韓国ドラマ 赤い月青い太陽 あらすじ1話+2話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は赤い月青い太陽のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 1話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 2話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
たぼ美たぼ美

ここからは、たぼ美がレビューしていきます!
それではさっそく1話のあらすじからお楽しみください!

赤い月青い太陽 あらすじ1話

子どもを虐待死させた母親が2年の刑期を終えて出所する。

直接子どもを死なせたのは夫だったが、彼をかばい遺体となった我が子を燃やした女は殺人鬼と非難され、刑期を終えた今でも世間の激しい中傷にさらされる。

児童相談員のチャ・ウギョンも抵抗できない小さな子を殺した犯人に世間と同じ目を向けていたが、植物状態の娘を持つ継母ホ・ジノクは、償いを終えた人間をそこまで追い詰める必要はないと、菩薩のような考えを持っていた。

たぼ美驚

継母なのに、実の親子のように自然に見える。
この関係は、なんだろ。

スポンサーリンク

植物人間といっても、自発呼吸ができる状態。

年頃の娘に床ずれができないよう、姉のウギョンも母ホ・ジノクも、献身的に世話を焼く。

子どもを守る職業に就いているウギョンは、犯人が許せず、彼女のことを悪魔だと罵ると、自力で何もできないはずの妹が目をカッと見開きウギョンを見つめる。

これはいい兆しに違いないとウギョンは興奮するが、植物人間の反射作用はよく知られていること。

妻の落胆を恐れたキム・ミンソクは、ぬか喜びせず、ゆっくり待ったほうがいいと冷静に受け止める。

たぼ美困

ご主人の職場に、何やら、馴れ馴れしい女性がいます。
ウギョンは臨月。
よくあるパターンですかね。
もう!

抗議する国民が刑務所前に集まり、2年の刑では軽すぎると、刑を追えたパク・ジヘに卵や小麦粉を投げつける。

彼女は、逮捕される前の家にそのまま住み続け、針のむしろのような生活に耐える。

家の中は死んだ息子のおもちゃや落書きなど、生活のすべてがそのまま残されていたが、パク・ジヘは大切な物をより分けるでもなく、息子の荷物をすべてゴミに捨てる。

鏡台に飾ってあった親子3人の写真は、息子の部分だけ切り取り、夫婦の写真を残して、再び鏡台に張り付ける。

たぼ美疑

血を分けた自分の息子じゃないのかしら。

翌朝、全焼した車の中から一人の遺体が見つかる。

性別が分からないほど焼け焦げており、車のナンバーから持ち主は刑務所にいるキム・ヘドン、つまりパク・ジヘの夫名義だと分かる。

たぼ美2

普通に考えたら遺体はパク・ジヘ。

ウギョンのおなかの子は順調に成長し、夫婦で検診に行った帰りも、仕事は忙しく午後に3件も仕事が入っていた。

ウギョンは娘の世話を夫に任せ仕事に向かったが、前のトラックが蛇行運転してると思うと突然道路上に小さな女の子が現われ、ブレーキは間に合わず轢いてしまう。

たぼ美疑

なぜ、こんな道路の真ん中に女の子が立っているのよ。
親はどこにいるの?

“子殺しの悪魔は死ね” 出所したパク・ジヘの住む家は、壁という壁にペンキで落書きされ、とても人が住めるような場所ではなかった。

焼死体の捜査をしているカン・ジホン刑事は、彼女の自宅を訪ね、鍵の開いていた玄関から中に入る。

家の中は、きれいに片付けられているというよりも、ほとんどの物がなくなっており、住人が引っ越したようにがらんとしていた。

夫婦で写る写真の裏には“麦畑に月が浮かんだら”という意味不明な文章が書かれていた。

たぼ美疑

麦畑に月が浮かんだら、明るくなって、どうなる?

女の子を轢いたチャ・ウギョンは警察に行き、すぐに夫も駆けつけてくれるが、被害者の子は病院で亡くなり、最悪の結果となる。

自動車専用道路に子どもが歩いているなんてと、夫のキム・ミンソクは不満を漏らし、保護者は見つかったのかと警官に抗議するが、亡くなった男の子が道路に迷い込んだのかもと言われ、ウギョンは驚く。

彼女の前に立ちはだかったのは、緑色のワンピースを着たかわいい女の子だった。

たぼ美2

私も見た。
間違いなく女の子がこっちを向いていた。
きれいな服にまったく乱れもなかった。

車載カメラを確認してみると、トラックの前に少年が飛び出し、避けきれなかったウギョンが彼をはねている。

他の監視カメラの映像でも、車道を渡ろうとして、はねられた男の子しか映っておらず、ウギョンの記憶違いと判断される。

1話の感想

たぼ美たぼ美

児童虐待がテーマのドラマ。
チャ・ウギョン役のキム・ソナさん、さすがの演技です。
ぐいぐい引き込まれてしまいますね。
内容的に展開が楽しみとは言っちゃいけないけど、先が気になってしょうがない。

赤い月青い太陽 あらすじ2話

焼けた車の中から見つかった焼死体は、世間の期待どおり、息子を殺したパク・ジヘの遺体だった。

彼女は生きたまま殺されており、殺人事件として捜査が始まる。

カン・ジホン刑事は刑務所にいる夫に面会し、手がかりを探ろうとするが、彼は息子が死んだことを単なる事故だととらえ、家庭の事情に口出ししないでほしいと怒りを露わにする。

たぼ美怒

子どもを虐待死させても夫婦の仲は良かったみたい。
だったら産まなきゃいいのに。

スポンサーリンク

検視の結果パク・ジヘの死因は有毒ガスによる窒息、血液からは強力な麻酔薬が検出され、他殺の可能性が濃厚になる。

子どもを虐待死させた人間は、同じ罪人仲間でも軽蔑され、彼女は孤独に刑を終えていた。

刑務所内には“法律で裁けない罪人を代わりに殺した”という噂が流れており、刑務官ですら、パク・ジヘが死んだことを当然のような言い方をしていた。

たぼ美2

罪は罪でも許せる罪と許せない罪があるってことね。

子どもを轢き殺してしまったことで、精神的に弱い妻が、またダメになってしまうかとキム・ミンソクは耐えられず、浮気相手の慰めに逃げる。

自動車専用道路に子どもが飛び出してきたということで、運転者の過失とは言えず、ウギョンは情状酌量になる可能性が高い。

何よりも、亡くなった子どもの家族が、いくら探しても見つからなかった。

弁護士は、子どもが死んでいるのに、ラッキーな状況だと答え、裁判になったとしても無罪の可能性が高いと笑みさえ浮かべる。

子どもを殺した手で我が子を育てられないとウギョンは苦しみ、「お前は何も悪くないよ。亡くなった子も、お前も被害者なんだよ」とミンソクは力強くウギョンを抱きしめる。

たぼ美怒

こんなに家族を愛しているのに、なぜ浮気するのよ!

亡くなった男の子の家族は最後まで現われず、無縁仏として処理されると聞き、ウギョンは男の子を引き取り、自分の手で納骨堂に納める。

刑務所にいる間、送られてきた脅迫手紙などパク・ジヘは1枚残らず保管していた。

カン刑事は、彼女に強い恨みを持つものの犯行かと手紙の送り主を一人残らず調べ、手がかりを捜す。

遺体から検出された強い麻薬フェンタニルは医療用に使われるもので一般には流通しておらず、亡くなったパク・ジヘが手に入れたとは考えにくい。

カン刑事は他殺を疑い、出所後、彼女に接触した抗議の群衆に焦点を当て、一人一人身元確認をしていく。

たぼ美疑

出所日がなぜ一般人にバレているのかしら。

抗議に集まった群衆の中で、7人の人物が特定できなかったが、2年前の裁判所前で抗議した人物の中にそのうちの一人が写っていた。

カン刑事はその女性に連絡を取ろうとするが、行方が分からず、彼女の夫キム・ミンソクの勤め先に押しかける。

というのも、ここまで無茶な動きをするにはわけがあった。

キム・ミンソクが勤めるIT会社は、カン刑事の元彼女が勤めているところ。

別れを切り出されても、どうしても受け入れられず、2カ月間追い回し、とうとう彼女の会社にまでやってきた。

たぼ美焦

未練たらしい。
明るく別れていれば、またチャンスがあるかもしれないのに。
自分でチャンスを潰してるよ、この男。

要塞のようなコンクリート壁に囲まれた、なんの暖かみもない納骨堂。

我が子を亡くしたようにウギョンは苦しみ、何時間もそこから離れられないでいると、背後に、あの緑色のワンピースを着た女の子が走り去る。

はっきりとした足音まで聞こえ、少女の後を追い掛けるが、身重の体で自由は利かず、いくら追い掛けても追いつかない。

そこへカン刑事が現われ、少女の気配はなくなる。

たぼ美疑

これは、ウギョンに特殊な能力があるってことかしら。

2年前 裁判所前に集まった群衆の中にチャ・ウギョンもいた。

刑事は、彼女のアリバイを聞いた後、先日の刑務所前に集まった人々の写真を見てもらうと、そこにウギョンが知っている医師が写っていた。

児童センターにボランティアで検診に来てくれている医師パク・ヨンテ。

パク・ヨンテ医師は2カ月前にフェンタニルを盗んだ容疑で起訴されていた。

その後病院は閉鎖。

彼は、3年前に交通事故で妻子を亡くして以来、薬物に手を出したとみられている。

たぼ美焦

カン刑事、女性関係は情けないけど、仕事はできるんだね。

スポンサーリンク

犯罪に使われたものと同じ薬が関与しているということで、カン刑事はパク・ヨンテ医師が犯人だと睨み、違法な手で彼のGPS情報を取得する。

ウギョンは、自分が殺してしまった少年がどんな生活をしていたのか知りたいと、彼の遺留品を見せてもらう。

運動靴の中敷きから紙のような物がはみ出ており、中から引っ張り出すと、親子3人手をつないで楽しく笑っている絵が描かれていた。

絵の上には、グッジョブ!を示すハンコが押してあり、紙の裏には、“麦畑に月が浮かんだら”とつたない鉛筆文字が書かれていた。

たぼ美疑

男の子が書いた文章なのかしら。
少年が書くにしては、随分難しそうな感じ。

パク・ヨンテ医師の携帯は母の生まれ故郷である瑞山(ソサン)付近で発見され、パク・ヨンテの実家に到着したカン刑事は、男女のうめき声のようなものを聞き突入する。

そこには、腹を刺された男性と、ナイフを持っている若い女性がいた。

2話の感想

たぼ美たぼ美

え、殺人犯、目の前。
カン刑事、一人で来たのよ。
捜査は二人一組が鉄則。
大丈夫かな、ちゃんと捕まえられる?

赤い月青い太陽 あらすじの続き 一覧

「赤い月青い太陽」前後のお話はこちらから

3~4話→

「赤い月青い太陽」各話の一覧はこちらから

【『赤い月青い太陽』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「赤い月青い太陽」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

韓国ドラマ「赤い月青い太陽」BS12(トゥエルビ)

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆