韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ24話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく24話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ24話

ユン弁護士の無事を確かめたドチは、気絶したフリをして彼女を驚かせる。

二人が油断している間に、バイク男はソルが落とした帽子を拾い、逃走する。

ユン・ソルが立ち上がろうとしてもパンプスのヒールが折れてしまい、これでもなんとか歩けると強情をはるが、体の大きいドチはひょいと彼女を背負い子どものようにおんぶして、嫌がるユン弁護士を家まで送っていく。

“つらい時期が過ぎれば希望が満ちる”

ユン・ソルといると、この上なく楽しい時間が過ごせるドチは、ソン・ジュホおじさんにもらった絵に語りかけ、教えてもらったことは本当だったと幸せをかみしめる。

裏表のないドチの無邪気な優しさにヨリも彼のことを好きになってしまいそうになるが、ボムを失った自分には幸せになる資格なんてないと自分を戒め、復讐のことだけを考えようとする。

刑事歴20年のキャリアを持つユン・ギドンは、ホン・ジウォンの上を行く男だった。

親子鑑定に気づいた彼は、ホン・ジウォンの部下にぶつかり鑑定資料をすり替える。

ユン・ソルが大事にしているパンプスが壊れたので、ドチはゴミ箱に捨てると冗談を言って持ち帰り、彼女が出勤する前に、知り合いの職人に頼んでヒールを直してもらう。

ユン・ソルが家を出ようと扉を開けると、そこには大切なパンプスが置いてあり、“お母さんからもらった幸運の靴で、美しい道だけを歩いてほしい”とク・ドチからメールが届く。

ムヨルはウィドファッション売却に反対しそうな古株の社員からクビにすると決め、勤続年数が長い分、何か落ち度があるはずだとユン・ソルにあら探しと、社員から反発が起きた場合の法的処置を準備するよう指示する。

鑑定書なんかいくらでも偽造できると考えたホン・ジウォンはユン・ソルのことを信用せず、会社に乗り込み実力行使で彼女を追い出そうとする。

ユン・ソルの荷物を持ち出し廊下にぶちまけているところをク会長が発見し、会長夫人たるものが、なんたる醜態だとジウォンを止め、ユン・ソルを持ち場に戻らせる。

彼女が万が一にも他人であっても、ヨリと同じ顔を持つユン・ソルが嫌だと私情を交えるジウォン。

重要な土地の売買が絡んでいるク会長は、ユン・ソルを解雇すれば、リゾート開発が進まなくなるんだとジウォンを黙らせる。

あの女はヨリに間違いないと自分の勘を信じるジウォンは、今度はユン・ソルの両親に目を付け、金融業のソ・マルリョン、元刑事のユン・ギドンとはいったい何者なのかと探りを入れる。

ムヨルがユン・ソルをかばったとき「クソ以下の男を誰が金にしたと思っているの」とジウォンは、彼を侮辱した。

スポンサーリンク

義母の際限のない侮蔑は、ムヨルのなかで何かが壊れていく。

ク・ドチが財閥の御曹司だと分かると、仕事のオファーも殺到し忙しくなってくるが、一番連絡してきてほしいユン・ソルからは、お礼も何もかかってこない。

自分から電話をかけてみても、仕事中で忙しいと素っ気なく断られる。

ユン・ソルから入社歓迎会をしてほしいとねだられたムヨルは、まんざらでもなく快諾するが、息子が病気だとヘジュから電話があり、ソルとの約束をキャンセルして急いで帰宅する。

しかし、息子が病気というのはヘジュの出任せで、早く帰ってもらおうとウソをついた妻をムヨルは、母親が子どもを病気にしてウソをつくのかと怒り、もう一度会社に戻る。

寝ても覚めても、仕事中も食事中もユン・ソルのことばかり考えてしまうドチは、彼女に会わずには帰れない。

途中で電話を切られてしまった彼は、想いを抑えることができず、「勇者が美女を得るんだ」と自分を励まし、ウィド本社にやってくる。

車から降りるク・ドチを見かけたムヨルは、彼の後を付け、ユン・ソルとの会話を盗み聞きする。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←23話     25話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー