韓国ドラマ・熱愛・あらすじ44話

熱愛

今回の韓国ドラマはこちら!
熱愛
さっそく44話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、熱愛・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・熱愛・あらすじ44話

何も食べられず吐いてばかりのユジョンを家に一人置いておけないテヤンはムヨルに相談する。 ユジョン家族に罪悪感を持つムヨルの祖母は当分、自分が彼女の世話をしたい、と言い出し、ウンスクたちとユジョンの所へ行く。

その頃、ナンチョもまた、ユジョンの事が心配で彼女を尋ねる。
 ユジョンに謝り、刑務所で罪を償う、と言ってもユジョンの恨みは消えず、「お腹の子供のためにも罪のないスヒョクとだけは今まで通り家族でいてほしい。」と頼むナンチョの言葉は残酷に響くだけ。 両親を殺した人に心を許し、母と慕った事がユジョンには許せない。
 そこへ、ユジョンを心配して来たボクヒにナンチョは蔑まれ、警察に捕まったのは当然の報い、と笑われるが、自分の男を金で釣り、罪をかぶせ刑務所に入れ、用済みになれば捨てようとした、とナンチョはムンドの弁護をする。
ナンチョがボクヒを責めるのは耐え難く、ユジョンは「いい加減にしてください。」と叫び、その場で気を失う。

病院で診察を受けた後、ボクヒたちはユジョンを家に連れ帰る。流産の危険があるものの祖母は「この子はみかけより強いわ。」とムヨルを安心させる。

兄夫婦の犯罪を知ったムニは、ムヨルに謝り、そして子供の頃から家長として家族を養わなくてはいけなかった兄を哀れに感じる、と説明する。
 しかし、ムヨルは「環境のせいにするにはあまりにも悪質すぎる。」と怒り、「僕の愛する人を奪った、あの人の事はどうしても許せない。」と帰っていく。

ムニは大切に何不自由なく育ててくれた兄の苦労を初めて知り、「私は兄さんに何もしてあげなかったわ。」と嘆く。
 両親にムニの事を話したジョンヒョクは、「無一文になっても僕の気持ちは変わりません。」と彼女を抱きしめる。

取り調べを終えたムンドは家に帰る時間も惜しみ迎えに来たスヒョクと時間が無いから、と会社に行く。
弁護士から実刑5年は覚悟するよう言われたムンドは自分のいない間会社を任せたい、とスヒョクに話す。
「経験もあるし、お前ならやれる。」

キム秘書は臨時株主総会が開かれたとムンドを呼び、勝手に会長解任案を出す理事たちにムンドは怒る。
株価下落、売上減少、その上資金難で危機的状況、と理事たちはムンドに実刑がくだされる前に会長職を解こうとする。
コン理事は「ヤン会長の遺言状が偽物ならカン会長を認めることはできません。」
 と実力行使に出て、ムンドは「どんな代償を払うことになるか覚悟するんだな。」と自分らの罪を隠しムンドを責める古狸たちに啖呵を切る。

ムンドは理事たちは抑えこむとスヒョクに約束し、「私のいない5年間、会社を守り通。せ。」と、スヒョクに任せる。

神経の過敏なナンチョは今の状況に耐えられず、精神安定剤を飲み、酒に溺れる。
帰宅したスヒョクは言動のおかしい母を心配し、自分のせいで息子の唯一の幸せ、ユジョンが離れていったことを母は詫びる。「かわいそうな子、ごめんね。」

目覚めたユジョンはボクヒの家に世話になるわけにはいかない、と遠慮するが、「10年前、だって、うちに関わらなければ 事故は起きなかった。」とボクヒは謝り事実を知りながら今まで隠していた事も申し訳ない、と謝罪する。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

 ユジョンがムヨルに連れていかれた、と聞いたスヒョクはムヨルの実家を訪ね、止めるボクヒに構わず家に上がり込む。
 「ユジョン、どこにいるんだ?」
騒ぐスヒョクに部屋を出てきたユジョンは「お腹の子は流産したわ。」と嘘をつき「いったい、何人殺せば気が済むの。」とスヒョクをなじる。

償還まで、あと2日しかない、というのに銀行から300億ウォンの融資延長を断られたムンドは金策に奔走する。

キム秘書から、資金繰りがつかないと連絡を受けたスヒョクは「自分がなんとかする。」と答え、借金業者に追加融資を申請する。

ペクの祖父は孫の交際相手に会いたくて、ウンスクを家に連れて来させる。
彼は、ウンスクを気に入り、「ヨンフンは一度惚れたら一生気持ちを変えない男だ。」と彼女を安心させる。
 食事中にもかかわらず秘書が持ってきた書類を見て、祖父は「こいつら正気か?」と書類をペクに見せる。
”シンソン乳業 追加資金申請書”
意見を求められたペクは、「まず前回の資金を回収すべきだ。」と答え、金貸し業の鉄則を心得た孫を祖父は褒める。

ウンスクと食事ができ一緒にお茶が飲めるのは幸せだとペクは遠回しにプロポーズするが、ウンスクは自分の幸せよりも、まず傷ついた息子を先に結婚させたい、と答える。

ムンドは手当たり次第銀行を回り成果の得られない状況で、やっと同じ状況に苦しんだスヒョクの気持ちを察する。「こんな大変な状況をあいつは乗り越えたのか。」とスヒョクを見直すムンドであったが、彼が借りた借金業者の件が大変な事なっていると報告を受け、またしてもスヒョクに失望する。

スヒョクを呼び出したムンドは「担保にした株で借金業者が堂々と株主として意見を言える。」と怒り、「信用しようとしても失望させられてばかりだ。」とスヒョクを責める。
「責任をとれ! 何としてでも返済するんだ。」と活を入れられたスヒョクだが・・・。

「今、会わねば、当分会えないだろう。」と父から連絡を受けたムヨルは、ふらふらの足で屋上に向かうスヒョクを見かける。

「結局これが俺の末路か。母さん父さん すまない。」「ユジョン ごめんな。」
スヒョクは柵を越え、僅かな隙間のコンクリートを歩く。
 闇に包まれたスヒョクは下界を見つめ広がるネオンに・・・

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「熱愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←43話     45話→

熱愛・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ