韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ42話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく42話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ42話

チョロンのためにとジャンミがケーキの差し入れを持ってくると、二人の親密そうな関係にジュヨンは、ジャンミがチョロンの母親だと感付いてしまう。

待ちに待った夫の出張にサービス満点で送り出したグムジャ。
スリョン夫婦に一度は手料理を食べさせたかったグムジャは、姑に口止めとしてシネの事件を話し食事会を許してもらう。
さすがだてに長生きしていないパンシルは、グムジャの話を聞いただけでシネが本妻に計画的に呼び出され濡れ衣を着せられたと見破る。

チャドルの将来性に期待するヨングクは、彼の会社にガンホグループとして投資を約束し、収益の1部を本社に納めることで契約を交わす。

ガンホグループから資金を得られるとなると、工場社長にも信用ができ、気に入ったデザインをどんどん制作できる。

家族の手前ネックレスを断れなかったジャンミは、シェユン会長に会い受け取ることはできないとネックレスをお返しする。
意外と押しの強いシェユン会長は、ジャンミの家族と接していると忘れていた家族の温かさに触れられると話し、友達づきあいでいいからとジャンミに交際を申し込む。

ヨンファの誤解をどうしても解くきたいシネは、彼女に直接会い、ヨングクとは食事する程度の友達関係だと訴えるが、二人でモーテルに入った証拠写真を持っているヨンファは、シネの言葉など一切信用できず彼女が計画的に近づいて離婚させようとしたと思い込む。

ヨングクと外泊しておきながら、酒に酔った彼を介抱していただけと弁解するシネに我慢できないピルスンは、シネを罵り水をぶっかける。調度帰宅してきたヨングクは、義母の横暴な振る舞いに腹を立て、妻のいる前でシネをかばい彼女を助け出す。

どんなに貧しくても人様の物に手をつけたことがないシネは子供たちに胸張れる母親でいたいと誤解を解こうとしたが、ヨンファの疑いは深まるばかりで悔し涙がこぼれる。

マンジョンの出張中に食事に招待されたスリョン夫婦は、お目付役ピルスンが承諾したと聞き、家族として認められたと喜び勇んでやってくる。

スリョン夫婦のためとはいえ超豪華手料理にありつけるパンシルは、まんざらでもなくスリョンが選んだセンスあるスカーフをプレゼントされ正直嬉しい。
そこへ、やっぱり帰ってきた主マンジョン。突風で飛行機が欠航とかで帰ってきたマンジョンは、美味しそうな水炊きの香りに、お腹ぺこぺこ。

スポンサーリンク

取りあえず手を洗って服を着替えなさいと母に説得されたマンジョンは仕方なく部屋に行き、パンシルはその間にスリョン夫婦を帰らせる。(何も食べれなかった・・・)
食事が食べられなくても、義母の気持ちや許してくれた義祖母が嬉しいガンテは、「最高の気分だよ」とスリョンを慰める。

ヨンファのことで滅入っていたシネは、ガンホグループが将来性のある会社としてチャドルを選び投資してくれると聞くと、もやもやが吹っ飛び子供たちのためにも濡れ衣を晴らそうと考える。

新商品のスニーカーが出来上がり、チャドルは信頼してくれたヨングク会長に真っ先に見せスニーカーをプレゼントする。

本社で偶然にもチャドルを見かけたヨンファは、チョロンのお見舞いに行っても退院した後だったと寂しがり、チャドルから名刺をもらう。

チョロンからそり滑りに行きたいと言われたジャンミは、怪我でもさせたら大変だとチャドルも一緒に行ってほしいと頼む。

家政婦がヨンファの部屋から封筒らしき物を持ち出てくるのを見たヨングクは、指輪事件には裏があると考え、「ウソを突き通せばタダでは済まない」と家政婦を叱責する。
家政婦はヨンファから頼まれシネのかばんに指輪を入れたと白状し、シネがヨンファの部屋に入ったと偽証したことを打ち明ける。

「無実を証明してやる」とヨングクの家につれてこられたシネ。
ヨングクは帰宅してきたヨンファ母娘に「彼女に謝罪しろ」と命令する。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←41話     43話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ