韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ19話

麗 花萌ゆる8人の皇子たち

今回の韓国ドラマはこちら!
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~
さっそく19話をご覧ください
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ19話

具合が悪く立ち上がった太祖が倒れ、人々の視線が皇帝に集中しているころ、ウヒに刺されたペガは、落ちた短刀を蹴り、騒ぎに紛れて彼女を逃がす。

三国を統一し帝国を築いた太祖は、天胤にこの国を守れるのかと憂い、むなしい思いのまま、この世を去るのかと底知れぬ不安が彼を襲う。

遺言書をすり替え皇帝になろうと企むヨは、天胤に知られぬまえに父王に謁見しようとするが、御殿には厳戒令がしかれ、皇子たちであっても、足を踏み入れることさえ許されなかった。

皇后たちについても同じことで、二人は太祖に会わせてもらえず、死期の迫った皇帝の側には、オ尚宮と同じ茶のたてることができるヘ・スが仕えていた。

彼女以外誰も信じられない太祖は、足の悪いヘ・スに天胤を連れてくよう命じ、誰人であっても信用してはならぬと、強く言い聞かせる。

御殿から出てきたヘ・スを待ち構えていたウク皇子は、陛下の生死を尋ね、ヘ・スは、ウク皇子が皇位を狙っていると知りショックを受ける。

父が倒れたと聞き、皇宮に向かっていたソ皇子は、ヨナに道を阻まれ、今こそ皇帝になる機会だとそそのかされるが、皇位に魅力を感じないソ皇子は「人の心が権力で手に入るというのなら私は皇帝になりたい」とヘ・スのことを思い浮かべる。

天胤が来るまで持ちこたえなければと、微かな意識で生死をさまよっていた太祖は、オ・スヨンとの幸せな日々を思い出し、二人の皇后が見守る前で彼女の名前を呼ぶ。

「スヨンよ」
愛する人を思い息を引き取った皇帝。
愛憎にとらわれたユ皇后は、太祖の死を憎み、亡骸に恨みをぶつける。

謀反を起こし皇帝の座を射止めようとするウク皇子は、どうせ天胤を呼びに行っても間に合わぬとヘ・スを惑わすが、太祖の言いつけどおり、彼が生きていると見せかけたヘ・スは、ウク皇子を疑い天胤を呼びにいく。

ウヒの家族は太祖に皆殺しにされ、彼女の苦しみを知ったペガは父に代ってウヒに謝罪する。
「敵の息子ですまない」

皇后たちは御殿に入ったまま様子は分からず、太祖の側にヘ・スが仕えていたと知ったワン・ヨは、彼女こそ父王の生死を知る人物だと皇宮内をしらみつぶしに探す。

不自由な足で遠くまでいけないヘ・スは、自分を捜しているウォン皇子を見つけ、危険を察知し隠れると、ヘ・スを助けにきたソ皇子が陛下の逝去を知る。

天胤はウク皇子が言っていた南の地ではなく後百済の地におり、都への出入りが阻止されていると聞いたヘ・スは、後百済が故郷のウヒを紹介し、ペガは、彼女と一緒に天胤を迎えにいく。

スポンサーリンク

皇帝としての威厳を重んじるファンボ皇后と、一人の女としてワン・ゴンにすがりつくユ皇后は、亡骸となった太祖を取り合い、そこへ誰も入れないはずの寝殿にソ皇子がやってくる。

“人生は誠に はかなくて むなしい”
ジモンは太祖の最期の言葉をソ皇子に伝え、父の前に跪いたソは、厳格に見えても信州にまで会いにきてくれた父を思い出し涙する。

ユ皇后が嫌がっていた帝衣をソ皇子は父にかぶせ、夜が明ければ第3皇子ワン・ヨと第8皇子ワン・ウクが襲撃してくると二人の皇后に知らせる。

ヨと手を組み武装したウク皇子は、万が一ソ皇子が敵対するようなことがあれば、彼を必ず仕留めてほしいと頼む。

御殿前に陣取ったパク大将軍の側にソ皇子が控え、皇宮に入ったまま戻ってこない母を人質に取られたという名分で襲撃しようとするワン・ヨ。

ソ皇子の後ろで心配そうに見ているヘ・スを見つけたウク皇子は逆上し、ソ皇子に斬りかかる。

冷静なワン・ヨは二人の戦いを傍観し、その時、頭上から矢が嵐のように飛んでくると、劣勢だったはずの皇軍があっという間に膨れ上がり、到着するはずのない天胤の姿が目に入る。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←18話     20話→

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~BSジャパン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 怪しいパートナー