韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ7話

青い海の伝説

今回の韓国ドラマはこちら!
青い海の伝説
さっそく7話をご覧ください
青い海の伝説 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 青い海の伝説 あらすじ7話

ジュンジェが朝の運動に出ている間にシアが訪ねてくると、嫉妬メラメラのシムチョンは、「知らない人は入れるな、と言われてるの」と玄関でねばり、居候のくせにとっとと出ていきなさいよ、とシアに怒られると、キレて彼女の指を噛む。

シアは運転ができなくなり、彼女に申し訳ないジュンジェは、シムチョンの話など聞かずシアの味方をするが、運転できないシアを送っていくと言っても、大通りに出てタクシーを止めるだけ。

食べ物を恵んであげても、寝床を提供してもシムチョンはいっこうに秘密を話そうとせず、しびれを切らせたジュンジェは、彼女に携帯を持たせ、「話す気になったら1番を押せ」と携帯の使い方を教えて家から追い出す。

ジュンジェがいない間昼メロを見ていたシムチョンは「初雪の日に告白すると好きな人と結ばれるのよ♡」というヒロインの言葉を信じ、初めて雪が降った日に話をするからとジュンジェに約束し、目に入った高い塔、南山を待ち合わせ場所に指定する。

品のいいモ・ユランは、家政婦であっても他人が見れば財閥の奥さまかと間違うぐらいの美人。

雇い主のジンジュは彼女を連れて歩いていると、自分のほうが家政婦だと間違われ、「あんたはいったい何様なのよ」ととうとうキレて、料理上手のユランをクビにする。

しかし、義妹の結婚相手にと思っているチヒョンの母親に贈ったカニの醤油漬けがたいそう気に入ったと言われると、ユランを辞めさせるわけにもいかず、ゴミ捨てから帰ってきた彼女にクビの話は聞き間違いだと言ってごまかす。

ジュンジェの家を追い出されたシムチョンは、先日友達になった江南乞食のところに行き、お金の稼ぎ方を教えてもらう。
身分証がなくても働ける仕事ビラ配り。

シムチョンの携帯にGPSを作動させていたジュンジェは、彼女が江南にいるので、いったい何をしているのかと偵察にやってくる。

慣れないビラ配りで、誰にも相手にされないシムチョン。

彼女を見ているとどうもほっておけないジュンジェは、通行人にお金を払い彼女のビラを受け取るよう頼んだり、寒くなってくるとマフラーとたい焼きを買い、通行人の主婦に優しい人を装ってシムチョンに届けてもらう。

突然の雨にシムチョンは建物の軒で雨宿りし、大寒波がやってきたソウルでは一瞬にして雨が雪に変わる。

近くのビルで雨をしのいでいたシムチョンは、先日カツアゲのときに説教された小学生のユナと再会し、雨に変わった降ってきた白い物が初雪だと教わると、“ジュンジェに会いにいかなくちゃ”と心の中で話し、動物にしか聞こえないはずの特殊な声をユナに解読される。

スポンサーリンク

初雪が降ると、ジュンジェは面倒だと言いながらもウキウキした気分で南山に向かう。

雪が降りしきる中、車道のど真ん中で南山を見上げていたシムチョンは、車にはねられ、救急車で病院に運ばれる。

初雪の日はカップルが多く、人混みが嫌いなジュンジェは、シムチョンのために我慢して塔の上で待ち続けるが・・・。

タムリョンの友人ヤクソンは、セファが捕まえられると知り、セファを役所から連れ出して洞窟にかくまうが、タムリョンを呼びにいこうと外に出ると、ヤン氏の追っ手に見つかり崖から転落する。

タムリョンが役所に戻ったときには、セファの姿はなく、彼を呼んでくるから待っていろとヤクソンに言われたセファは、暗い洞窟から一歩も出ず彼を待ち続ける。

近くにいるはずのシムチョンとなかなか会えず、ジュンジェが彼女を捜しにいくと、道ばたにはサウナのビラが散らばり、彼女にあげた携帯が落ちていた。

雪の影響で南山近くでは事故が多発しており、警察に問い合わせても、搬送者がどこの病院に運ばれたのか容易に分からなかった。

ジュンジェは、南山近くの病院を片っ端からあたりシムチョンを捜す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「青い海の伝説」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←6話     8話→

青い海の伝説 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「青い海の伝説」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

青い海の伝説 DVDオフィシャルサイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ