韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ75話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく75話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ75話

”生物学的親子関係は成立しません”
スンヒョンが息子でないと知ったヨンファは、彼と一緒に探偵のカン社長を呼びつけ、イガグリという胎名をどうやって知ったかとDNA鑑定書を突きつける。
ヨンファは探偵がカネ目当てで騙したと疑い、スンヒョンはピルスンにバイトとして雇われたと白状する。
赤ん坊を捨てられただけでなく偽者の息子で母に騙されたヨンファは、「金輪際母さんとは暮らせない」と母を追い出そうとし、騒ぎを聞きつけたヨングクたちもスンヒョンが偽者だったと知る。

ヨンファのことを思ってしたこととはいえ、どうして相談してくれなかったのかと歯がゆいヨングク。
偽者に気付かなかったヨンファは自分の子が分からない母親なんて何の役にも立たないと自分を責める。

一方、チャドルの事業がうまくいき、せっかく成功の兆しが見えてきたときにジャンミとよりを戻せば、また災難がふりかかるのではと心配なシネは、ジャンミを引き離そうとするがチョロンと三人で暮らしたいという彼女の意志は固く悩むシネ。

今月の給料が1ケタも多く、工場への支払いも計算が合わないヒョンギは、チャドルが間違って振り込んだかと慌てる。
デザインも営業もほとんどチャドルが手がけているのに、ヒョンギに感謝するチャドルは、「ボーナスと思って親孝行しろ」と事業が順調な分、応援してくれた人に売り上げを還元する。
中国市場は順調に進み、5000足の追加注文が入ると、「2号店を出そうか」と展望が開けるチャドルたち。
おカネに余裕ができたチャドルは、親孝行しようとシネに新車をプレゼントする。

スンヒョンが偽者と分かると、チャドルの長命縷が気になってしかたがないヨンファは、パク家でチャドルを待ち伏せ、「腕を見せてほしい」と藪から棒に言い出す。
しかし、散々ヨンファに嫌がらせを受けてきたチャドルは、まともに相手せず、「病院にいったらどうですか」と彼女を追い返す。

ヨングクはイガグリを探すため、ヨンファが作ったという長命縷を再現し、広告をだして息子を探そうとする。
年寄りの浅知恵で娘を傷つけてしまったピルスンは最初からヨングクに相談すればよかったと感謝する。
長命縷の情報を新聞広告に出し息子捜しするヨングクは、偽者対策のために敢えて胎名を伏せ広告を打ち、ヨンファに知られないように家政婦にきつく言い聞かせる。

大々的に印刷された広告も、肝心のパク家では新聞紙がチゲの鍋敷きとなり、スープがこぼれて読めたものではない。

スポンサーリンク

何不自由ない暮らしだと周りは羨やんでも実際は針のむしろのピルスン。
彼女を心配しやっていたパンシルは、偽者がバレ気の毒な彼女よりも、息子に恵まれた自分のほうが幸せだと感じる。
チャドルのことが気になるヨンファは、子供がいながらどうしてチャドルとの結婚を反対したのかと興味を持ち、彼が親の分からない養子であると聞かされる。

長命縷を持っていたチャドルが養子と知ると、彼が以前DNA検査室にいたことを思いだしたヨンファは、チャドルが間違いなくイガグリではないかと確信を持つ。

自分の力でやり直そうと決めたジャンミは、端役でもいいから一からオーディションを受け女優仕事を頑張ろうとするが、まだバッシング記事も冷めやらぬ今、TV局のスタッフは冷たく、「何様のつもりだ」と陰口をたたかれる。

新聞広告を見て次々と長命縷に心辺りのある人物から連絡が入るが、どれも胎名を知らない偽者ばかり。

妻が婚前に産んだ隠し子を、受け入れたヨングクが息子捜しをしていると聞くと、「男の風上にもおけないバカですね」とマンジョンは彼を見下し、「私なら若い女性と再婚して息子をつくります」と白状なマンジョン。

”27年~28年前に長命縷を付け養子になった男の子を捜しています。”
だしじゃこの下ごしらえをしていたシネは長命縷の広告に気づき、チャドルの親が捜していると知る。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←74話     76話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ