韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ23話

バラ色の恋人たち

今回の韓国ドラマはこちら!
バラ色の恋人たち
さっそく23話をご覧ください
バラ色の恋人たち・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・バラ色の恋人たち・あらすじ23話

ペク家を訪れるガンテはスーツに着替え、果物や花束を用意して挨拶に備える。

スリョンのおかげでグムジャは腕によりをかけ手料理を作り、久しぶりにまともな食事にありつけるパンシル母息子は美味しそうな匂いをかぐだけでヨダレがでそう。

スリョンの相手がガンホグループより凄い男であるはずがないと、期待していなかったマンジョンは、約束の時間より早く届けられたチルソングループ、イ・ジェユン会長からの花束に度肝を抜かれる。

先日、ジャンミを助けてくれたお礼にジェユン会長に餅を差し入れたマンジョン母息子は、直筆で書かれた返礼に、ジャンミに気があるのではと、期待が膨らむ。

「こんにちは、パク・ガンテです。」スリョンの彼氏が姿を現し、どこか見覚えのある顔に、首をかしげるマンジョン母息子。
グムジャは、シネの息子だと気付き、チャドルの兄だと知ったマンジョンは、ショックで気絶する。

ジャンミの人生を台無しにしたパク家と関わりたくないパンシルは、男と別れる気がないなら家を出ていけとスリョンを責める。

意識を取り戻したマンジョンは、怒りをこらえスリョンの話に耳を傾けるが、ジャンミたちの事件がある以前からガンテと付き合っていたと説明するスリョンは、認めてもらえなければ家を出ていくと、父の期待を裏切る。

横暴な夫の元でも、家族を大切にするマンジョンを認めているグムジャは、ジャンミのためにもガンテとは別れなければいけないとスリョンを諭す。
しかし、柔順で大人しかった長女はどうしても自分の意思を曲げず、やりきれない母はお酒で気を紛らせる。

酔っ払ってパク家に乱入したグムジャは、「息子をだせ~」と暴れ、ガンテが結婚の挨拶に行ったと聞くと、寝ぼけているのかとグムジャをバカにするシネ母娘。
そこへ、のこのこ帰ってきたガンテを見つけ、グムジャは髪をむしり取り、お互いガンテカップルを認められない母親同士は、二人を別れさせると意見が一致する。

スポンサーリンク

 
映画かコケようが世間に馬鹿にされる息子をずっと信じてきたシネは、裏切られた気がするとガンテに怒り、チャドルに申し訳ないと涙ぐむ。

一方、撮影も大詰めを迎え、母親のようにチョロンと接するジャンミに苛立つチャドル。
一刻も早く撮影を終えたい彼は、今日中に残りのシーンも撮ってほしいと監督にお願いするが、出演者がそろっておらず仕方なく予定通りに。
食事のシーンを撮影したチョロンは、ドレッシングに入っていたくるみでアレルギー発作をおこし、ジャンミにも同じように発疹が現れる。

ジャンミはチョロンの治療を優先させ、救急車に乗ることを遠慮するが、監督が無理矢理ジャンミを救急車に乗せる。
チョロンの無事を祈るチャドルは、心配そうに見つめるジャンミの視線を迷惑がり、「君にそんな資格はない。」と腹を立てる。

自分の体質を受け継いだばかりにチョロンが苦しい思いをして申し訳ないジャンミは、チョロンの手を握り、涙を浮かべる。
一時的な気持ちで同情されてもチョロンを傷つけたくないチャドルは、「赤の他人に触れられたくない。」とジャンミの手からチョロンを奪い、彼女を残して去っていく。

兄の恋人がスリョンだと知ったチャドルは、姻戚関係になればチョロンの母親が隠しきれなくなってしまうと心配し、卑劣なマンジョンと家族になることだけは許せないと兄の交際を反対する。

ヨングクに恩を受けた元運転手の娘、チャン・ソヨンは、お礼に自分が描いた絵をプレゼントし、彼女の成長を喜ぶヨングク。
親しみを込めて抱擁したところを、彼を監視していた便利屋が写真に収め、ピルスンに報告する。

夫の浮気相手がソヨンと聞き写真を見せられたヨンファは、彼女を自宅に呼びつける。
父娘ともに格別の恩恵を受けておきながら、ヨングクを寝取るなど怒りのおさまらないピルスンは、ソヨンの話も聞かずいきなりオレンジジュースを浴びせる。

その他、韓国ドラマのあらすじや、
「バラ色の恋人たち」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←22話     24話→

バラ色の恋人たち あらすじ

トップページはこちらから↓

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ