韓国ドラマ 麗〈レイ〉花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ23話

韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ23話

麗 花萌ゆる8人の皇子たち

今回の韓国ドラマはこちら!
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~
さっそく23話をご覧ください
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ23話

ワン・ヨが皇帝になるという話を信じなかったヨナ皇女が、新皇帝となった彼に、求婚されたときの指輪をつけ挨拶に来ると、ヨは、図々しい彼女を契丹に送ると決め、裏切り者の兄妹と姻戚になれるはずがないと冷ややかな目で追い出す。

しょっちゅう遊び回っていたウン皇子は、狭い部屋に数日も閉じ込められるじっとしていられず、夜は女官もいないというので茶美園の湯につかろうとするが、一人で衣を脱ぐのは恥ずかしく、妻の衣を脱がせるのも慣れていない。

暇つぶしに折ったウサギがとても好評だったので火がついたウンは、お花に靴に駕籠の鳥、しまいには棒きれまで使って小舟を作り、湯に浮かべてスンドクと競争。
怪力スンドクはわざと手加減し、勝負に勝ったウンはおおはしゃぎ。

謀反騒動の中スンドクは、おもちゃ好きのウンのためにパチンコを持ち出し、ウンも妻のために香袋を持ってきたのだが、ヘ・スへの贈り物だと思ったスンドクは機嫌が悪く、「かわいい娘は喜ぶはずなのに、おかしいなあ」とウンは、子供のころと同じ言葉をつぶやく。

お互いへの誤解が解けたウン皇子は、スンドクを女人と意識し、初めて夫婦の契りを交わす。

ワン・ヨに嫌われたヨナは、身の危険を感じ今度こそソ皇子を手に入れようとするが、ヘ・スを追い出そうとしても一筋縄ではいかず、婚姻を生死で天秤にかけなければいけない彼女は、愛に生きるヘ・スを気楽だと馬鹿にする。

軍権を握るパク・スギョンと、神権を握るチェ・ジモンがソ皇子を援護しているため、ウク皇子はソ皇子を排除すべきだとワン・ヨをそそのかす。

茶美園に行ったときに、たくさんの手ぬぐい細工を目撃したヨナは、ウンが茶美園に隠れていると気づき、弟夫婦の居場所を教える代わりに、契丹行きは考え直してほしいとワン・ヨと取引する。

洞窟の前には兵士が押し寄せ、逃げ遅れたウン夫婦は、行き場を失い、スンドクは皇子さまを守るためヘ・スに彼を託し兵士に挑む。

我が身が助かるために妻を犠牲できないウンは、「今はあいつが俺の一番なんだ」とヘ・スの手を振り切りスンドクの跡を追いかける。

使い物にならないウンが刀を振り回し、スンドク一人で兵士を相手にするが、スンドクは斬りつけられウンは兄弟の情けで助けてくださいとワン・ヨに頼み込む。
しかしワン・ヨは容赦なく二人の殺害を命じ、スンドクは斬り捨てられ、遺ったウンにワン・ヨが矢を放つ。

スポンサーリンク

知らせを聞いて駆けつけたソ皇子は、ウンの前に立ちはだかり彼を守ろうとするが、瀕死状態のウンは、妻と一緒に逝きたいとソ皇子に頼み、誕生日の贈り物に願いを聞いてほしいと言われたソ皇子は、息絶え絶えのウン皇子に刀を振り落とす。

ウン皇子を斬り捨てたソ皇子は、苦しみを抱えきれず狼犬として生まれた我が身の運命を笑う。

娘の片思いだと思っていたパク将軍は、どうしてペガやソのように他の皇子と結婚しなかったのかと後悔し、ウン夫婦はとても愛し合っていたとヘ・スは将軍を慰める。

主に飼われている身分では大切なものを守れないと悟ったソ皇子は、主人を食いちぎり、主人に成り代わる狂犬になってやると決意する。
「このワン・ソが高麗の皇帝になる」

ウン夫婦が死んでワン・ギュの乱を終息させたワン・ソは、後ろ盾となってくれた叔父ワン・シンニョムとの取引どおり、西京への遷都を決める。

逆賊のウン夫婦は葬儀も挙げられず、林に投げ捨てられた亡骸をペガ皇子が密かに埋葬する。

ワン・ヨが放った矢は、遺体となったウンの体から抜くことができず、ジョンは矢を折り、ウン兄を安らかに逝かせる。

ヘ・スに疑われていたと誤解したソ皇子は、彼女への思いを断ち切り、ソ皇子の苦しむ姿を見たくなかったという彼女に、気持ちはもう離れたのだと告げる。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←22話     24話→

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~BSジャパン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 雲が描いた月明かり

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ