韓国ドラマ・私の残念な彼氏・あらすじ最終回

私の残念な彼氏

今回の韓国ドラマはこちら!
私の残念な彼氏
さっそく最終回をご覧ください
私の残念な彼氏・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・私の残念な彼氏・あらすじ最終回

選考会当日。資料を最終確認する二人の元に、それぞれ封筒が届けられる。

テウンの元に届けられたのはジナからの封筒で、身の上調査書と、会長辞退のための書類。
ヒチョルの元に届いたのはユン会長からの封筒で、履歴書と共に防犯カメラで撮影された面接当時の動画が添付されていた。
履歴書にはしっかりと ”民国大学” と記載されていて、ピョン太(最初に出てきたテウンのクモ)を潰して汚れてしまった履歴書を、勘違いしただけだったと気づかされる。

学歴詐称をネタにしてテウンを辞退させようと考えていたヒチョルだが、当てが外れてしまい困惑。
しかし、ここまで来て引き下がるわけにいかないため、そのまま選考会へと向かう。

テウンのために株を確保したように見えたユン会長だったが、本当は違う目的が存在した。
すべて見越して行動していたユン会長に、「ほんとうにたいした ”やつ” ですよ」と、失礼な口をきくワン秘書。笑

働きづめのマルスクに、珍しく料理を作り帰宅を待っていたジナ。
「あんまり働きすぎたらダメよ。 あそこの荷物を、宅配業者に渡して」と伝え、別れを告げずに家を出ていく。

カセットプレイヤーを買いに来たジナは用事をすませ、その後ヘミに電話。
「少し会えるかな?」と、彼女の事を呼び出した。

選考会の最中に呼び出されたヘミは、何の話なのか見当がつかない。
結果は関係なしに、自分を偽っていたことが引っかかるジナは退社を決め、退職届をヘミに渡す。
「自分で出そうとも思ったけど、それも厚かましい。私の代わりに提出してくれる?」
しばしの別れを惜しむ二人は、もう一度この業界での再会を誓いさよならする。

実家に向かうジナは、電車を待ちながら先ほど買ったカセットプレイヤーを取り出す。
「やっと聴けるわ」と、テウンにプレゼントされたカセットに耳を澄ませる。

選考会に勝利したテウンだったが、「あなたの望みはこれですよね」と、辞退届をヒチョルに手渡す。

「僕の目的はIMではなく、ジナさんを守る事です」
 ”すべての行動はジナのため” そんなテウンに書類を手渡されたヒチョルは、勝負に負けたうえにテウンの一言を受け、プライドがズタボロ。

テウンのカセットを聞くジナ。
「慣れていないし不器用だけど、うまく愛せるように毎日努力します。」
彼の思いが録音されたカセットを聞きながら、故郷に向かう電車に乗り込む。

ジナからの手紙を読むテウンは、彼女が退職届を出し、故郷に帰ってしまった事を知る。

スポンサーリンク

「すべて終わったら釣りに行きましょう」
ユン会長と約束していたテウンは、車イスを押しながらいつもの釣り場に向かう。
穏やかな天気で大好きな釣りを楽しむユン会長は、何気ない日常に幸せを感じる。

「音楽を聴きませんか?」
テウンのカセットプレイヤーを聞きながら、幸せなひと時にひたる会長。

おそらく数日後。
ユン会長の墓参りに訪れたヒチョルとテウン。
「叔父の目の前で渡したかったものがある」と、ヒチョルに書類を渡すテウン。

ユン会長が株の過半数を確保したのは、テウンのためではなく自分のためだったと知ったヒチョル。
最後の力を振り絞り、自分に宛てた手紙を読んで涙する。
自分は会長に見限られたと勘違いしていたヒチョルだったが、本当は自分の傲慢さを治すための事だった。
少しでも会長の事を疑ってしまい、憎んでしまった自分が恥ずかしくなる。

故郷に帰ったジナは、カセットプレイヤーを耳に宛てながら、今日も元気に自転車をこぐ。

ヘミと共に自分の故郷を訪れたヒチョル。
指輪を見せプロポーズする彼は、「これからはIMと君だけを見ていくよ」と、結婚を申し込む。
待ちに待ったこの瞬間に、嬉しさを抑えきれないヘミは、顔を手で覆い隠し、感極まる。

あの日のパンダのコスプレをして、ジナの店を訪れたテウン。
中身がテウンだと知らぬジナは、「また会えて嬉しいわ~」と、大はしゃぎ。

「僕ですよジナさん」と、被り物を脱ぎ、顔を見せるテウン。
喜ぶのかと思ったジナだったが、「じゃ、あの時からすべて知っていたの?」と、怒りはじめ、ほうきを持って追いかけまわす。笑

「待てと言われたけど、待ちきれなかった」
石がはまるところに、本物のコケを埋め込み、特注で作ってもらった指輪を自慢げに見せながらプロポーズするテウン。
ロマンチックじゃないプロポーズに文句をたれるジナだったが、相変わらずピュアで残念君なテウンの行動に笑顔を見せる。
「もうこれ以上は待てません」
ジナへの思いを抑えきれないテウンは、夕日が沈んでいく中、海辺でキスををする。

もう一度広告会社で働くため、故郷を離れ上京してきたジナ。
マル企画の面接を受け、オ課長のそっくりさんを発見。
ちなみに姉みたい。笑

テウンの作った新しい庭園を訪れるジナは、壁の無くなった庭園と、塞ぎこんでいたテウンの心を重ね、胸がいっぱいになる。

 ”幸せとは、偶然見つけた扉のようなもの その扉の向こう側に、幸せがあることを教えてくれた私の残念な彼氏 そんな彼を愛しています”

 ー完ー

うん、面白かった(^O^)
15話あたりなんて、いろんな人の思いを感じすぎて泣きそうになった管理人。笑
特に、娘に何も文句を言わず、ずっと不運な人生に耐えてきたジナ父ね・・・。
本当に泣けたし、その時謝罪してたテウンの心のキレイさったらないわ(;O;)
途中フラフラするジナにイライラさせられましたが、基本的にみんな登場人物が明るくて、とても見やすかったです。
ジナともう一人のヒロイン、ヘミも性格がいいし、健気さに泣けた(;O;)
(ところどころ軽い嫌がらせはしてましたが、ドロドロ系のドラマに比べれば、全くもって可愛い部類です。笑)
一番笑えたのは、チェ部長が力みすぎて屁を漏らしたところ。笑
唯一、ユン会長が死んでしまったのが心残りですが、ジナとテウンだけじゃなく、最終的にはみんな幸せになれて本当によかったと思います\(^o^)/
ご覧になってくださった皆さん、ありがとうございました(^O^)

追記

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「私の残念な彼氏」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

私の残念な彼氏 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ