韓国ドラマ・温かい一言・あらすじ11話

温かい一言

今回の韓国ドラマはこちら!
温かい一言
さっそく11話をご覧ください
温かい一言・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・温かい一言・あらすじ11話

離婚を切り出したソンスは、「お前が離婚届を用意しておけ」とウンジンに迫る。
自分で言いだしたものの、反論してこないウンジンに苛立つ彼は、「まるで離婚を切り出されるのを待っていたかのようだな」と声を荒げ興奮気味。
「まだあの男と連絡を取っているのか?」と迫る彼は、ウンジンの携帯を取り上げトイレにぽちゃん。

一方、警察署から男が二人やってきて大ピンチに思われたミンスだったが、当て逃げに関しては問い詰められず難を逃れる。
事故当時に乗っていた車は盗難車で、軍隊時代に知り合った男から購入したもの。
その男の行方を警察は追っていたのだった。

弟が捕まるのではと焦るミギョンは、無事に警察が帰り、「悪い事はするものじゃないわね。」と胸をなでおろす。

故意的に追突したように思われた事故だったが、本当はアクセルとブレーキを踏み間違ったみたい。
咄嗟に逃げてしまったものの、車内に子供(ユンジョン)が乗っていることを確認していたソンスは、「なんてことをしてしまったんだ・・・」と激しく後悔し、安否を確認するため病院まで訪れていた。

ユンジョンやウンジンたちの安否を確認した彼は、帰り際、病院にやってきていたウニョン達とすれ違っていた。
もちろん、その時の記憶はお互いにありません。

弟に励まされたミギョンは、「そろそろ終わりにしようと思うの」とジェハクを許そうと心が動き始める。
帰宅し部屋を見渡す彼女は、悪い事ばかりじゃなかったと過去を振り返る。

寝ているジェハクを起こしたミギョンは「私は家庭を壊したくない。あなたのよそ見を許すわ。」と語りかける。

翌朝。
離婚届や、それに伴って必要になるもののリストを作っていた妻を見て、「用意が良すぎるな」と不満を見せるソンス。
離婚を切り出した彼だったが、本当は「離婚したくない」と、すがって欲しい。

そんな彼の気持ちとは裏腹な答えをするウンジン。
「一生思い出すだろうし、お互い忘れることはできない。別れるべき。」

対照的にジェハクとミギョンの関係は修復に向かい、久々の豪勢な朝食に満足そうなヨンエ。
以前と全く同じ生活とまで行かなくても、もう一度やってみようと歩み始めたミギョンだったが、ふとした瞬間にウンジンの顔と彼女の発した言葉が脳裏をよぎる。

ウニョンとミンスはラブラブ出勤。
車がないのは男じゃないと思っていたウニョンだったが、今はミンスと共にバス出勤。
「誰かと住むなんて想像できなかったけど、あなたとなら楽しそうだわ」と完全にデレデレ。

先日の占い師は、名刺の人じゃなかったみたい。(あからさまに怪しかったもんね)
今度こそ、料理教室の先生にもらった名刺を頼りにメンタルクリニックに来た彼女は、病院の先生とミンスの言葉が胸に突き刺さる。

「両親があんな子供時代を与えなければ、私の今の人生も違ったはず。」
不満を見せる彼女に、「今の試練を乗り切るために、過去の不幸があった」と病院の先生は諭す。

いつでも電話していいと娘に約束していたウンジン。
ユンジョンは何度も電話を掛けるが、ソンスが携帯をトイレにぽちゃんしてしまったため繋がらない。

「お母さんと電話が繋がらない。もしかしたら、アメリカで病気になってるかもしれない。」
娘をこれ以上悲しませたくないソンスは、仕事を抜け出し新しい携帯を買いに行く。

スポンサーリンク

ミギョンに呼び出されたウンジンは、「愛してませんでした。ただの遊びでした。」と嘘をつく。
彼女の心を少しでも楽にしようと考えついた嘘だったが、「嘘としかおもえない」とミギョンに見透かされる。

テホはソンスの事を飲みに誘うが、親の立場としてなんと声をかければいいのかわからない。

”離婚しろとも言えないし、離婚するなとも言えない”
泥酔して帰宅したテホは、「こんな歳になっても、気苦労するなんて思いもしなかった」とナラに弱音を吐く。

経営している物件で問題が発生し、最悪の場合多額の賠償金を支払わなければいけない。
もしウンジンが離婚して家に戻ってきたとしても、養うことができないテホ夫妻は、「少しお金あるかしら・・・?」と、ジンチョル夫妻に相談。

ジンチョルの嫁ユン・ソナは嫌な顔一つせず、援助を了承する。

一方、話し合いを進めるウンジン夫妻は口論に発展。
浮気について問い詰められたソンスは、「あれはお前の産後うつのせいだ」と自分を棚に上げ開き直る。

休日のウニョンは、ミギョンのポイントを稼ごうと「今から会えませんか?」と連絡。
好きになってもらうはずが、逆にミギョンの事を大好きになってしまう。

ウニョンの事を可愛らしいと褒めつつも、弟が遊ばれているのではないかと不安を見せるミギョン。
しかしウニョンは、「お金なんか関係ない。心がキレイな人と出会えて本当に幸せ。私が養って見せます。」と豪語する。

精神的にも落ち着き始めたミギョンは、溜りに溜まった家の掃除に励む。
ジェハクの書斎を掃除していた彼女は、カギがかけられた棚の中から一冊の本を発見。

”体の関係がなくても、愛は完成する”
夫の浮気を、ただの一時の欲望として許していたミギョンだったが、心を奪われ愛していたと知り、「あなた方には負けたわ。私が身を引く」とジェハクに罵声を浴びせる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「温かい一言」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←10話     12話→

温かい一言 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ