韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ23話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく23話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ23話

どこからどう見ても、ヨリにうり二つのユン・ソル。

死んだ人間が生き返ったのかとホン・ジウォンは心臓が止まりそうになり、口を開けたままポカンとユン弁護士を見つめる。

冷静にならなければと自室に逃げたジウォンは、ヘジュの話が幻覚ではなかったと分かり、本当にヨリかどうか確かめようと出てくるが、ジウォンの体調を気遣ったユン弁護士は、すでに帰ったあとだった。

新事業を担当するユン・ソルは、ムヨルと同じ部屋に配属され、行動もほとんど彼と一緒。

助手席に座ったユン・ソルが音楽をかけようとスイッチを入れると、彼に贈ったソルの歌が流れ、お互い好意を持っていたのねと、ムヨルをその気にさせる。

ムヨルがコーヒーを買いにいってる間にヘジュから電話がかかってくると、ユン・ソルはわざと彼の電話をとり、ヘジュに嫉妬させる。

「一緒にいる女は、いったい誰なのよ!」とヘジュは怒るが、ムヨルは社員と外回りの仕事中だとごまかし、今後は電話に出ないでほしいとユン弁護士に頼む。

しかし、「あなたといつも一緒にいられる奥さんがうらやましい」と言われると、悪い気はしない。

ムヨルは、草がぼうぼうと生い茂る何もない土地にユン・ソルを案内すると、ここにアジア随一のリゾート施設をつくる構想を明かし、ウィドファッションを売却して、その資金でリゾート事業に投入する、会長夫妻しか知らない特別任務を明かす。

嫡子ドチを後継者にと願っていた先代の意向を知っている理事たちは、ドチの存在が公になったことで会社に戻ってきてほしいとドチを説得にくるが、唯一血のつながる兄との仲を壊したくないドチは、自分は経営にまったく興味がないと言い訳し、俳優業を選ぶ。

ユン・ソルには両親もおり、ヨリとは別人だと言われても、あの女はヨリだと言い張るジウォンは、彼女を解雇するよう夫を責める。

ソ・マルリョンから土地売却のいい感触を得た会長は、「家族の恥部を隠すために有能な人材は切れない」と妻の頼みを拒絶し、疑うなら自分で調べてみろと、ユン弁護士の住民登録票を叩きつける。

ムヨルとユン弁護士が帰社すると、駐車場で出くわしたジウォンは「ゴキブリのようにうろついてないで、身分を偽るなら隠れていなさいよ」とユン・ソルを侮辱する。

ムヨルが、ユン弁護士に失礼だと彼女をかばうと、カバンで殴りつけたジウォンは、「昔の女をそばに置いてヘジュを病人扱いするの!!」とムヨルを不倫扱いし、ユン・ソルと言い張るなら10分以内に本人であることを証明しなさいと、ユン弁護士に説明の機会を与える。

スポンサーリンク

ドチの女性問題や、双子の暴行事件、そして、ウィドグループ入社志願、それぞれユン・ソルは、理路整然を経緯を説明し、非の打ち所がない彼女に文句がつけられないジウォン。

それでも、ヨリに違いないと自分の勘を信じる彼女は、ユン・ソルの化けの皮をはがそうと必死になる。

戸籍で証明された両親がいると言われても、信じないジウォンは、母子の髪の毛で親子鑑定を指示する。

チキン店をいとなむマルリョン夫婦の店に、商品に髪の毛が入っていたと難癖を付けた客がやってくる。

とっさのことで、何がなんだかあっけにとられるギドンだが、マルリョンの髪の毛を引き抜かれ、これは何か裏があらはずだとジウォンの企みを警戒する。

会社経営に興味はなくても、お父さんがつくった会社を愛しているク・ドチの思いを知っているヨリは、ウィドファッションの売却を彼は知っているのかと心配し、本当に経営に興味はないのかと、彼の本心を聞き出そうとする。

ユン・ソルの髪の毛を抜こうと付け狙っていた男は、バイクで彼女に襲いかかるが、隣にいたク・ドチが、捨て身でユン弁護士を守る。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←22話     24話→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー