韓国ドラマ 空港に行く道 あらすじ13話

韓国ドラマ 空港に行く道 あらすじ13話

空港に行く道

今回の韓国ドラマはこちら!
空港に行く道
さっそく13話をご覧ください
空港に行く道 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 空港に行く道 あらすじ13話

仕事を辞めたあの日、洗濯物を干す主婦を見て専業主婦になることを決めたスア。
少しでも、落ち込む彼女の癒しになればと、ドウは洗濯干しを手伝ってもらう。

彼女を自宅まで送り届けたドウは、「スアさんには僕がついてますから、何も怖いものはありませんよ。」と励ましの言葉をかける。

その頃、シドニー行きの便に搭乗していたジウンとヘウォン。
現地に到着すると、ホテルのバーに向かうが、そこでジンソクと鉢合わせになってしまう。

気まずい空気をなんとかしようと、ジウンはミジンに「緊急事態発生!」と助けを求め、メールを見たミジンがジンソクに電話をかける。

「部屋で会いましょう。」
ミジンから連絡を受けたジンソクは、「仕事の集まりがあるので」と言い残し、バーを後にする。

ピンチを切り抜けジウンがホッとしたのもつかの間、ジンソクの部屋に入っていくミジンを目撃してしまったジュヒョン。
彼女の頭のでは、友人を裏切ってその旦那と密会するシーンにしか見えず、とんでもないものを見てしまったと放心状態。

ジンソクの部屋に入っていくミジンを目撃したジュヒョンは、その事を同僚たちにも話す。
後輩CAのウンジュ(たぶん一番若そう?頼りない雰囲気の人。)は、ジュヒョンの言葉を信用できず、自分の目で確かめようと廊下で待機。

すると、ジンソクの部屋の中から本当にミジンが出てきた・・・。
思わず口を塞ぎ廊下のわずかなスペースに身を潜めるウンジュは、もう一度引き返し部屋に入っていくミジンをしっかりと自分の目で確認してしまう。

ヘウォンとジンソクが顔を合わせるのを防ぐためとはいえ、二人っきりで部屋にいるのはスアに申し訳なく思うミジン。
妻には51%しか見せてないと言うジンソクは、お前には100%をさらけ出せると言葉巧みに誘惑し、突然キスをする。
「バカらしい」と彼の言葉を一蹴し、一度は部屋を出てきたミジンだったが、”自分の気持ちに正直になれ”と話していた彼の言葉が頭に残り、引き返して彼の部屋に入っていく。
(え、ミジンとしては結局未練ありってこと?でも友人のスアと結婚したから、自分の気持ちを封印したってことだったのか・・・?)

シドニーでドロドロ劇場が繰り広げられているとは考えもしないスアは、子供たちの通学を守る旗振りおばさんを全うする。
子供たちの通学を見守ったスアは、主婦友たちと一緒に喫茶店へ向かう。

「結婚する前は、どんな仕事をしていたの?」
つい最近仕事を辞めたばかりのスアは感傷に浸り、どんなに頑張っても過去のものになってしまうのだと、どこか虚しさを感じていた。

アニーが守りたかったもの。
それは、実の父と、ドウたち家族。
幼いながらに両方の家族を守ろうと模索していたアニーは、あの工房(草原のど真ん中にあるところ)にある壺の中に、”みんなが幸せになれるように”と苦しい胸の内を明かしていた。

アニーが実の父と暮らしていたことを知ったドウは、妻へウォンが嘘をついている事を確信する。
それを聞いたソクさんは、つくづく恐ろしい女だと身の毛がよだち、「もう彼女を庇うのはやめろ」とドウを説得する。

思い悩むドウは街を歩き回り、気づけばヒョヌの店の前まで来ていた。
店内に入ることもなく、呆然とした様子でそのまま引き返していく。

高校時代からの付き合いで、ドウをよく知っているヒョヌは、「ひどく悲しんでるか、悩んでいるかだな・・・。」と察し、声をかけようとしない。

シドニーから戻ってきたジンソクたち。
スアが退社したことを知らず、後輩たちから聞かされて知ったジンソクは、「どうして相談もせずに辞めたんだ」と妻に電話をかけ激怒する。

スポンサーリンク

「娘がいじめられていたのを、あなたは知ってる?暴力まで振るわれて、学校に行けずに倒れたり・・・」
夫になんと言われようと、苦しむ娘を家に置いて仕事に行くことができなかったスアは、理解を示さない夫に声を荒らげて反論し、それでも理解を得られないと「結構よ」と電話を一方的に切る。

ある飾り結びの作品を、ウニの遺品だと嘘をついていたヘウォンは、その嘘がホン館長(ジウンの母)にばれてしまう。
彼女の腹黒さを垣間見たホン館長は、厳しい言葉でヘウォンをけん制する。

スアの送別会が開かれ、酔っぱらったウンジュ(たぶん一番下の後輩CA)が爆弾を投下する。
「先輩(スア)の事は本当に尊敬してます・・・でも、友人が悪い。」
据わった目つきでミジンを睨み、ジンソクの部屋に入っていったことをみんなの前で暴露する。

「私と結婚してなかったら、夫はきっとミジンと結婚してたわ。それほど仲が良いのよ。」
スアは落ち着いて返答するが、すっかりその場の空気はヒリついてしまい、一人で歩けなくなったウンジュの肩を持って後輩たちはそそくさと帰っていく。

その場に残された、スアとミジンの二人。
「人目には気をつけて行動しないと」と、冷静な口調でミジンに話しかけるスア。

しかし、ミジンは「人目を気にしてられないほど慌ててたのよ。」と開き直り、「あんたの付き合ってる男の妻に睨まれたのよ。」と言い返す。

(・・・ドロドロしてきたぁ( ゚д゚)ハッ!笑)

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「空港に行く道」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←12話     14話→

空港に行く道 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「空港に行く道」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

空港に行く道 コンテンツセブン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 雲が描いた月明かり

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ