韓国ドラマ 浪漫ドクターキム・サブ あらすじ22話

浪漫ドクターキム・サブ

今回の韓国ドラマはこちら!
浪漫ドクターキム・サブ
さっそく22話をご覧ください
浪漫ドクターキム・サブ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 浪漫ドクターキム・サブ あらすじ22話

通常は10時間かかる手術を皆の知恵を出し合い、どうにか7時間半に抑えたキム・サブは会長の体力を考え、6時間以内終えなければいけないとハードルを上げる。

プ・ヨンジュ(キム・サブ)が手術を断行すると聞き、ト院長はプ・ヨンジュを追い込むための条件を持ってくる。

本院コサン病院には優秀な胸部外科医がそろっており、本院スタッフと手術スタッフを入れ替えるか、またはライブ手術をするか。

キム・サブがスタッフ交代を許さないと見越し、ト院長はライブ手術を仕向けるが、彼の意図が分からずトルダム側は悩む。

現在医療訴訟中のナム医師は、万が一のことが起これば、問題のある麻酔科医を使ったことがキム・サブの足かせになると考え、スタッフ交代を勧めるが、それまで乗り気ではなかったドンジュが施術5分の短縮を約束し、前向きに進路を切り替える。

「手術の成功は短縮時間にかかっている。信頼できないスタッフとの手術は致命傷だ。」というキム・サブに、ナム医師も渋々承諾する。

手術を5日後にひかえ、あと1時間25分をどうやって短縮するか。

まずは、カテーテルの挿入口をソジョンと検討し、不測の事態に備え、2カ所からの挿入を視野に入れる。

ミョンシム看護師長は、パク看護師と二人で動きのチェックをし、器具の配置や動線など、迷わず確実に、そして最短で受け渡しができるよう入念にリハーサルを行う。

本院コサンでは、胸部外科精鋭チームを集め、手術当日の動きを一つも漏らさず記録できるようカメラ位置の選択が話し合われる。

手術助手をカン・ドンジュに代わったせいで、ウ・ヨンファはインボムに目をつけられ、イジメが始まる。

インボムの威圧感にすっかりのまれてしまったヨンファは、簡単な助手さえもできなくなり、パク看護師が彼女をサポートする。

手術カンファレンスにインボムが参加しなくても、キム・サブは何も言わず、事情を聞かされていないドンジュは、キム・サブと何かあったのかと詮索する。

もともとバッテリー交換手術なんかに興味はなかったというインボムに、ドンジュは、お前とやれば更に5分短縮できると彼を誘い、手術の結果に関係なく、参加しただけでもすごい経歴になる手術だとインボムを口説き落とす。

ソジョンとインボムが肩を並べて帰ろうとすると、社宅が同じだと知らなかったドンジュは焦り、俺も一緒に帰ると言い出し、荷物を取りにいく。

明日の手術を前に、緊張気味のミョンシムは、飲みにいかないかとソジョンを誘うが、さすがに手術前に飲みにいくのは、とソジョンはナム先生の店で餅入りラーメンを提案する。

スポンサーリンク

女性二人意気投合すると、インボムは用事を思い出し二人を先に帰らせ、ドンジュが戻ってきたときには、ソジョンもインボムもいなくなっていた。

手術の成功を祈り、教会に行くはずだったチャン医事課長は、ミョンシムがラーメンを食べにいくというので、誘惑に負け、ドンジュを連れてナム先生の店に行く。

ドンジュとソジョンが医局第1号のカップルなのか。

ナム医師と賭けをしていたチャン医事課長は、「二人は交際中ですか」と単刀直入に質問する。

直球質問に恥ずかしがる二人だが、「違いますよ!」とソジョンは強く否定し、「ドンジュは、インターンのとき私の使いっ走りだったんですよ」冗談で済ませようとする。

交際を否定されたドンジュは、ムッとなり「愛してる先輩」とソジョンに真顔で向き合う。

怒ったソジョンの眉間にシワがよると、「愛してるオ看護師 愛してるチャン課長 愛してるナム先生」と付け足し、結束が固いトルダムファミリーだと話をごまかす。

残業しているキム・サブに声を掛けられず、仕事が終わるのを待っていたインボムは、「今回は父のためではなく、施術時間短縮のために参加します」と自分の意思を伝え、キム・サブは「20分以内に終わらせなければ手首を切り落とすぞ」と気を引き締めさせる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「浪漫ドクターキム・サブ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←21話     23話→

浪漫ドクターキム・サブ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「浪漫ドクターキム・サブ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

浪漫ドクターキム・サブ 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人