韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ55~56話

ずっと恋したい

今回の韓国ドラマはこちら!
ずっと恋したい
さっそく55~56話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、ずっと恋したい・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ55話

ヤンスンを押すところを目撃したテヤンに弁解するため、会いに来たヨンラン。
しかし、赤ちゃんの自分を抱くヨンランの写真を見たテヤンは、これが本当に彼女なのかと写真を見せる。
マンベと彼の子供が亡くなった事に触れられたくないヨンランは、写真の女性が自分であることは認めたものの、「亡くなった子供の話はしないで。」と逃げるように去っていく。

亡くなった母に愛されていた、と思いたかったテヤンは、捨てた息子の生死も気にせず、過去を葬ろうとする母にショックを受ける。

ヤンスンが過去の写真を持ちだして脅そうとしていると思ったヨンランは彼女の病室に行き、他にも写真があるのではとヤンスンの持ち物をめちゃくちゃに荒らす。
ヨンランは寝ているヤンスンを叩き起こし、「この写真で何をするつもりだったの。」とテヤンから渡された写真をビリビリに破く。
ヨンランは「あなたが皆を殺したのよ。」とヤンスンの首を絞め、祖母は意識を失う。
ヨンランはヤンスンの異変に気づき、そこへ病室に戻ってきたテヤンは、意識のない祖母の応急処置をする。医者たちが手当をしている隙にヨンランは姿を消す。

その頃、夕食の支度もせず行方不明のヨンランにミンジャは腹を立て、食事に降りてきたユビンは「製薬会社の件は僕に任せて。」と父にいいところを見せようとするが、ユビンがテヤンを陥れようとした事を知っているドンジュンは「失望させるな。」と製薬会社の件には手出ししないよう釘を刺す。

いつもヤンスンと一緒の部屋で寝ているジョムスンは、ヤンスンが居なくて寂しく、「病院の付き添いをすれば良かった。」と後悔する。
テヤンからヨンランが古い知人かと聞かれ気になったジョムスンは、親子と知らなくても血が二人を引き寄せるのだろうと思い、テヤンに真実を打ち明けた方がいいのに、とマルスクに相談する。

翌日、ヤンスンは意識を取り戻し、体調の戻った祖母にテヤンは母が亡くなった経緯を聞いてみる。以前、育児中に亡くなったと言った祖母は、お墓の場所を聞くと「婚約前に亡くなったから知らない。」と話の辻褄が合わない。

会いたかった母親は自分が生きていることさえ知らず、醜い過去を隠そうとヤンスンに危害を加えるような人物だった。
それでも母親に未練のあるテヤンはヨンランを呼び出し、「なぜ、息子を捨てたんだ!」と母に訴える。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ56話

自分が貧乏だからとマンベとの仲をヤンスンに反対され、彼が事故で亡くなった後、臨月でヤンスンの元へ身を寄せたヨンランは息子を殺した憎い女としてヤンスンにいじめられた。 ヨンランは幸せの為に子供を捨て、子供が死んだ事を「良かった。」と語りそのお陰で今まで堪えて生きてこられた、とテヤンに説明する。

やっと築いた幸せをテヤンに壊されたくないというヨンランは、彼と関わりたくないからユリとの結婚を諦めてくれ、と自分の幸せだけを死守しようとする。

テヤンを見ても、一瞬も我が子とは疑わず、身勝手な自分の都合だけ押し付ける母にテヤンは、この世に生まれた自分の命を呪う。

一方、結婚祝いに指輪を貰ったミレはお返しに何がいいかとキム家に尋ね、最初は祖母二人に安物の服という話だったのが流れで”金のさじ”をあげる事になってしまう。
指輪1個で”金のさじ”2組を要求されたスンジャは「求める物が多すぎる。」と怒る。

「もうすぐ遠くに行きます。」と行き先を言わないセッピョルに苛立つジェミン。
セッピョルは現実を直視したらジェミンへの愛情が失せた、と嘘をつく。

セッピョルの事をジェミンがなかなか諦めようとしないので、スッキは格差を分からせるため、もう一度セッピョルを家事の手伝いに呼ぶ。
セッピョルはスッキにお世話になったのだからと、言われた通りに家事をこなし、セッピョルを呼んでも来るはずがないと思っていたスッキは彼女の意図を詮索する。

孫のユビンが失態を犯したと聞いたミンジャは弁護士を呼び、遺言書を書いたとしてもユリが裁判をおこせば財産の一部が彼女に渡ってしまう事を確認する。
結局キム・テヤンの思惑どおりになってしまう、と心配したミンジャはユビンと策を考える。

テヤンの祖母が病院の階段でケガをし入院したと聞いたドンジュンは彼女を見舞い、そこで「私を信じて任せてくれませんか?」と娘達の交際を相談する。

ドンジュンは妻の過去を承知の上で水に流し、自分の息子のように面倒をみたいとユリとの結婚を許してくれるように祖母に頼む。

母から連絡を受けたセッピョルが家事をしていると感づいたジェミンは、家に戻り台所に立っているセッピョルを連れだそうとする。
ジェミンはセッピョルの落とした皿で足を切り、待ち構えていた母に「くだらない。僕がどれだけ2人を愛してると思ってるの? 大バカヤローども! 仲良くしてくれてもいいだろ?」と 半べそをかく。
 「今までの優しい母さんなら、こんな酷いことはしなかった。」と怒るジェミン。彼は自分の言う事を聞かず家政婦として呼ばれたらホイホイやってくるセピョルに「なぜ俺の事を信じないんだ。」と愛想をつかす。

ジェミンの足から出た血を見て動揺する母に「心から流れる血は見えないのか。」と怒り、自分の過ちに気づいたスッキは夫のミョンジュンに助けを求める。

スッキから経緯を聞いたミョンジュンは「君らしくない悪質ないじめだな。」とスッキを諭す。

ユリがテヤンと結婚すれば自分の過去がばれドンジュンに捨てられると思っているヨンランは、自分の人生を棒に振って双子の子育てに捧げたのだから、これから先の人生を保証してほしい、とユリに要求する。

ユリたちの結婚を許したドンジュンはテヤンを自宅に招き、ヨンランに会ったテヤンは、「お母さん お元気でしたか?」と含みのある挨拶をする。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ずっと恋したい」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

ずっと恋したい・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ