王は愛する - あらすじ12話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. ドラマレビュー >
  3. 王は愛する >

王は愛する - あらすじ12話と感想レビュー

韓国ドラマ 王は愛する あらすじ12話

今回の韓国ドラマはこちら!
王は愛する
さっそく12話をご覧ください
王は愛する あらすじです!

韓国ドラマ 王は愛する あらすじ12話

世子が医女に頭を下げたことになり、臣下の前で辱めを受けた。

王殿での出来事は王妃に報告され、母が王に愛されない存在故に世子が屈辱を受けるとウォンリン王妃は苦しむ。

息子に慕われる母になりたいと考えた彼女は、世子が心寄せている女を側に置けば、母の思いを分かってもらえるかと、ソファの行方を捜させる。

隠れ家に戻ってもリンの姿はなく、ソファも行方知れず。

世子は市中に詳しいケウォンに報酬を約束し、ソファを捜そうとするが、彼女は隠れ家の厨房で料理を作っていた。

ハンチョンが世子だと知った今、食ってかかったり反発したりはできない。

ソファは隠し事があることをハンチョンに話すが、彼も今は言えない秘密があるとソファに正直になり、今までも、そしてこれからも、お前を失望させるようなことがあっても、これだけは覚えておいてほしいとソファが一番であることを誓う。

5日後に使臣団が到着すれば、ダンは貢女として連れていかれる。

名簿に載る前なら助けることができたと残念がる世子は、ダンを訪ね、2日後に開かれる王妃の茶会に一緒に出てほしいと頼む。

そこで世子妃を選ぶよう言われていた世子は、候補に入っていないダンを連れて参加し、彼女に求婚することを告げるが、ダンのことを妹としか思えない世子は、「結婚してもお前のことを妻とは思えない」と前置きし、「生涯私の一番の女人にはなれぬ」と、自分には思い人が心にいることを打ち明ける。

世子が、貢女になるのを止めるために娶ってくれると分かっているダンは、側にいられるだけでうれしいと求婚の返事をする。

王妃が開いた茶会には、よりすぐりの5人の女性が招かれていた。

名簿になかったワン・ヨンの息女ダンが現われても王妃は顔色一つ変えず、自分が選んだもう一人の女性が加わることを告げる。

世子妃候補は全部で7人となり、王妃は顔をハンカチで覆った女性を手招きし、ウン・ヨンベクの一人娘ウン・サンだと紹介する。

彼女がワン・ジョンの結婚相手だと思い込んでいる世子は、ソファに気付かず、王妃に命じられ覆を取ったソファに言葉を失う。

茶会が開かれる3日前、世子はソファに真実の気持ちを伝えた。

「私の秘密を知り、私がしてきたこと、これからすることを、お前は理解できないかもしれない。それでも私の一番はお前だ。決っして忘れるな。」

正体を明かせないソファ(サン)は、彼を信じる証として母の形見である首飾りを世子に渡す。

数日姿を見せなかった護衛のチングァンが出仕し、世子はどんなことがあってもダンを守ると言って、彼を安心させる。

リンから口止めされていたチングァンは、ダンお嬢様の代わりにリンが王妃の宮殿に捕われていると報告する。

王妃殿にいたリンは、世子と目を合わせようともせず、「なぜ、私の所に来なかったのだ」と世子は、必死で怒りをこらえる。

王妃の前に土下座した世子は友の妹を助けてほしいと頼み、ウォンが生まれたときから敬語を使い礼を尽くしてきた王妃は、土下座する世子に耐えきれずワン・ダンがすでに名簿から外されていることを教える。

王妃がリンの頼みを聞き入れるはずがない。

世子は、リンがどうやって取引したのかと調べ、彼が人質として元に行くことを突き止める。

王妃殿にいるリンを強引に訓練所に呼びつけた世子は、リンと本気になって戦い、なぜいつも本心を隠そうとするのかと、怒りをぶつける。

友としてではなく、主君と臣下の壁。

一番苦しいときに助けを求めないリンに世子の怒りは爆発するが、リンが国を離れようと決心した本当の理由は、別のところにあった。

彼の視線の先にはソファの姿があり、壊れていく自分に歯止めが利かなくなるのではとリンは恐れていた。

王は愛する あらすじの続き 一覧

「王は愛する」前後のお話はこちらから

←11話     13話→

「王は愛する」各話の一覧はこちらから

【「王は愛する」の魅力全開!】王は愛するのあらすじ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ全話一覧まとめ

「王は愛する」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

王は愛する 特設サイト


【格安】パケット定額 1日300円から

【60分500円】で【入学金・事務手数料ゼロ】

-王は愛する
-, , , , , ,