韓国ドラマ 病院船 あらすじ16話

病院船

今回の韓国ドラマはこちら!
病院船
さっそく16話をご覧ください
病院船 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 病院船 あらすじ16話

キム・ドフン教授の先輩にあたるキム・スグォン院長は、ウンジェに嫌がらせする彼に、そろそろ大人になってもいいんじゃないかと説得しにいくが、教授が手術を断ったのは、私的感情ではなく、手術の内容が難しく成功させる自信がなかったからだった。

院長選を前に危険を冒したくなかったキム・ドフンは保身に走り、自分よりも腕の立つウンジェのほうが適任だと考える。

プライベートなことは何も話さないウンジェが、父親の手術を執刀すると知ったピョ看護師は、秘密にしていたヒョンに怒り、病院船スタッフも全員、彼女を心配して巨済病院に駆けつける。

人を寄せ付けない人生を送ってきたウンジェの周りに、いつの間にかファミリーができ、「辛いときは、相談しろよ」とパン船長も、ウンジェを娘のように心配する。

手術を明日に控えたウンジェが緊張していると、ヒョンは「ビールを欲しそうな顔をしている」と怖い顔で外を睨み付けているウンジェにビールを差し入れる。

少しは体を休めるべきだという彼の言葉に強がるウンジェだが、「ぐっすり寝て明日の手術に備えてよ」という弟ウジェの言葉にしぶしぶ寮に帰り、ヒョンとビールを飲む。

彼とゆっくり話す機会がなかったウンジェは、交際できない理由をようやく口にし、医師として立派な同僚を失いたくないからだと、母の件で恨んでないことを伝える。

手術室に父を案内したウンジェは、さすがに感傷的になり、人前で流したことのない涙を落とす。

ソウルから駆けつけてきた後輩のキム・ジェファンは、「先生なら父親でも単なる物体と見なせますよ」とウンジェを驚かせ、キム・ドフンチームの看護師長までも秋夕の準備をほっぽり出して、手伝いにきてくれる。

心強い味方を得たウンジェが手術室に入ると、父の側にはキム・ドフン教授が立っており、「なぜ患者の家族が手術室に入るんだ」と、彼はウンジェを外に追い出す。

兄を亡くしてから初めて彼の樹木墓にやってきたジェゴルは、自分探しの旅になんか行かなければ兄を失うことはなかったのにと、迎えにきてくれた兄の交通事故死を自分のせいだと責める。

自慢の息子を失い、次男を恨むことで心のバランスを取っていたキム院長は、長男しかかわいがらなかった子育てがそもそも間違っていたんだと傷ついたジェゴルを慰め、ジェミンの死は、誰のせいでもなく交通事故死だったんだとジェゴルに言い聞かせる。

島の人々を見捨てることができず病院船の仕事に残りの人生をかけたチュ事務長。

秋夕ぐらい子どもたちの顔を見たいと別れた妻のマンションを訪ねるが「父親に甲斐性がないから、うちの子は塾にも行けないのよ」と、久しぶりに会った元妻は、相変わらず事務長を見下し、ボーナスと小遣いだけひったくって扉を閉める。

家族には見放されても子どものようなスタッフは皆事務長を頼り、ピョ看護師は、ひっきりなしに届くメールに「ほら、寂しくないでしょう」と事務長を励ます。

12時間に及ぶ手術は見事成功し、術後の呼びかけに、ウンジェの父はしっかりと意識を取り戻す。

出血箇所がなかなか見つからず、何度も危機はあったが、デハン病院からやってきたキム・ドフン以下精鋭チームが全力を出し、ウンジェの父を守ってくれる。

スポンサーリンク

術後に甘すぎるコーヒーを飲むのがキム・ドフンのスタイル。

今も変わらない師匠にお気に入りのコーヒーを持ってきたウンジェは、以前のように彼の横に座り、父を助けてもらった感謝を伝える。

医療ミスはあってはならないが、医師も人間。

当然誰にでも起こりうること。

患者を救えれば何も必要ないと言っていたキム・ドフンも、地位や名声を得た今となっては、築いてきたものを失うのではと素直になれず隠ぺいをしてしまった。

患者を救いたいという初心の心を思い出させてくれたウンジェに彼は感謝を伝え、今後も、「お前のコーヒーを飲み続けたい」と、ウンジェにデハン病院の准教授ポストを用意するが・・・。

スポンサーリンク

病院船 あらすじの続き 一覧

「病院船」前後のお話はこちらから

←15話     17話→

「病院船」各話の一覧はこちらから

【「病院船」の魅力全開!】病院船のあらすじ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「病院船」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

病院船 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ