韓国ドラマ シンデレラマン あらすじ12話

シンデレラマン

今回の韓国ドラマはこちら!
シンデレラマン
さっそく12話をご覧ください
シンデレラマン あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ シンデレラマン あらすじ12話

ジュニが遺した手紙をデサンに見せたアン常務は、二人は兄弟に違いないと打ち明け、生後間もないジュニを奪ったときに、うり二つの双子がいたことを助産師に確かめたと教える。

ジュニと同じ心臓病だったデサンの母は、彼を施設に預けた年に亡くなっており、お涙ちょうだいの話を聞かされたデサンは、俺を引き止めるために作り話をしているのかと怒る。

今さらもう元の生活に戻れないと覚悟したデサンは、ジュニが望んでいた復讐をやり遂げようと、本物のイ・ジュニになる。

積極的に経営の勉強に乗り出したデサンは、おばあさまの期待に応え、まずは新商品開発チームで修行を積む。

ソフィアの株を3%も保有する謎の支援者の存在が分からないカン会長は、いざというときに裏切られないためにも支援者の身元を突き止め味方に付けようと考える。

ジェミンが統括する新商品開発チームに当分の間席を置くことになったデサンは、デスクワークばかりの仕事に初日から根を上げる。

人懐こいデサンはジェミンのように垣根を作らず、計算高いシン理事ともあっという間に打ち解ける。
ソフィアのことをあれこれ理事から聞こうと世間話していると、ジェミンは腹心のシン理事が裏切っているのではと二人の関係に過敏になる。

ユジンの才能に目を付けたカン会長は、エレガンス・チェにユジンを預け、ソフィアの看板デザイナーになるよう修行させる。

毎日毎日、来る日も来る日デスクワークを強いられ缶詰になっていたデサンは、商品化されたゴルフウエアを見ようとセウンに誘われ、視察目的ということで仕事をさぼる。

アウトドアショップには、先にジェミンとユジンが来ており、仲よさそうな二人を見て、胸が痛むデサン。
ユジンもまたセウンとじゃれ合いながらやってきたジュニ(デサン)を見て、心が整理できず、落ち込んだ彼女をジェミンが気遣う。

施設育ちだというオ・デサンが東大門で働いていたのは3年だけ。
誰も彼の過去について知らないという話に、ジェミンは弟が東大門で3年も働いていたと聞き、何かが引っかかる。

自分のブランドを持ちたいと願うセウンはパリに出店する事を夢に持ち、一緒に渡仏しないかとジュニを誘う。
フランスで勉強するのが夢だったデサンは、彼女の誘いに夢が叶えられるはずが、ユジンにフラれた今、夢はもう色あせたものになっていた。

基礎的業務に真面目に取り組まないジュニの配属先はなかなか決まらず、カン会長は直接ジュニを呼びつけると、仕事をすれば結果が出せるのにというジュニに東大門のリニューアル事業を任せる。

リニューアル事業でネックとなるのは入店主たちとの買収問題。
穏便に買収問題を解決するよう言われたデサンは、なじみの店主たちに聞き取り調査をし、彼らの悩み事を一つずつ把握していく。

二人っきりで会えば取って食われそうなベルベット・リーとも我慢してお茶したデサンは、亡くなったソ社長が実現できなかった東大門独自のブランド構想を教えてもらう。

小さな店主たちが東大門として一つのブランドを作り、海外事業に打ってでれば、中国市場との価格競争にも対抗でき、ブランドで商品の価値も上がる。

東大門をつぶしてアウトレットモールにしようとしているジェミンは、資金面ではセウン父と合意し、いくらジュニが好きだからといって、安易に弟の企画案に賛成するなとセウンに釘を刺す。

アウトレットモールを企画したジェミンと東大門独自ブランド打ち立てるというジュニ。
二人の前では互角の勝負だと思わせておきながら、自分と同じ考えを持つジュニにカン会長は、アン常務の入れ知恵かと疑う。

スポンサーリンク

ジュニとデサンは1分違いで生まれた双子。
生まれてくる順番が逆だとすれば今この場にいるのは兄のジュニのほうだと思うと、孤児院育ちのデサンにも自信が湧いてくる。

ジュニの身代わりになったデサンのツテを頼り、ソフィアの下請け仕事を獲得しようと本社にやってきたマ・イサンは、一目惚れしたセウンとばったり会い彼女をデートに誘おうとする。

東大門のゴミのような男に目を付けられたセウンは激しく抵抗し、ゴミだと侮辱されたマ・イサンは彼女の腕をつかまえ一悶着起こす。

いかにも柄の悪そうな男が、ジュニの偽名であるオ・デサンの親友だと知ったジェミンは、オ・デサンが実在の人物ではと疑い彼を調べさせる。
ジュニの親友だというマ・イサンを誘導尋問にかけたジェミンは、デサンがジュニの身代わりになったいきさつを聞き出す。

カン会長の誕生パーティーが開かれ、重大発表をすると予告した会長は、エレガンス・チェやシン理事まで招待する。
ジュニが企画した案を選択した会長は、東大門独自ブランドを立ち上げると宣言し、デザイナー選びのコンテストをジュニに任せる。

勝負に負けたジェミンはデサンの正体をバラそうと、家族でも見分けることができないジュニにうり二つの詐欺師がいることを写真付きでおばあさまに見せるが、ジュニである証拠を見せろと彼のシャツを引きちぎると、デサンの胸にもジュニのように大きな傷跡が残っていた。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「シンデレラマン」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←11話     13話→

シンデレラマン あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「シンデレラマン」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

シンデレラマン TBSテレビ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人