韓国ドラマ 病院船 あらすじ15話

病院船

今回の韓国ドラマはこちら!
病院船
さっそく15話をご覧ください
病院船 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 病院船 あらすじ15話

ウンジェの心を開かせることができなかったヒョンは、彼氏としてではなく医者として側にいると約束し、チェ・ヨンウンの治療に付き合う。

仮病を使ってヒョンを取り戻したヨンウンは、ウソがバレないうちに、彼が後戻りできないよう既成事実をつくろうと計画する。

親友のジョンリムが、これ以上ウソをつけないとウンソンに電話をかけてくると、彼女は病院船のスタッフに聞かれないように誰もいない部屋に隠れて電話するが、そこはスタッフの仮眠室、カーテンで仕切られたベッドにウンジェが寝ていた。

ヒョンを取り戻したヨンウンは、わざわざウンジェに報告にいき、彼が戻ってきてくれたことを自慢するが、「仮病まで使って彼をつなぎ止めたいの?」とウンジェにはバレており、言い逃れようとしても白血病であれば体に検査痕が残っていると言われ万事休す。

隣のブースではキム・ジェゴルが修理をしており、秘密を知った彼に、余計なことを喋らないでよと口止めするが・・・。

恋敵とフェアプレーで戦いたいジェゴルは、ヒョンに話すと言ってきかず、人に騙されるよりも恥をかくほうが耐え難いというウンジェの考えに、条件付で同意する。

コゲ島で草むしりをしていた親子が蜂の巣をつつき、逃げる途中で父が足を滑らせ山道を転げ落ちる。

意識をなくした父を蜂から守ろうと覆い被さった息子は、救急隊に電話をかけているときに意識を失う。

ちょうど島に病院船が停泊していたので救助に向かい、「蜂に刺されたぐらいで海洋警察を呼ぶなよ」と、船で待機するパン船長はおかんむり。

現場に急行したウンジェは、重なるように倒れていた男性を仰向けに寝かせ、すでに自発呼吸の止まっている息子の手当に着手する。

喉には腫れものがあってチューブが入らず、首を切開して管を挿入し、直接酸素を送り込む。

父親のほうは心停止を起こし、危険な状態になるが、ヒョンがAEDを何度も試し、ようやく息を吹き返す。

父親をかばった息子のほうが重傷で、意識を取り戻した父は、「どうして子どものお前がわしを守るんだ」と涙を流して怒り、仲睦まじい親子を見てるとウンジェは父のことを思い出す。

港に着き、仕事が終わると、ヒョンはヨンウンを車に案内し、二人の前を何食わぬ顔で通り過ぎるウンジェを、ジェゴルが車で迎えにくる。

バスに乗ると言い張っていたウンジェだが、父が退院すると言ってると電話をもらい、彼の車に飛び乗る。

生きることを諦めた父が退院しようとすると、ウンジェは「もうカルテを出したから手遅れだ」と保険金詐欺を止め、父のためにプライドを捨てる覚悟をする。

キム院長に当直を代わってもらったウンジェは、ソウルに向かいキム・ドフンに会いにいく。

キム・ドフンは医者として当然私情を入れず手術はしたいと言うが、現実的に時間がないと言って断り、ウンジェが土下座して頼んでも「私が悪者みたいじゃないか」と、かえって怒らせてしまう。

ウンジェの後輩キム・ジェファン医師は、「時間があっても執刀できないと言ってるんじゃないですか」とキム・ドフン教授に食ってかかるが、ウンジェは教授に対して失礼だと怒り謝罪させる。

スポンサーリンク

上司であるキム教授を疑うような信頼関係では患者を救うことはできない。

彼が教授に睨まれないようにかばったウンジェは、医師としての心構えを教え、教授の件はおとなしく引き下がる。

ウンジェがソウルにいるときに父は急変し、泣き叫ぶ弟から電話をもらった彼女は、タクシーに飛び乗り空港に急ぐが、最終便はもうたったあとだった。

巨済病院にまで戻るには鉄道を使うしかなく、ウンジェはクァク・ヒョンに電話をかけ、弟の側にいてほしいと泣きながら頼む。

「お父さんは大丈夫だ。僕が力を尽くして守るよ」

お母さんの次に今度は父まで亡くしてしまうのかとパニックを起こしていたウンジェは、ヒョンの励ましに落ち着きを取り戻し巨済まで帰ってくるが、ヒョンを前にするとまたいつもの冷静なウンジェに戻っており、休んだほうがいいという彼の言葉を無視し父の看病につく。

スポンサーリンク

病院船 あらすじの続き 一覧

「病院船」前後のお話はこちらから

←14話     16話→

「病院船」各話の一覧はこちらから

【「病院船」の魅力全開!】病院船のあらすじ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「病院船」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

病院船 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ