韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ21話

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ21話

雲が描いた月明かり

今回の韓国ドラマはこちら!
雲が描いた月明かり
さっそく21話をご覧ください
雲が描いた月明かり あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 雲が描いた月明かり あらすじ21話

「お前だけを信じる どんな嘘でも信じる」
世子はラオンの気持ちを確かめようとするが、これは罠だという知らせが届き、世子はラオンをビョンヨンに託し、一人その場に残る。

民家に突入した刑曹判書は、一人背を向けている世子に刀を向け謀反の罪に問おうとするが、そこにはホン・ラオンの姿はなく、世子に刀を向けてしまった刑曹判書は逆賊と接触した者を捕らえにきたと苦しい言い訳をする。

ラオンを安全な場所に移したビョンヨンは、彼女に会いたいという世子に居場所を教えず、ラオンに会えば彼女が苦しむことになると世子を説得する。

王妃は世子嬪候補に残ったハヨンのあいさつを受けると、世子に忠実な彼女に、婚姻の日取りが決まらないのは、世子が何かと理由をつけては婚姻を拒んでいるんだと嫌がらせをし、世子の意中の人は、宮廷からいなくなった美しき内官だと耳打ちする。

ビョンヨンはラオンの潜伏先を白雲会にも教えず、自分が駆けつけたときには、もう逃げたあとだったと嘘をつく。
世子をおびき出した文が尚膳の名であったことから、白雲会の中では領議政に密通している者がいると、不信感がただよう。

世子は書台の上に文を置いた女官を問い詰め、文を託した男の似顔絵を作る。

白雲会を裏切ったチャン・ギベクは領議政に寝返るが、仲間を簡単に裏切るようなやつは同じ事をするに違いないと領議政にも信用されない。

もともとカネのためにやったことだと開き直るギベクにキム・ウィギョは報酬の田畑をちらつかせ、ホン・ラオンを連れてきたら渡してやると要求を追加する。

王妃が捨てた乳児を奪い取ったユンソンは、赤ん坊を妓房に預け、親のいない子だと偽り育てさせる。

ラオンを見つけたチャン・ギベクは母親ともども彼女を拉致しようとするが、ビョンヨンに見つかり、ホン・ラオンを襲ったことがバレてしまう。

王妃が産んだお子が偽物だと知らない領議政は、きれいなお顔立ちだと王子の誕生を祝福するが、我が子を捨てて幸せそうにしている王妃に、ユンソンは「本当に幸せですか」ときつい言葉を突きつけ、こんな茶番には付き合っていられないと部屋を出ていく。

ビョンヨンは、キム・ウィギョと密通しているチャン・ギベクを確認し、組織の裏切り者だと彼を問い詰めるが、世子に間者であることが知られてもいいのかと逆に脅される。

スポンサーリンク

争っているキム別監(ビョンヨン)を見つけた兵士は、チャン・ギベクがお尋ね者となっていると説明し、世子命令で捕らえる。

ラオンに会いにきた尚膳は、ホン・ギョンネの同志であることを明かし、謀反に加わりたくないというラオンに、縁を切ることが世子のためになるんだと訴える。

チャン・ギベクが口を割るのではと恐れたキム・ウィギョは、投獄されている彼を殺そうと医官を連れてやってくるが、世子に現場を押さえられ、内禁衛将でも知らないチャン・ギベクがどうして罪人だと分かったのかと追いつめられる。

世子は、キム・ウィギョたちの前でチャン・ギベクを取り調べようとするが、罪人はすでに何者かによって殺され、事切れてきた。

一連の事件で疑いをかけられた領議政は官服を脱いで無実を訴え、彼にならったキム一族ら高官すべて辞職を願い出る。

都下の至る所に大逆罪人ホン・ラオンのお尋ね紙が張り出され、ラオンが都に隠れて暮らすのが厳しくなってくると、世子は彼女が遠くへ行く前に一度だけ会わせてほしいとビョンヨンに頼む。

娘の似顔絵が都中に張り出されると、母は清でも島でも、誰も知らない所へ行こうとラオンを誘い、世子と一生会えない覚悟を決めたラオンは、彼が負い目を感じないようにきちんと別れを告げたいと母に頼む。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「雲が描いた月明かり」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←20話     22話→

雲が描いた月明かり あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「雲が描いた月明かり」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

雲が描いた月明かり 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ