韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ76話

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ76話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく76話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ76話

新聞広告を見たシネは書かれていた電話番号に連絡を取り、待ち合わせのレストランへ行く。
イガグリの消息が分かり、ピルスンと一緒にレストランにやってきたヨングクは、長命縷の持ち主がチャドルだと知ると、シネに頼みDNA検査に協力してもらう。

その頃、ヨンファもまたチャドルが息子ではないかと疑い、便利屋に頼んで彼の髪の毛を入手する。

検査の結果間違いなくチャドルがヨンファの息子と分かり、今まで散々シネを侮辱してきたピルスンは、いつ死んでも悔いはないと彼女にすがり感謝する。
一刻も早くヨンファに事実を知らせようと帰宅したピルスンだが、娘は出かけておらず・・・。

その頃、検査結果を見たヨンファもまた、チャドルが息子であると知る。
今までチャドルを見下し傷つけてきたヨンファは息子に顔向けができずパク家の前で立ち尽くす。
事実を知ったヨンファを気遣うシネは、チャドルのアルバムを見せ息子の成長を聞かせる。
赤ん坊でありながら他人の家だと知っていたのかチャドルは手のかからない子で、おむつが濡れても、お腹がすいても泣かない子を不憫に思い愛情をかけたシネ。

家に帰ってきたチャドルは、泣いている母を見て、またヨンファが虐めたと思い、彼女を怒鳴りつけ、追い出そうとする。
シネはチャドルを説得しヨンファが実の母親だと打ち明けるが、夢に見ていた優しい女性ではなく母を苦しめてきたヨンファが実母と知り、ショックを受けたチャドルは家を飛び出していく。

やっと息子を見つけても、彼を傷つけてきたヨンファは、抱きしめることもできず。

チャドルがガンホグループ御曹司だと分かると、「私が、あの子に頭を下げるの?」と複雑なセラ。
どっちみちヨンファの息子となればジェドンの甥にあたり、ガンテは、これで彼との結婚はますます不可能になったとジェドンと別れるように釘を刺す。

赤ん坊を捨てた母にどんな事情があったのかと、ずっと心に重しのあったチャドルは、ヨングクと結婚した彼女に納得がいき、「僕の母さんは育ててくれた母一人だけです」とヨンファを拒絶する。
「今さら母親だと言われても受け入れられません」
チャドルに非難されても何も言えないヨンファ。

スポンサーリンク

ヨンファに対して恨みや憎しみのほうが大きいチャドルは、なぜ今さら僕を捜して苦しめるのかと腹を立てる。
実母に対する恨みしか残っていないチャドルは、どうして胸が痛むのかと苦しみ、まともに顔も上げられなかった実母に同情する。
強がるチャドルの優しさを良く分かっているシネは、実母に会えたことを喜んでいいんだと慰める。

最近留守がちなグムジャが内緒でジャンミに差し入れしていたと知ったマンジョンは、「お前なんか出ていけ、若い女と再婚して息子を作ってやる」とグムジャを追い出す。

家出したグムジャはジャンミの家に行き、卵焼きさえ作れなかった娘にちぢみを作ってもらい成長を実感する。
ちょうど、ジャンミの所に遊びにきていたスリョンと久しぶりに母娘水入らずで宴会するグムジャ。

息子さえ見つかればヨンファが元気を取り戻すと思っていたピルスンは、チャドルを傷つけてしまい今さら感動的な親子の再会は望めないと嘆く。

ヨンファの息子がチャドルだと知ったパンシルは、ショックのあまり携帯を落とし、金魚のようにパクパク息も出来なくなる。
その場で気を失い卒倒したパンシルは、寝ている場合ではないと自力で復活し朗報をマンジョンに知らせる。
パク・チャドルがヨンファの息子と分かり、イ・チャドルになるかもしれないと何度説明しても信じようとしないマンジョン。
どこの馬の骨とも分からないチャドルがガンホの御曹司ならジャンミとの結婚を反対しなければよかったと後悔するマンジョン母息子。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←75話     77話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ