韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ28話

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ28話

幸せをくれる人

今回の韓国ドラマはこちら!
幸せをくれる人
さっそく28話をご覧ください
幸せをくれる人 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 幸せをくれる人 あらすじ28話

台本合わせですでにハユンは、本気の演技をし、彼の見事な才能にジャギョンは惚れ込む。

ソ・ハユンとジャギョンの親子鑑定は成立し、セラは復讐のためソクジンが周りをうろついてるのではと疑いパク・ボゲに抗議しにいく。

理由は語らず、わめくだけわめいて帰っていったセラがいったい何を怒っていたのか不安になったボゲは、秘書に命じホン・セラを尾行させる。

休憩時間になってもジャギョンは、ハユンから離れず、主役の彼女に取り入りたいステージママは、うまくいかずウニに八つ当たりする。

未婚のジャギョンに出産経験があり、しかもその子を捨てたとなると俳優人生は終わってしまう。

才能あるハユンが欲しくても、彼がジャギョンの息子となると、セラにとっては時限爆弾を抱えているようなもの。

今のうちに、なんとかハユンを始末しなければと、あれこれ策を練る。

ミスクへの怒りはまだ解けておらず、彼女が帰ってきてもボゲは完全に無視する。

彼女はユリが見ている前でハユンだけを特別にかわいがり、ウニは可愛そうなユリのためにおやつを作ってあげようとするが、母親より数段大人びたユリは、ダイエット中だと言って遠慮し、「こういうときはママが作るって言わなきゃ駄目よ」とミスクに駄目だしする。

成人して働いていてもグァンスがもらえるのは母からのお小遣い程度。

考え事をしてベッドから出てこない母にお小遣いをせびったグァンスは、テーブルの上にあったDNA鑑定書を見つけ、僕の父親が見つかったから元気がなかったのかと早合点する。

かっこ悪い出生の秘密。
母にしてみれば出生の悲劇ならしく、生まれてきたこと自体否定されたグァンスはさすがにショックを受け、自分から何か用事はないかとミョンソンに電話をかける。

兄に近づくジャギョンが許せないソジョンは、ジャギョンの過去を嗅ぎ回り、出産の噂が出たような人をCMに起用できないと契約を破棄する。

ソジョンの異様な執着を感じ取っていたジャギョンは、仕事関係がなくなれば堂々とゴヌに近づけると開き直り、公私混同するソジョンをにらみ付ける。

CMモデルを降ろされたジャギョンは、プライドが傷ついたと言って大荒れし、契約金をすでに使い果たしたセラは、こんな状況でハユンのことなど切り出せないと困ってしまう。

英語がまったくできないハユンは、おばあさまの言いつけて家庭教師のレッスンを受けるが、難しいというよりも全く面白くない。

ウニママも英語はあまり得意ではないというので、ハユンは仕事のようにジャギョンママに会いたいとこぼす。

スポンサーリンク

席を外していたバイト青年の電話に偶然出てしまったデサンは、“おばあさん”名で登録されていたのが彼女だと知り、今までのおばあちゃん孝行がウソだったと気付く。

キム・ジャギョンの降板はイ会長の耳に入り、モデルを小道具のように扱う娘に会長は怒るが、キム・ジャギョンは財産狙いだと言って譲らないソジョンは、彼女を戻すぐらいなら代表を辞めるとまで言って父に反発する。

妹の恨み事を聞いていられないゴヌは、ジョンフンを呼び出してコンビニで食事を取り、おかずはないのかと自分よりはるかに安月給なジョンフンにたかる。

兄を捜しにやってきたソジョンは、ゴヌと一緒にいるジョンフンを見て、父にチクった彼を責め、家族以外で唯一信頼していた人なのに、と絶交宣言する。

ハユンの撮影初日には、ボゲが手の込んだお弁当を作り、孫に怪しい人が近づかないようにと監視を付ける。

売れっ子ハユンを妬むステージママは、周りに大人がいないとハユンが持っていたアイスクリームで服を汚し、意地悪をする。

こういう光景を見慣れているセラは、「あんたがやったんでしょう」と母親をとっちめハユンを守る。

足の引っ張り合いをする業界にウニはショックを受け、先輩セラは、私がハユンを守ってあげたのよと、恩着せがましくウニに近づき、どういう経緯でソクジンと結婚することになったのかと、執拗に聞いてくる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「幸せをくれる人」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←27話     29話→

幸せをくれる人 あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「幸せをくれる人」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

幸せをくれる人 アジアドラマチックTV

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 月桂樹洋服店の紳士たち

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ