韓国ドラマ シンデレラマン あらすじ14話

シンデレラマン

今回の韓国ドラマはこちら!
シンデレラマン
さっそく14話をご覧ください
シンデレラマン あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ シンデレラマン あらすじ14話

これ以上娘を傷つけないためにもユジンにもう構わないでほしいと懇願されたデサンは、店を畳むことを決め、心の中からもユジンを消し去ると約束する。

ユジンを失ってまでデサンに戻っても仕方がない彼は、イ・ジュニとして生きる覚悟を決め、オ・デサンとして兄の死亡届を出すことを承諾する。

デサンが店を閉めると言ったのは母のせいだと知ったユジンは、もう一度彼の気持ちを確かめようと彼に会いにいくが、デサンではなくセウンに会ってしまったユジンは、ジュニとはもうすぐ婚約する仲だと言われ、彼のことを諦める。

セウンとの婚約を承諾すればソフィア任せると言われたデサンは、おばあさまの言うとおりに婚約を承諾する。

ジュニが承諾するとセウンは、子供のように喜び、純粋な彼女を騙してしまったデサンは、できるかぎりセウンに優しくしようと決心する。

ジェミンは東大門の貸店舗をすでに20%買収し、東大門に自分の店を出しているオーナーたちには、アウトレットモールへの入店を保証し、必要な資金借り入れに関してはモア信用金庫で低金利貸し出しができるよう手を回す。

デサンのことが忘れられないユジンは、ジェミンのことを受け入れられないと断るが、オ・デサンが詐欺師だと確信しているジェミンは、彼の本性を暴露し、ユジンの目を覚まさせようとする。

3次審査では、2000人の中から残った数十名の候補たちが二人一組のペアとなり、規定の生地で24時間以内に二つの課題をこなすこととなる。ペアはくじ引きで行われセウンとユジンは同じ組となり、気まずいながらも課題に集中する。

ジェミンから依頼され東大門の買収を進めていたマ・イサンは、イ・ジュニ名義で買収が進められていると知り、きな臭いものを感じた彼はデサンに連絡をする。

買収に応じない店は潰していく。
ジュニの名をかたりジェミンが裏で糸を引いていたと分かったデサンは、おばあさまの前でジェミンにつっかかるが、デサンの本性を暴露したジェミンは、彼がイ・ジュニに成りすました証拠を突きつける。

本人を前にしても孫のジュニなのか偽物なのか区別がつかないおばあさまはアン常務を問いつめ、彼がオ・デサンだと白状させると、本物のジュニを呼びなさいと怒るおばあさまに、ジェミンは弟が済州島の病院に安置されていると答える。

スポンサーリンク

ショックでおばあさまは倒れ、憎んでいた子供とはいえジュニの死を知り継母も動揺する。
おばあさまは病院に運ばれ、ジェミンはデサンを警察に付きだそうとするが、アン常務はこれはジュニ坊っちゃまが望んだことだと、デサンが会長も知らないジュニの双子の兄弟だと白状する。

課題を協力し合ってクリアしたセウンとユジンは、過去のわだかまりも消え、お互い相手の才能を認める良きライバルとなる。

翌日セウンが出社すると、カン会長が倒れたことで会長、社長のいないソフィアは空中分解状態。
幹部たちが会議を行い、コンテスト中で何も知らなかったセウンは、ジュニの行方を探す。

デサンを追い出したジェミンは会長代理となり、東大門リニューアル事業はアウトレットモール路線に切り替え、買収における問題が生じればすべてイ・ジュニに責任を押しつける。

ジュニの婚約者であればカン会長とは家族となる仲、おばあさまが倒れたことを知らなかったセウンはジェミンを責めジュニの居場所を尋ねるが、ジェミンはセウンが好きになった男はジュニではなく弟になりすましていた孤児院育ちの男、オ・デサンだと教える。

イ・ジュニがオ・デサンという偽名を使ったのではなく、デサンが金持ちイ・ジュニになりすましていたと知ったユジンは、お金に目がくらんで他人になろうとしたデサンを軽蔑し、彼に惹かれたことを後悔する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「シンデレラマン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←13話     15話→

シンデレラマン あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「シンデレラマン」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

シンデレラマン TBSテレビ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人