韓国ドラマ ファンタスティック あらすじ21話

韓国ドラマ ファンタスティック あらすじ21話

ファンタスティック

今回の韓国ドラマはこちら!
ファンタスティック
さっそく21話をご覧ください
ファンタスティック あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ ファンタスティック あらすじ21話

ソヘがやってくるまで、なんとか持ちこたえていたホン先生は、彼女が別れを口にし先生の手を握ると、安心したように息を引き取る。

さよならパーティーは、ホン先生のお葬式だった。
大切な人たちへの招待状を用意していたホン先生は、集まってくれた人たちに生前録画していた元気いっぱいのメッセージを聞かせる。

お別れの言葉を綴った彼は、第2部と称してソヘとヘソンに結婚祝いを贈り、二人の手にボリビア行きの航空券が渡される。
「生きている間は、今日という日がプレゼントされます。その日々を大切にし、幸せに生きてください。」

ホン先生から素敵な贈り物を受け取ったソヘは、今度は自分の番だと決心し、残される人たちのために贈り物を準備する。

“ファンタスティックキャンサー”
ガン患者としてブログを始め、ホン先生に教えてもらった今生きることの大切さを言葉に残し綴っていくソヘ。
ファンタスティックな恋人リュ・ヘソンとともに。

結婚式は沖縄に決め、同棲していながらまだ初夜を迎えていなかったソヘは、特別な日のためにソルたちとランジェリーを買いにいく。
男たちだけで最後の夜を楽しむヘソンは、何かと精の付く料理を食べさせられ、強いお酒を飲んで弾けとぶ。

明日に結婚式をひかえ幸せ絶頂のソヘたち。
悪知恵を働かせたチェ社長は、携帯を落としたと嘘をつきヘソンの犯罪写真をネットに流す。
秘密が漏れれば契約金の3倍の違約金。
携帯を落としたと主張するチェ社長は、自分も被害者だと言い逃れる。

リュ・ヘソンが麻薬の運び屋だったということでドラマは打ち切りがささやかれ、対応に追われたソヘは結婚式どころでなくなる。

すでに罪を償った20年以上前の事件といってもお堅い局のお偉方は、世論を無視できないとクビを縦に振らず、16話完結のドラマを無理やり6話で終わらせろと言われたソヘは、諦めきれずテレビ以外の配信方法を探る。

ホン先生に蘇生術を教えてもらったヘソンも、ここでへこたれてなるものかと、儲け度外視でネットでの放送を考える。

麻薬運び屋の汚名がついたヘソンには、麻薬使用および密輸の疑いがかかり、通報を受けた捜査官がマンションまで押しかけてくる。
任意同行を求められたヘソンは、疑いを晴らすためにも求めに応じ、潔く捜査に協力する。

スポンサーリンク

一方、サンウクはジンテ一家を脱税容疑で告発するが、ジンテの母親は、つじつま合わせの帳簿を作り直し、認知症を演じて診断書を手に入れる。
母が書いた帳簿は認知症のせいだと裏付け、ソルが帳簿を告発しても脱税は暴けないと対策を講じるジンテ。

知り合いの検事から脱税で告訴されていると聞いたジンテは、ソルをうつ病に仕立て、穏便にすませてほしいと頼み込む。
認知症の母にうつ病の妻、キム・サンウクは妻の浮気相手だと言われた検事は、ジンテの言葉を信じ、彼の買収に応じる。

検察に呼び出されたサンウクは、二人の不倫関係を疑う検事から弁護士としての将来にかかわると脅され、告訴を取り下げるように強要されるが、チェ・ジンテ代表と大学院の同期である検事に理不尽な脅しを受けたサンウクは、「あなたのほうこそ検事の品位を損なう行動ですよ」と言い返し、告訴は取り下げないと宣言する。

ヘソンのおばあちゃんと同じ療養院にいるソルの母親は、親切にしてくれたヘソンを娘の彼氏だと言いふらし、既婚者がヘソンの彼女であるはずがないと怒ったおばあちゃんがヘソンのマンションへやってくる。

出迎えた女性がヘソンの初恋イ・ソヘだと知ると、誤解の解けたおばあちゃんは、すぐに結婚してひ孫の顔がみたいと先走る。

隠し事したくないソヘが、ガンにかかっていることを明かすと、おばあちゃんはふて寝してしまい、突然起きだした彼女は、料理のできないソヘにワカメスープの作り方を調教する。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ファンタスティック~君がくれた奇跡~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←20話     22話→

ファンタスティック あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「ファンタスティック」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

ファンタスティック~君がくれた奇跡~ BSフジ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 魔女宝鑑

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ