韓国ドラマ 麗〈レイ〉花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ15話

韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ15話

麗 花萌ゆる8人の皇子たち

今回の韓国ドラマはこちら!
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~
さっそく15話をご覧ください
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ15話

御典医から療養の許可が下りたオ尚宮は、一緒に宮殿を出ようとヘ・スを誘うが、ウク皇子の言葉を信じたヘ・スは、彼は絶対に心変わりなどしないと固く信じ、尚宮の誘いを断る。

ソ皇子が愛情と友情をはき違えていると思ったヘ・スは、彼に優しく分かるように諭すが、人から優しくされたことがないソ皇子は、友情も愛情も私には同じことだとヘ・スを抱きしめる。

危険を感じたヘ・スが、唇を手で覆い守ろうとすると、ソ皇子は許可なく触れることはないと笑って許してくれる。

皇位を望める身でありながら、両親のいないヘ・スと婚姻したいという兄にヨナ皇女は怒り、一族の野望に疲れ果てたファンボ皇后はウクのしたいようにすればいいと二人の仲を認める。

野心を抱かないでいても、濡れ衣を着せられ、殺される世界。
誰も信じられないヨナ皇女は、母の庇護を去り、自らの野望に突き進む。

教坊に踊りのうまい子が入ったというのでペガが様子を見にいくと、先日山で会った後百済の流民が踊っており、3度目の偶然にして、ペガはやっと彼女の名前がウヒだと知る。

ユ皇后の企みで天胤の叔父が犯した罪が彼にのしかかり、不正を知っていたのではと重臣たちは天胤の排斥を口にする。
廃位の望む大臣たちは天胤との仲を裂くため、ソ皇子が次期天胤にふさわしいと推薦し、ユ皇后の策略に加担したウォン皇子は、ソ皇子を信じて証拠を見せたら大事になってしまったと天胤に耳打ちする。

太祖はユ皇后の仕業と分かっていても、いつかはソ皇子が誠実さを失うだろうと考え、彼を再び信州へ追い返そうとする。

天胤に毒を盛るという計画が進められ、ソ皇子を天胤にするという連判状まで用意したユ皇后は、ソが謀反を企てたと見せかけ、彼を太祖の元から引き離そうとする。

高麗皇帝暗殺のため教坊に入ったウヒ王女は、密偵として皇宮に潜入しているパク・ヨンギュに会い、決行日はいつだと迫っているところをペガに見られ、しつこい客を相手にしている芸妓のふりをしてパクを逃がす。

ヘ・スとの婚姻を決めたウク皇子は亡き妻に会いにいき、彼女に尽くせなかった思いをヘ・スに注ぎたいと許しを求める。

重陽節 には太祖を中心に二人の皇后そして皇子、皇女が集まり、組み酒の相手に選ばれたジョンは、男同士でペガ皇子と腕を絡め、女人でもないのにと嫌がる。

スポンサーリンク

天胤の杯には毒が盛ってあるというのでソ皇子は落ち着かず、酒を飲もうとしない天胤にひとまず安心する。
言葉遊びの順番でいつ天胤が杯を空けるかと気が気でないソ皇子だが、ペガ、ウク、ジョンと回り、何も答えられないジョンの代わりに策士家のウォンが答えると、場は和み、この場で人が倒れるとは想像もできない。

その時、具合の悪い天胤を気遣ったユ皇后は菊花茶を命じ、酒ではなく茶の杯に毒が盛ってあると気付いたソは、心煩わせた兄に詫びたいと3杯の杯をかたむけ、菊花茶で忠誠を誓おうとする。

ヘ・スから渡された杯を落としたソは、油菓子で手が滑ったと言い訳し杯を替えさせるが、毒が盛られていたのは菊花茶のほうだった。

天胤の健康、武運、兄弟の絆を誓ったソ皇子は、しびれくる体の震えにこらえ、2杯目、3杯目の菊花茶を受け取り、ソの真心を受けた天胤は弟を都に残してほしいと太祖に頼む。

ヘ・スに毒入り茶を運ばせるよう仕向けたヨナ皇女は、大切なソ皇子の口に毒が注がれるのを黙って見ているしかなく、母ユ皇后は、我が子がどこまで持ちこたえられるのかと、興味本位の視線を注ぐ。

息子たちの麗しい絆に感じ入った太祖は、しばしの退席を願いでるソ皇子を快く許し、父王に背を向けた彼は、湧き上がる血をこらえ、重い足を動かす。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←14話     16話→

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~BSジャパン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 被告人

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ