韓国ドラマ 恋する泥棒 あらすじ63話+64話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は恋する泥棒のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 63話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 64話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
た坊助2

それではさっそく63話のあらすじからお楽しみください!

恋する泥棒 あらすじ63話

出勤前に身だしなみを整えるソジュとドルモク。

家の前でイチャイチャしてキスしていた二人は、機嫌悪く家を出てきたジョンヒに見られそうになる。笑

一方、チョンムングループの会長の座を手に入れたジュンテ。

初めてホン会長と会った時は絶対に届かない場所だと思ったが、姉妹を抑えてついに自分の物にした。

満足気に会長イスに座るジュンテは、株価が暴落した今だからこそ、盤石の状態にするために買い占めのチャンスだと資金繰りを指示する。

ジュニに対して、信じていると言いながら疑いの眼差しを向けるジュンテは、チェ部長を監視に置き、「チェ・テソクから荷物が届くはずだ。それを私のところに持ってこい。」と指示する。

た坊助2

会長の座にご満悦のジュンテがむかつくぜ・・・。
そして、この期に及んでジュニを疑うという周到っぷり。
(・д・)チッ
さっさとなんかやらかして捕まれ!笑

ジョンへの部屋からモンタージュを見つけたファヨンは、失踪児童センターに行き、親戚のふりをして幼い頃の写真を見せてもらおうとする。

しかし「個人情報なので」と係員に断れてしまい写真を見ることができなかった。

スポンサーリンク

ファヨンは部屋に何気なくモンタージュ写真をそのままに置いていて、それをみたシネが「なんでこんな写真持ってるの?っていうか、これチャン弁護士じゃない。」と気づいてしまう。

た坊助2

ファヨンとシネが、モンタージュ写真の謎に気づいてしまいました。
ジョンへの素性も時期にバレてしまいそうです・・・。

その頃、母探しを諦めていないドルモクは、母と共通点が多い”グレース・ミン”という女性の存在を知る。

グレース・ミンが代表を務めるSHキャピタルという会社に行ってみるドルモク。

その頃、息子が会社に来たことを部下に教えてもらったジョンへは、さっと身を隠して不在を装う。

母を探しているというドルモクに「人違いだと思います」とジョンへの部下は説明し、それを聞いたドルモクはまた人違いだったのかと悲しくなる。

た坊助2

合ってるんだよドルモク・・・。
もう少しでちゃんと再会できるはずだから。
もう少しの辛抱だよ。

一方、ジュニのデスクを漁るチェ部長。

ちょうどチェ・テソクからの郵便が届き、ジュニに見つからないよう小包を持ち去る。

中身を確認したチェ部長は、「検事長が人殺しをした証拠だ」と書かれたメモと一緒に入っていたネガを手に入れる。

た坊助2

いやぁ、一番微妙な奴に渡ってしまった・・・。
どうせすぐに奪われて殺されるでしょ・・・。
その前にジュニかドルモクが気づいて取り返さないと。

大胆にスリットが入った服を着てデートに出かけるジョンヒ。

気になって後をついてきてしまったパンスは、少し離れた席に座ってジャージャー面をすする。笑

食事を終えた二人は店を出た後、「私の気持ちです」と積極的に手を握りキスしようとするヤン先生。笑
(ヤン先生=デートの相手。)

ついに耐えかねたパンスは走っていき、そのままヤン先生に飛び蹴り。笑

「腹が立つんですよ!」

「なんで腹が立つの?」

「チキショウ・・・好きだからですよ!」

ついにパンスはジョンヒに告白してしまう。笑

た坊助喜

キタ――(゚∀゚)――!!笑
ついにパンス告白しちゃった。笑
あと、このおじさん、ヤン先生だっけ?
前はチン先生って名乗ってなかったっけ?
別人か?
ま、その辺はどうでもいいか。笑

ジョンへの事を怪しむファヨンは、隙を見て彼女の携帯を見る。

ドルモクとソジュから「お盆は一緒に過ごしましょう」と画像が送られてきており、深い仲なのだと感づく。

63話の感想

た坊助た坊助

あぁ・・・、ジョンへの素性がバレてしまう。。。
復讐を終えるまでバレないでくれ。。。
それにしても、パンスはついに告白しちゃいましたね。笑
ずっと気になってたんでスッキリ。笑
口では嫌がっても、本当は気になってたんですね。笑

恋する泥棒 あらすじ64話

ホン会長の解剖結果がでて、死因はフグの毒によって殺されたとわかる。

殺される寸前、自分の携帯で動画を撮っていたホン会長。

何者かが部屋にやってきて携帯を伏せるが、停止ボタンは押されておらずそのまま音声が録音されていた。

病室にやってきたのはユン・ジュンテ。

彼が点滴にフグの毒を混入させホン会長を毒殺した。

しかし、音声だけでは証拠として弱く、会長殺しの犯人として捕まえるのは難しい。

た坊助2

ミエ、シネ、チェ・テソクと交互にやってきましたが、彼らが直接手を加えたわけではなく、毒を混入されて瀕死だったホン会長を見殺しにしたというのが真実のようです。

ジョンへがドルモクの母なのではと感づいたシネ。

言い合いになった勢いで髪の毛をむしり取り持ち帰る。

スポンサーリンク

「あなたの母を見つけることができたら、私に秘密資金をくれないかしら?」

シネはドルモクに交渉を持ち掛け、秘密資金を得ようとする。

た坊助2

DNA検査で証明しようと考えているみたい。
だから髪の毛引っこ抜いてたんだ。

一方、告白されたジョンヒだったが、つれないパンスの態度にモヤモヤ。

「告白したんだから態度で示してよ」と迫るが、「この歳で色恋なんて息子に何て言われるか怖い・・・。」とパンスはモジモジ。笑

た坊助2

ハギョンの時もそうでしたけど、パンスは尻に敷かれてしまうんだな。笑

ネガを手に入れたチェ部長は強気になり、これをもとにジュンテに金を要求する。

ジュンテが「お前の不正は私が握っているんだぞ」と脅しても、「不正なんて殺人に比べれば大したことない。失うものが多いのはそちらだ」とチェ部長は脅しに屈しない。

た坊助2

チェ部長殺されなきゃいいけど・・・。

ドルモクの元を訪れたジョンへは、ジュニが兄弟だと知り急いで部下に電話をかける。

「今すぐ中止してちょうだい!」

復讐のために邪魔なジュニを排除しようとしていたらしいが、ドルモクの兄弟だと知り急いで計画を中止する。

た坊助焦

排除するって、まさか殺そうとしてたわけじゃないよね・・・?

「あなたは手を引いてちょうだい。」

お互いの事を心配し合うドルモクとジョンへは「復讐は私に任せて」と言いあう。

た坊助2

ジュンテは危険な男なので、復讐から身を引かせたいのはお互いの思いです。
自分に任せてほしいと言っても、すんなり認められないですよね・・・。

ネガを入手できたと思ったジュンテだったが、現像するとそれは偽物だった。

た坊助2

どうやらジュニが仕組んだ?
これを機に、ジュンテもチェ部長も両方逮捕しようとしてる。

スポンサーリンク

食事しようとみんなを外食に誘ったドルモク。

ドルモクよりも先に到着していたみんなの前で、ジョンヒとの交際を発表するパンス。

「交際だったら遠慮するわ」とジョンヒは拒み、「ええい、だったら結婚だ!」となかばやけくそに結婚を決めるパンス。笑

た坊助喜

おめでとうございます。笑

母だとバレないよう気を張ってきたジョンへだったが、グレース・ミンとの共通点を疑うドルモクは、ソンジンから教えてもらった情報を元に、彼女が母親だと気づいてしまう。

た坊助2

幼い頃に息子を亡くしたとか、先日のジョンへが言っていた「母親にはわかるのよ」って発言だったり、今思い返せば母親だと思わせる言動に気づいた。

「家の前まで来ています。会えませんか?」

ドルモクはメールを送るが「今出て行ったら怪しまれる。明日にしてちょうだい」と断るジョンへ。

「だったら一つだけ質問させてください。あなたが僕の母親ですね?」

ジョンへは画面を見つめ息を詰まらせる。

64話の感想

た坊助た坊助

ついにドルモクが母の存在に気づきました。
ジョンへもこれ以上隠さずに、本当の事を言ってしまった方がいいと思うんだが。。。

恋する泥棒 あらすじの続き 一覧

「恋する泥棒」前後のお話はこちらから

←61~62話     65~66話→

「恋する泥棒」各話の一覧はこちらから

『恋する泥棒』のあらすじ一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「恋する泥棒」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

恋する泥棒 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆