韓国ドラマ・天命・あらすじ11~12話

今回の韓国ドラマはこちら!
天命
以前の記事は翻訳なので、DVD視聴で詳しくレビューし直しました!
さっそく11~12話をご覧ください
天命・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・天命・あらすじ11話

ドムンが九龍岩に着いた時には、すでに陳述書とキム大監の署名入り処方箋は何者かに持ち去られた後だった。

上司のイ都事に隠れてチェ・ウォンの行き先を吐かせようとイム都事はウヨンを痛めつける。生意気な口をきくウヨンを斬りつけようとした時、イム都事を見つけたイ都事が彼女を助け、ダインを呼んでウヨンの治療にあたらせる。

ぶっきらぼうで一見冷徹そうなイム都事の温かさにウヨンは「兄さんを信じて逃がしてくれてありがとう」と感謝する。
「あなたの眼差しを見てきっと真実を分かってくれると思いました。」とウヨンに手を握られたイ都事は、身体の中を熱い物が走り不思議な感覚に戸惑う。

養父であるチャン行首に呼ばれたダインは、「商売人として選択の余地はなかった。」とキム・チヨンの陰謀に加担していることを知らされ、「お前も、そのうち王妃さまの牡丹の密命をうける事になる。」と抗えない人生を突きつけられる。

ミン・ドセンの陳述書と処方箋を世子に渡す術のないチェ・ウォンは、外出していたウヨンに接触しイ都事に渡すよう証拠を預ける。

殺されたミン・ドセンの陳述書を読んだイ都事は、書簡を奪われないよう書庫に隠し自ら裏付けを取る為調査する。

黒石谷では、長引く干ばつで乏しい食料の中、自分達とは関係のない産後の女や病気の子供に白粥を与えるコチルにケ・パルソンは難癖をつけ、空腹で苛立っている盗賊仲間も、お荷物な彼らを追い出して欲しいと騒ぎ始める。

自分にできる事で恩返ししようとするチェ・ウォンは便秘と切痔で悩む盗賊たちに薬剤とよく似た効能のある松葉やニレの樹皮を使って彼らの体調を回復させる。

イ都事はチャングムに会いミン主簿が作成した内医院の日誌からミン・ドセンの筆跡を確かめ、湯薬の処方箋からキム大監の筆跡を照合する。

処方箋がイ都事の手に渡ったと感づいたキム・チヨンはイ都事を罷免しようとするが、先手を越したイ都事は「ミン・ドセンの事件の事で確かめたい事があります。」と義禁府判書を連れ、キム大監の手にある返り傷を確かめようとする。しかし、用心深いキム大監は返り傷のあった右手に焼きごてをあて火傷で傷を消していた。

チェ・ウォンを逃しキム大監に無礼を働いたイ都事は職を罷免される。
血眼になってキム大監の処方箋を捜すイム都事に服の中まで調べられるイ都事を見て、胸が痛むウヨンは、笠を拾い土を払ってイ都事に渡す。
罷免されようが捜査の手を緩める気のないイ都は、ウヨンに書庫から「奴婢案」を取ってくるよう言いつける。

その頃、たかが詐欺を働いたくらいで奴婢の身分になりたくないと奴婢案を盗みに入った詐欺師マクボンは、奴婢名簿どころでないお宝を発見し、持ち逃げする。

鍼を打っても湯薬を飲ませても、もう今までどおりの治療では効果が得られなくなってしまったランのため、チェ・ウォンは医学書を見ようと宮廷に向かう。
その頃、マクボンを探すイ都事を尾行していたイム都事は偶然チェ・ウォンを見つけ彼を追い詰めるがイム都事に斬られそうなチェ・ウォンをイ都事が助ける。

イ都事からマクボンが陳述書を持ち去ったと聞いたチェ・ウォンは、陳述書の中に「チャン・ホンダル商談が鴆毒を入手した。」との文面を思い出し、詐欺師の彼が金儲けするにはチャン行首を脅迫するはずだと狙いをつける。

コクチョンたちとチャン行首邸に侵入したチェ・ウォンは、マクボンと会っていた事をシラをきる行首に、証拠の書類を返すよう刃物を突きつける。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・天命・あらすじ12話

チャン行首邸から逃げ遅れたソベクは、ダインに見つかり匿ってもらう。女人の部屋という物を初めてみたソベクは、綺麗な絹衣に魅了され、ダインは自分のチョゴリと世子から預かったランの治療に役立つ医学書をソベクに渡す。

イ都事は賭博場に入り浸り、マクボンが現れるのを待つが、チェ・ウォンからチャン行首から逃げたマクボンの行方が分からないと聞き、彼は、チャン・ホンダルに直接会い彼の行動に探りを入れる。

内密にイ都事を呼び寄せた世子は、キム・チヨンらの悪行を証明する陳述書や処方箋の存在を知らされる。

何日も日照りが続き、民衆を救うためにも世子は病床の父王に代わって祈雨祭を行うことを決意する。

世子の失脚を狙う王妃がどんな危害を加えるか恐ろしい大君は、宮廷の外に出るのは危険だと兄の祈雨祭を辞めさせようとするが「自分の身を守る為に民衆の苦痛を無視できない。」と世子は断り、兄が心配な大君は自分も一緒に行きたいと言い出す。

危険を顧みずやっと民の為に行動を起こそうとする世子に深谷志士たちは、世子が民心を掴む事ができれば危機を転じて好機とする事になる、と祈雨祭に行く世子を何としても小尹派からお守りしようとする。

マクボンの行方は以前掴めず、世子は自分を裏切ったチェ・ウォンが本当に陳述書と処方箋をイ都事に託したのかと疑うが、今までチェ・ウォンの事を誤解していたイ都事は世子の思い込みが誤解なら間違いを犯すことになります、と進言しチェ・ウォンの話を聞いてやってほしいと頼む。

深谷志士の長チョンボンは世子の護衛を盗賊一味に任せ、ものものしく村を出て行こうとするチェ・ウォンに不安を感じたランは「父さんと一緒に行く。」と駄々をこねるが、結局ソベクと一緒に村に残されてしまう。

チェ・ウォンらは祈雨祭に行く世子の一行に変装して加わる。

チェ・ウォンの言う事ならとおとなしくランの面倒をみていたソベクは、「父さんの所に連れて言ってくれたら医女のお姉さんよりソベク兄さんの方が好かれるよ。」とランの口車に乗せられ、チェ・ウォンらの後を追う。

祈雨祭の一行が休憩している時に列を離れたキム・チヨンらが世子の暗殺計画をドムンと打ち合わせしているのを耳にしたチェ・ウォンは、同じように彼らの話を聞き、半泣きになっている大君を見つける。

罪のない者に濡れ衣を着せ世子を殺そうとしている叔父たちを止めてほしいと大君はチェ・ウォンにすがり「私が兄上をお守りしなければ。」と決意する大君に一芝居打ってもらおうとチェ・ウォンは大君を連れ出す。

山肌に隠れている者や谷に潜む者の矢が一斉に世子を狙い、キム・チヨンの合図とともに荷担ぎに扮装していたドムンが懐から刀を取り出そうとしたとき、「大君様が行方不明です。」とファン内官が走り寄る。

チェ・ウォンはキョンウォン大君を安全な所へ案内するため、父に会いに来たランとソベクに大君を連れ帰るよう任せる。

大君が見つからず祈雨祭が始められない世子は、「弟を守れずしてどうして民を守れようか。」と自分の護衛武官まで大君の捜索に行かせる。

大君の身に何かあれば世子を殺したとて何の意味もないとユン副提調は焦るが、この機を逃してなるものかとキム・チヨンは目眩を起こした世子に湯薬を運ぶダインを呼び止め、王妃の密命書と一緒にヒ素を渡す。
「そなたの覚悟を確かめさせてもらおう。」

一方、「キム・チヨンらがマクボンを捕らえていないのなら犯人はチャン行首に違いない。」とイ都事は彼の店を見張り、倉庫に捕らえられているマクボンを見つける。

世子暗殺を断ったダインはキム・チヨンから殺害命令が下されイム都事は人目のつかぬ山中へ連れ込むが隠れていたチェ・ウォンに見つかりダインは助けられる。
しかし、イム都事の追っ手に追いつかれたチェ・ウォンらは捕まりキム・チヨンの前に突き出される。
そこへ、陳述書を隠し持っていたチャン行首は、「あの子の命だけは助けてください。」と陳述書と交換にダインを連れ帰り、残されたチェ・ウォンをイム都事の刀が・・・。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「天命」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←9~10話     13~14話→

天命 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ