に。

新しい工場で作った化粧品は、見た目も香りも既存品とそっくりで「私の言った通りでしょ。」とガンヒは得意気。
違約金さえも、「すぐに取り戻せる。」と自信満々なガンヒは新しく作る分から工場を変えるとミンチョルを言いくるめる。

スポンサーリンク

家にいても気が休まらないヨンホは、いつもの如くエンジェルバーに息抜きに来るが、ガンヒから「30分で帰ってきなさい。」と電話を受け、妻がGPSをつけたのかとビールを流し込み急いで帰る。

呪いのお札は高価なため、アラさんに似た人形を手作りしたガンヒは、恨みをこめブスブスと串刺しする。
「彼女が心配なら絶対に店に行かないことね!」妻に脅迫されたヨンホは、かすかな楽しみも奪い取られる。

ジュニョクから花博のチケットを2枚貰ったテヒは、ミンジュが行きたがっていると知り、「歩み寄る努力をしたら。」とテジャにプレゼントする。

新メニューのいいアイデアが浮かぶかもと花博のチケットをチャンミにもプレゼントしたジュニョクは、「部長といると、いいアイデアが浮かぶので。」と彼女に誘われ二つ返事でOKする。

イエロー、ローズ、オレンジ。早春とは思えない温かな天候に恵まれ、チャンミは咲きほこった花を次々と写真に収める。

渋々ミンジュを誘って花博に来たテジャは、ジュニョクカップルを見て胸が痛み、気まずそうな二人をチャンミはお茶に誘う。
仕事の為に花を見にきたと二人に説明するジュニョクだったが、チャンミはわざわざデートも兼ねてと口添えし、たまりかねたテジャは、コーラに口も付けずミンジュを急かせる。

ここまでお互いを傷つけ合う必要はないとジュニョクはチャンミを心配するが、テジャカップルを見た彼女は、努力が報われた気がすると安心し「彼の気持ちが楽になるように。」とテジャの事ばかり考える。

一緒に歩いていてもテジャの冷たさに傷つくミンジュは、「覚悟してたけど、つらい。」と泣き出し、苦しむテジャに追い打ちをかける。

テジャに会う度落ち込んで帰ってくる娘を見かねたガンヒは、「妊娠していなかったら、とっくに別れさせてるわ。」とテジャに怒り、「子供を堕ろしてほしいならすぐに病院に連れて行く。」とテジャを追い詰める。

「これからはテジャもあなたに優しくするわ。」ガンヒの暴走に、「母さんのせいで俺は工場を変えられテジャは自由が利かなくなった。」とミンチョルが皮肉ると「私のお陰で今の生活があるのよ。」と家族を黙らせる。
これで全てが上手くいく、と安心しきったガンヒの元へ、チャンミを流産させたキム・サンベから電話が入る。

事業に失敗したサンベは急にカネがいるようになり、チャンミを陥れた証拠をネタにガンヒを揺すってきたのだ。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「頑張れチャンミ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←85話     87話→

頑張れチャンミ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ