王は愛する - あらすじ15話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. ドラマレビュー >
  3. 王は愛する >

王は愛する - あらすじ15話と感想レビュー

韓国ドラマ 王は愛する あらすじ15話

今回の韓国ドラマはこちら!
王は愛する
さっそく15話をご覧ください
王は愛する あらすじです!

韓国ドラマ 王は愛する あらすじ15話

サンは投獄され、世子は禁足令を無視して彼女に会いにいく。

リンが助けにきてくれたのも、すべて世子が陰で守っていてくれたから。

世子妃になれないと言ったソファが、父親やリンを守ろうと自分を犠牲にしたと知り、世子は大切な者すべてを守ろうと動きだす。

王妃もまた行動を起こす。

真夜中に王の寝所を訪ねた彼女は、御簾の後ろに隠れたブヨンに挨拶をさせ、使臣団のために宴を開く人事権の許可を得る。

王に振り向いてもらえない母の苦しみを見てきた世子は、他の男を愛する女人を側に置く苦しみと、愛する者を手放し遠く離れて恋い焦がれる悲しみと、どちらが苦しいかと思い悩む。

ソファの名簿は貢女として使臣団に渡され、世子はこの状態で彼女を助けるにはイ・スンヒュ先生の力が必要だと彼を捜す。

ウン・サンの財産を横取りしようと考えたソン・インは、彼女が元に到着する前に証文の名義を変えなければと焦っていたが、証書を持ち出した執事の行方がつかめない。

王の護衛と戦ったリンは窮地に追いやられるが、彼を救ったのは以外にも王妃だった。

ウン・サンの護衛を彼に任せた王妃は、ワン・リンに処罰を与える権利は私にあると主張し、彼を無罪放免にする。

王妃は宴の手伝いにワン・リンと世子を選び、禁足令の下っている世子に世子宮と王妃殿を自由に行き来できるようにする。

そしてもう一人重要な人物イ・スンヒュは呼んでも逃げ回るので、宦官フラタイが強引に拉致してくる。

王のスパイ、チェ内官はリンによって追い出され、イ・スンヒュ先生も、いい勘をお持ちだとリンを褒め、どうせなら全員追い出したほうがいいと、フラタイやチェ尚宮も部屋から出される。

力を得たいと願う世子のために、王妃はイ・スンヒュとリンを用意し、この危機を乗り越えるために力を貸してほしいと世子はスンヒュに頭を下げるが、すでに世子が王にぶたれたことを耳にしていたスンヒュは、父子の争いは望まず、世子を助けるほど親しくはないから、この話には関与したくないと言って、代わりに愛弟子を貸してあげる。

イ・スンヒュの才能ある愛弟子とはソファ。

お嬢様の格好をさせられたソファは、特別な才能を買われ、世子の難問解決に協力する。

皇帝陛下の娘であるウォンソン王妃であれば、貢女の名簿からサンを外すのはたやすいこと。

しかし、世子が生まれて初めて“力を得たい”と母を頼ったとき、それが女一人を救うためであっても、好きな女一人守れぬようなら一国を救えるはずがないと、王妃は世子の力を試したのだった。

宴までには、あと半日。

目的を同じくした世子、リン、ソファの3人は以前のような友達関係に戻り、宮殿を出られない世子の代わりにリンがヨンベクを捜しにいく。

ソファは、持病を持つ父のために薬を届けてほしいとリンを追いかけ、慣れない女人の衣を踏んづけ、転びそうになる。

リンが抱き留めソファを守るが、二人の親密そうな姿を世子が胸を痛めつつ傍観する。

保護している執事をおとりに、ソン・インの部下を罠にかける。

リンに知らせを持ってきたケウォンの後をソン・インの部下がつけていくと、そこには大勢の世子の護衛と、建物の中には大切に包みを持った執事の姿があった。

手下はすぐさま妓楼にあるソン・インの隠れ家に向かう。

ウン・ヨンベクを拉致したソン・インは、世子が謀反を企てていると話をでっちあげ、謀反に加担した罪で一族を滅ぼしてもいいのかとヨンベクを脅していた。

そこへ、世子の隠れ家で執事が見つかったとの知らせを聞き、一網打尽にしようと兵士総勢で襲いにいく。

手薄になった妓楼に侵入したリンは、玉座のように煌びやかなソン・インの住まいを発見し、鍵のかかっていた隠し部屋からウン・ヨンベクを助け出す。

王は愛する あらすじの続き 一覧

「王は愛する」前後のお話はこちらから

←14話     16話→

「王は愛する」各話の一覧はこちらから

【「王は愛する」の魅力全開!】王は愛するのあらすじ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ全話一覧まとめ

「王は愛する」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

王は愛する 特設サイト


【格安】パケット定額 1日300円から

【60分500円】で【入学金・事務手数料ゼロ】

-王は愛する
-, , , , , ,