韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ101話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく101話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ101話

ハユンに犯行を目撃されていても、ボゲはウニが勝手に倒れただけだと言い張り、年上に向かって声を荒げるゴヌに、「だから父子家庭は駄目なのよ」とイ会長のことまで侮辱する。

シウォン義父だけでなくウニまで殺されかけたゴヌはパク・ボゲを暴行罪で告訴し、「やっぱりあの女の仕業だったのね」と真相を聞いたミョンソンは黙っていられず、「パク・ボゲを殺して刑務所に入るわ」と捨て身の覚悟で親友を守ろうとする。

身重の体なんだからとグァンスが止めると、「しみったれた男ね」と夫婦げんかに発展してしまい、仲裁に入ったセラは、人殺しするというミョンソンに「マフィア映画じゃないんだから」と呆れる。

「刑務所で子どもを産むのでお義母さんが育ててください」

ウニが大変なときに、ユッケジャン本店では料理の味が変だと客が騒ぎだし、ユッケジャンの中から工業用の塩が発見される。

ユリから話を聞いたミスクは、どうしてウニさんを突き飛ばしたの!と母に怒り、そのせいでハユンが話せなくなったんだと事情を説明する。

ソクジンが問い詰めてもボゲは、ウニが勝手に倒れただけだと言い張るが、被害届けを受理した警察が自宅に押しかけ、パク・ボゲは逮捕される。

ゴヌに連れられて警察にやってきたハユンは、おばあさんがママを突き飛ばしたと話し、トイレの帰りに見たと証言すると、母に連れ添ってきたソクジンは、「うそを言っちゃ駄目だぞ」とハユンを威嚇する。

「私は店になんか行ってないわ」とパク・ボゲが大きな声を上げると、ハユンは怖いと言ってゴヌに抱きつき、「おばあさんがママを突き飛ばした」と勇気を出して証言する。

立場が悪くなったボゲは、「この男がハユンに嘘をつかせたのよ」とゴヌに逆ギレし、捜査官からアリバイを聞かれると口ごもってしまい、ソクジンが母と一緒に家で寝ていたと偽証する。

ユッケジャン店の周囲にある防犯カメラをすでに回収していたゴヌは、パク・ボゲの犯行が証明されるのも時間の問題だぞと警告し、常軌を逸した母親を病院につれていったほうがいいとソクジンに怒る。

ゴヌとソクジンが話していても、ハユンは、実父には近寄りもせずゴヌに歩み寄り、おばあさんが近づいてくるとゴヌの体をしっかり握りしめ、おばあさんから隠れるように帰っていく。

防犯カメラからはパク・ボゲが大急ぎで店から出ていく姿が映っており、証拠をつかんだ会長は、余計なことを考えずウニの回復だけ祈ろうと、とゴヌを励ます。

ウニのユッケジャン店を事業化するHグループとしても外食事業部が内部調査を始め、本店で使用している食塩をサンプルとして持ち帰る。

スポンサーリンク

ミョンソンの母親は、娘の妊娠に気付きもせず、結婚祝にワインを贈ってきた。

何もないよりはマシ。母の祝福を素直に受け入れたい気持ちもなくはないミョンソンだったが、ワインには、非売品、オマケである証拠が。

ジャギョンを食い物にして生きてきたセラも、「私よりひどい母親がいたのね」と呆れ、パク・ボゲといいミョンソンの母親といい、姻戚には恵まれない運命だと嘆く。

パク・ボゲのせいでハユンまで病気になったと聞くと、「ソクジンはいったい何をやっているのよ」とジャギョンは彼に腹を立てる。

ソクジンのほうは、お母さんがおかしくなったのは裁判がきっかけだとジャギョンを恨み、調子に乗ったゴヌたちを追い詰めてやるんだと、筋違いの恨みを抱く。

深い眠りについていたウニは、再会できたお父さんとの貴重な時間を味わい、父の死を受け入れたくないと、葛藤していた。

傷ついたハユンをどうしてあげることもできず、「いい加減目を覚ましてくれよ」と、意識のないウニに怒りをぶつけ泣き出してしまうゴヌ。

優しいお父さんと十分に別れの時間を共有したウニは、この世に戻り、ゴヌのすすり泣く声で目を覚ます。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←100話     102話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ