韓国ドラマ・貴婦人・あらすじ
109~110話

貴婦人

今回の韓国ドラマはこちら!
貴婦人
さっそく109~110話をご覧ください(^O^)
概要はこちらから
それではさっそく、貴婦人・あらすじです!

【スポンサードリンク】

韓国ドラマ・貴婦人・あらすじ109~110話

ヨンミンはペク代表の提案を受け入れる。

ジョンミンがユヌの実の父親だと知るペク代表の母親。

ペク代表がミル化粧品の下請け会社の新聞記事を載せたと知るジョンミン。
ジョンミンはペク代表に電話するが、会う必要なないと断られる。

ミョンガ百貨店のミル化粧品売場をなんとか守ろうとするシネに、
放棄しようと言うヨンミン。
ジョンミンの問題から解決しなければならないと言う。
なぜかと聞くシネに、信じてついて来てくれと言うヨンミン。

ペク代表はジョンミンの不正行為の証拠をヨンミンに渡す。
なぜ今更ジョンミンを裏切るのかと聞くと、
決してしてはならないことをしたと言うペク代表。
出て行くヨンミンを見かけるジョンミン。

ペク代表の母親はミナに、ユヌを連れて実家で休んで来いと言う。
寝ているユヌを起こしてまで今すぐ連れて行けと言う。
デヨンの行事にも出てくるなと言う。
姑の態度がおかしいと言う。

百貨店とミル化粧品の問題で、訴訟をすると言うシネに、
そんな時間にジョンミンを止めろと言うミナ。
ファヨンと連絡取れるかというシネに、ファヨンはダメだと言うミナ。
この問題はジョンミンとミナ、ファヨンのために起こったのだと言うシネ。

ヨンミンはジョンミンの不正行為の証拠をチヌクに見せる。
これで十分法的処分を受けるだろうと言う。
シネのためにシネには内緒にして欲しいと言う。

ソンジュがホームショッピングの持分を確保しつつあると言う。
ジョンミンの持分が足りないと言う。
もっと確保しろ、資金は自分が準備すると言う。

ジョンミンはヨンミンに、兄さんを助けるという人を信じるなと言う。
そんなことは関係ないから、理事会を早く招集しろと言う。

ミョンスンはミル化粧品がミョンガ百貨店撤収の話を聞いて、
ヨンミンにどうなっているんだとたて突く。
僕を信じて何もしないでくださいと言うヨンミン。

ジョンミンはシネに、ヨンミンが誰かと何かをたくらんでいるが、
それが誰か知ればシネも驚くでしょうと言う。

ジョンミンはソンジュを訪ねる。
ホームショッピングの持分をもっと買い占めるつもりなのかと聞く。
おまえは雇われ社長だから、自分の仕事をしろと言うソンジュ。

チヌクの事務所でヨンミンと相談していると、シネが入ってくる。
ペク代表にもらった書類かと聞くシネ。
ミョンガ百貨店からのミル化粧品の撤収と取引したのかと言う。
この後ペク代表は何を要求してくるか分からないと言うシネ。
まずジョンミンを止めないといけないと言うヨンミン。
僕を信じてくれと言う。

ローヤル百貨店との取引件で検察調査に呼ばれるソンジュ。

ペク代表の母親に頼みに来たミナは、ペク代表の母親がユヌの父親が
ジョンミンだと知っていることを知る。

ヨンミンにペク代表を信じるなと言うジョンミン。
下請け会社の新聞記事を載せたのはペク代表だ。

ソンジュはペク代表の母親に会いに行く。
ミナの離婚問題を話すペク代表の母に、
ファヨンのことを言い離婚問題をいえないように妨げるソンジュ。

ミナはジョンミンに、どこまでするつもりなのか。
ユヌの父親でありながらユヌの祖母ソンジュを訴えるなんて。
これ以上何かすれば許さないと言う。

ミナはシネに、ミル化粧品は撤収しなくて良いと言う。
私はジョンミンと争う。
シネ、ファヨンに会いたがっていたでしょ?と言うミナ。

ペク代表はソンジュの検察出頭に同行すると言う。
ソンジュはファヨンのお腹の子供のことを知っている。
今は何もしないで欲しいと母親に言う。

ペク代表はソンジュと一緒に検察に出頭する。

ペク代表の母親がジョンミンに会おうと言う。

シネはジョンミンに、ヨンミンがペク代表と協力するのを止めて欲しいと言う。

ローヤル百貨店のソン社長が他の会社に言って、
うちのホームショッピングと契約しないようにという動きがあると言う。
それを聞き、驚くジョンミン。

ホームショッピングでジョンミンの再信任案を検討しているという。
今はミョンガの持分の買占めより、ホームショッピングに集中しろと命令するジョンミン。

シネはミナと一緒にファヨンに会う。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「貴婦人」前後の話はページ下からどうぞ(^O^)

【スポンサードリンク】

←107~108話     111~112話→

韓国ドラマ・貴婦人・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ