ヴィンチェンツォ - あらすじネタバレ18話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. ヴィンチェンツォ >

ヴィンチェンツォ - あらすじネタバレ18話と感想レビュー

ヴィンチェンツォ - あらすじネタバレ18話と感想レビュー

sami
こんにちは!samiです♪
前回のラストシーンでは、味方だと信じていたハンソに裏切られ、銃で撃たれてしまったヴィンチェンツォ!
このままイタリアに強制送還されるのか、もしくはヴィンチェンツォの作戦なのか!
18話のあらすじスタートです!

ヴィンチェンツォ 18話あらすじ

ハンソに胸元を銃で撃たれ、氷上に崩れ落ちたヴィンチェンツォ。
生きているのか確認するため、インターポールの1人がそばに駆け寄ると、ヴィンチェンツォは即座に起き上がり銃を奪い取る。
倉庫に場所を移しインターポールを始末すると、同伴していた韓国の刑事には、「上司に伝えろ。証拠不十分でインターポールは帰ったと。死体は始末しておけ」と命令する。
ハンソには、「お前もボスに言え。おとなしく死を待てと」と言い、ヴィンチェンツォはハンソの左腕を銃で撃つのだった。

傷を負ったハンソは入院するが、病室にはハンソク、ミョンヒ、スンヒョクが訪ねてくる。
事の経緯を詳しく聞き出す3人。
しかしハンソは嘘の証言をしていたのだ。
インターポールが来ることをヴィンチェンツォに知らせたハンソは、共に作戦を練る。
ヴィンチェンツォは事前に血糊を胸元に隠し、撃たれたフリをしただけ。
インターポールにはパオロが議員や長官に賄賂を贈った証拠を、韓国の刑事にはマルタにあるペーパーカンパニーの証拠を手土産として渡す。
そしてハンソはヴィンチェンツォと組んだことがバレないように、左腕を撃つよう頼むのだった。

翌日、ヴィンチェンツォ、チャヨン、ジュソンはハンソクの駒を始末する作戦を始める。
ハンソクに協力する政財界のトップらに、ヴィンチェンツォはハンソクのフリをして、「カフェに来なければ責任を問われるぞ」というメッセージとテ局長が潜入して入手した賄賂受け取りの映像を送りつける。
カフェに到着すると、その映像が大音量で流されてしまい、要人たちは大混乱に陥る。
ハンソクは映像の出どころが誰なのか判明せず、頭を抱えてしまう・・・
そんな中、バベルタワーの訴訟に向かったヴィンチェンツォとチャヨン。
「さっさと消えな!」とカメラ目線で挑発し、裁判所へと消えていく2人。

その後、チャヨンはミョンヒのもとを訪れ、「ミョンヒの指示で事故を装い、ホン弁護士を殺した」という殺し屋の証言を聞かせる。
「証拠にならない。名前を並べただけで何ができるの?と開き直るミョンヒに対し、「クリスマスプレゼントをあなたに贈ります。懲役30年ほど」と言い返すチャヨン。
すると「ヴィンチェンツォもあんたも清廉潔白だと言える?」と挑発に乗るミョンヒに、「清廉潔白なんて望んでない。最強のクソを目指している」と言い放ち、1杯のウイスキーを飲み干すのだった。

同じ頃、ヴィンチェンツォはスンヒョクを呼び出し、「あんたの命について、インターポールの一件で殺すことにした」と警告。
スンヒョクは「俺は地検長だぞ。若造が生意気な口を利きやがって!」と怒りを顕にする。食事中のテーブルを叩き、警護を呼びつけるが、ヴィンチェンツォは動じず後ろから銃を取り出し、発砲する。
そしてハンソクを拘置所に入れるよう、怯えるスンヒョクに命令する。

その夜、ベッドで休んでいたハンソクは不審な人影に気づく。
「年長者を見下した罰だ」と言って、黒づくめの男3人はハンソクに殴りかかるのだ。
命の危険を感じたハンソクは、パジャマ姿に裸足で逃げ出す。
自宅に戻り、駆けつけたミョンヒは「権力者を刺激するのは危険です」と説得するが、ハンソクは、「すぐには無理でもいつか始末してやる」と怒り心頭のようだ。

翌日、ハンソクはまたもや襲撃を受けてしまい、ミョンヒはヴィンチェンツォとお偉い方を拘束するようスンヒョクに頼み込む。
しかしスンヒョクは、「いくらヴィンチェンツォでも拘置所には侵入できない」として、ハンソクを拘置所に入れるのはどうかと提案する。
結局、ミョンヒは「認めましょう。ヴィンチェンツォは手に負えません。1、2週間だけ・・・」とハンソクに言って説得するのだった。

次の日、脱税の容疑で南東部地検に逮捕されたハンソク。
「1分だけ、弟と話が・・・」と言って、ハンソを呼び出すと「バベルバイオを立ち上げろ」と指示を出す。
するとハンソは、「保留にしました。理事会と企画室の判断を参考にしたんです。もう限界だ。死んでたまるか。兄さんのためだぞ」と言いながら笑顔でハンソクの手錠を締める。

その夜、ヴィンチェンツォはハンソと会食をしている。
「なぜ会長の座を断って俺の手伝いをするのか」と問われたハンソは、「不思議なんだ。怒られても嬉しいし、ホッケーも楽しい。酒を酌み交わすのも気楽だ。2人の時は兄貴と呼んでいいか?」と話す。
ヴィンチェンツォは「マナーを守るなら・・・」と渋々承諾するのだった。

翌日、ハンソクの面会へ向かったヴィンチェンツォ。
「堀の中で安心してるだろう。世話をしてくれる人がいて、所長が目をかけてくれる。水を差すようで悪いが、全てお前らの計画通りだと思うか?お前を囚人にしたのは、俺だよ・・・」
「マフィアの世界で、俺はなんて呼ばれてると思う?腹が膨れたネコ。満腹のネコは捕まえたネズミを弄ぶんだ。俺がお前を生かす理由は、お前がネズミだからだ」と喧嘩を売る。
対するハンソクは「俺は明日にでも出られるよ」と言うが、ヴィンチェンツォはペーパーカンパニーの会計記録のUSBを見せ、「これがあれば1ヶ月は出られない。せいぜい楽しめ。バベルタワーが崩れるのをな!」と伝え、立ち去るのだった。

そんな中、ヴィンチェンツォを探して韓国へやって来たルカが事務所を訪ねて来た。
「セバスチャンがルチアーノにやられました。次は誰が狙われるか」とカサノ家のピンチを伝えに来る。
イタリアへ一時的に戻ることを決めたヴィンチェンツォは、翌日事務所へ挨拶に来る。
ジュソンは泣きながら、「敵と死闘を繰り広げるかも・・・行かないで」と寂しさを我慢できない。
チャヨンは「しばらくは問題は起きないはず。ハンソクは拘束されてるし。そんな暗い顔しないで!」とヴィンチェンツォを明るく励ますのだった。
プラザの入居者は漬物やお守りを渡し、姿が見えなくなるまで見送る。
その後、ヴィンチェンツォとの別れ際に、チャヨンは「仲間とは2つの体の中に1つの魂が宿るもの」とイタリア語で伝え、握手をしてお別れをする。

その夜、ピアノを弾いていたミリはキム室長に遣わされた手下に連行され、地下のお寺へとやって来る。
そこにはチョ社長も居合わせており、脅迫されたチョ社長がミリが金庫のエンジニアであると調べ、明らかにしたのだ。
「やらなければ殺す」と脅されたミリは金庫のロックを解除するが、いざ潜ってみるとギロチンファイルも金塊も消えている。
まさかの事態に怒ったキム室長は、「どこにやったか白状しろ」とチョ社長を脅し暴力を振るう。
その隙にミリはお寺から逃げ出し、プラザの仲間に助けを求める。
騒ぎ声を聞きつけたチャヨンは事務所の外へ飛び出し、そこにやって来たキム室長と対峙する。
「私は彼女の弁護人です。とにかくさっさと出て行って。あんたみたいなクズは敬う必要ないと父に教わった」と強気な態度に出るチャヨン。
手下が襲いかかり、チャヨンが殴られそうになったところに、ヴィンチェンツォが現れるのだった!

ヴィンチェンツォ 18話感想

sami
前回のラストシーンで、ヴィンチェンツォが撃たれてしまい、どうなるかと思っていましたが、やはりハンソと練った作戦だったのですね!
ふう〜安心しました。笑
ハンソがヴィンチェンツォを”兄貴”と敬うあたり、なんだか可愛らしいです。
すっかりチーム・ヴィンチェンツォの一員となったハンソなのでした!
一方、ハンソクを拘置所に入れさせたヴィンチェンツォは、今度どのような手段で復讐をしていくのかも気になりますね!
最後には飛行機に乗ったはずのヴィンチェンツォが、助けに来てくれました!
ピンチの時はいつでも駆けつけてくれる、本当に頼れる存在です!
どうやって飛行機から降りたのか、そして無くなった金塊の行方はどこなのか!
ラスト2話にして気になることが盛りだくさんです。笑
次回のあらすじもお楽しみに〜♪

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

ヴィンチェンツォ画像は公式サイトより引用しております

TVING

-ヴィンチェンツォ
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 韓国ドラマストーリー Powered by AFFINGER5