韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ82話+83話+84話

明日も晴れ 韓国ドラマ

今回の韓国ドラマはこちら!
明日も晴れ
さっそく82~84話をご覧ください
明日も晴れ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ82話

スジョンの写真を握り潰しポケットに収めたソニは、気軽に家の中まで入ってくるハニを非常識だと責め、親のしつけがなっていないからこんなことをするのだとウネのことまで侮辱する。

ジニはシャワーを浴びており、二人のバトルを知らず、鍋を取りにきたハニに、「こちらから持っていったのに」と恐縮するが、“姉さんは本音が言えないだけで本当は困っているのよ”と怒られたハニは、ジニから夕食に誘うと言われても、言葉どおりに受け取れず、よそよそしく帰っていく。

スジョンの写真が額の中ではなく外にぽっと置いてあったのは、こういうことだったんですね。
額縁の中に入っていたら、そう簡単に取り出せないもん。

スポンサーリンク

スジョンの写真を持ち帰ったソニは、母に声も掛けず自室に入り写真を引きちぎるが、様子のおかしいソニを見ていた母は、「今何を隠したの?」と追求してくる。

破いているところまで見られたソニは、言い訳に困ると、突然泣き叫び、思いつく限りの悪口で母を責める。

ソニがやっていることは誘拐犯よりひどい。

会いたい気持ちをどうにも抑えられないジウンは、一人でお酒を飲み、苦しみに耐えていた。

ドギョンの声が聞こえたような気がしたので振り向いてみると、彼は仕事の関係でバーに来ておりちょうど帰るところ。

女性たちを送りに外へ出たドギョンは、ジウンを心配して戻ってくれるが、よりを戻してくれるという意味ではなく、無意味な優しさは余計に傷つくとジウンは怒る。

翌朝になってスジョンの写真がなくなっていることに気付いたジニは、どこを捜しても見つからずソニに尋ね、彼女は鍋を取りにきたカン・ハニが持ってかえったんじゃないかと罪を着せる。

そんなことしてジニがハニに聞いたら、余計ヤバくないか?

毎日工場に通っても社長の気持ちは変わらず、今日が期限だというと、「これで、やっとすっきりできる」と社長は喜ぶ。

そこへ、今日のヘルパーさんが見つからないということで彼の認知症のお母さんが事務所に連れてこられた。

おばあさんは昨日ハニが助けてあげた人。

事情が分かり社長は感謝を口にはするが、仕事の件は別だと言って気持ちは変わらず、おばあさんに気に入られたハニは、社長の気を引こうと、ヘルパーを買って出る。

魂胆みえみえだから、社長もなかなかオッケーしてくれない。

5時半になってもハニからは連絡がなく、キム社長が電話をかけても留守電でつながらない。

ジウンはハニ・アパレルを訪ね、別の商品に差し替えると宣言する。

約束の時間までにはあと30分あったが、それぐらいで何も変わらないとジウンは結論を急ぐ。

数日で大金を用意できるはずがなく、工場が後払いで商品を大量に提供するなんてこともあり得ない。

ジウンの話にキム社長も観念し、迷惑をかけてしまったと謝罪するが、「まだ、期限までには時間があるでしょ」と明るく帰ってきたハニが、代金後払いで承諾してもらえたと喜びの報告を持ってきた。

走ってかえる前に電話を入れましょう!
みんな心配してたんだから。

ウネの義姉が突然訪ねてきた。

彼女はハニが偽物だと知っており、「いつまで同居するつもりなの?」と開口一番冷たく、「稼いだおカネは全部ウネさんに渡しなさいよ」とよそよそしいが、サランに対しては180度態度が違い、抱き合って再会を喜ぶ。

同居の件はなかなか進まず、お母さんを説得し、ようやく週末にジニを招待しようとしたソニ。

姉はハニ家族を夕食に招いており、先約があるから無理だと断られる。

姉を呼び戻すことに失敗したソニは、料理を手伝うということでパク家にやってくるが、結局、料理の一番うまいウネが台所を仕切り、お客さまのはずなのに、彼女が全部料理を作ってくれる。

82話の感想

ウネは、どうして手伝いにきたんだろうか。
上手下手にかかわらず、これは結構失礼なこと。

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ83話

伯母さんに嫌われていると感じたハニは、子どもの頃に何か悪いことでもしたのかとお母さんに聞いてみる。

義姉は整形手術で以前と顔が違い、ウネはそのことをハニにバラすと、「外見に劣等感があるから美人が嫌いなのよ」と母娘そろって伯母さんを笑い物にする。

こんな教育するから、ハニが自己中な娘に育ってしまうのよ。

スポンサーリンク

ちょっとの時間でも離れていたくないと夜通し電話で話すほどの仲になっておきながら、K1でハンギョルに親しく声を掛けると、彼は以前以上に他人行儀に「ファンさんは会議室にいますよ」とお辞儀までしてすれ違う。

逆に不自然や。

みんな働いている時間なら誰もいないかとジニ母は娘の新居にやってきたが、飛び出してきた宅配業者とぶつかり、足をひねってしまう。

ちょうど家にいたハニが気付き、おばあさんの足を氷で冷やし湿布を貼ってあげる。

ハニはジウンと同い年ということもあり、明るく頑張っている彼女を見ると、ジニの若い頃を思い出したおばあさんは話が弾み、すっかり長居してしまう。

自慢の娘であるジニが目標だと言われると、おばあさんは鼻たかだか、ハニがチョコレート好きと聞いて、スジョンのことを思い浮かべる。

おばあさんはジウンに迎えにきてほしいと連絡するが、ハニもドギョンに電話をかけており、二人は鉢合わせになる。

ドギョンを見ておばあさんの顔は曇るが、一人で歩くことができず、彼がおぶって車まで連れていき、結局家までついてきてくれる。

おばあさんが立ち上がるとき、「痛いっ」と言ってハニが思わず手を差し伸べる。
その手を迷惑そうに払いのけるジウン。
いやあ、芸が細かい。

ドギョンはおばあさんをベッドまで運び、その頃には、もうおばあさんの怒りは収まっていた。

ドギョンが帰ろうとするとソニに出くわし、どうしてこんなところにいるのかと罵詈雑言。

見送ろうとするジウンを引き止め、二人はいとこだと言い聞かせる。

ジウンがドギョンと会っていたのではなく、母が姉の家に行ったと聞きソニ愕然。

カン・ハニがジニの夫デソンに似ていると言われ、発狂して母を怒鳴りつける。

どんなに汚い手を使っても、結局はバレてしまうのに。ばかだねえ。

ハニ・アパレルの軽量ダウンコートは大好評。

放送時間内にすべて完売する。

担当してくれたファン・ジウンと一緒に、企画を手伝ったハンギョルも加わり4人で軽い打ち上げ。

キム社長は、ハニのおかげで難を乗り越えられたとハイテンションになり、ラブショットをしようとジョッキを手にするが、年上のキム社長にまで嫉妬したハンギョルが、ガンっとジョッキをテーブルに置き、「ラブショットは愛する人同士がするものですよ」と雰囲気を壊す。

公私混同しないと言っておきながら、これは仕事の飲み会ですよ~。

ハニがトイレに立つとジウンは早々に帰ろうとするが、ジウンのおかげで放送することができたとハニは感謝し、「善人ぶるのはやめて」とジウンは怒る。

それでも、本当にジウンに感謝しているハニは、「社会に出て初めてできた友達、K1で仕事ができるのもあなたのおかげよ」と嫌がるジウンの手を強引に握り、本当に感謝しているのとジウンを凝視する。

ハニがスジョンでなければ、ジウンの苦しみも消えるのに。

テレショップの商品を気に入った伯母さんは、ハニに電話をかけ1着とっておいてほしいと頼んでいた。

ハニは、キープしておくと約束したが、結局完売してしまい、次回の放送前に入荷する分を持ってかえると言い訳するが、せっかちな伯母さんは、「今ないんだったらもういい」とスネてしまい、「どうせ、私が実の伯母じゃないから、大切にしないのね」とハニが他人の子だとしゃべってしまう。

83話の感想

突然やってきた整形伯母さんの登場がどういう意味か分からなかったけど、こういう役割なのね。
結構無理ありますけど。

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ84話

「他人の子なんか育てないほうが・・・。」

ジョムスン伯母さんは、血がつながってないと思うと余計にハニが憎たらしく、他人の子だとバラそうとしているところへ、ウネが帰宅し、びっくりしているハニをお使いに出し、秘密を守れないのなら家から出ていってほしいと本気になって怒る。

こんなこと言われておとなしくお使いになんか行かない。
ハニ、鈍感すぎる。

スポンサーリンク

ソニはドギョンを忘れさせるためにも強引に見合いをさせようとするが、「お母さんと違って、彼は無償の愛を与えてくれた最初で最後の人よ」とジウンは怒り、母を無視する。

恋人ができたらやりたかったこと。

ハニから幾つかの項目を聞いたハンギョルは、まずは同伴出勤を叶えようと朝一番に迎えにきた。

ハニは、同じ会社でもないのに無理だというと、まずは充電が必要だとハニを抱きしめ、出かけようとしていたドギョンに見られる。

ハニは、ドギョンお兄ちゃんにどう思われたかとそればかりを気にし、ハンギョルがスネてしまう。

ドギョンは今フリーですからね。
ハンギョルが嫉妬するのも無理ない。

ウネの義姉ジョムスンとドンソクは同級生。

彼女は義妹に怒られて悔しいとドンソクに愚痴る。

ハニを養女にしてからというもの、弟の事業が傾き、亡くなることになった。

ハニは疫病神だというジョムスンの話に、ウネとかなり親しいはずのドンソクは、何も知らずびっくりする。

ホームショッピングで行われるショーの打ち合わせにジウンはわざわざハニ・アパレルにやってくる。

「次回はK1に伺いますよ」とキム社長は気を遣うが、「私のほうがここに来たいんです」とジウンは、気持ちを隠さず、ドギョンに会いたいオーラを見せる。

ちょうど外回りから帰ってきたドギョンは、前に立っているジウンに気付かないほど下を向いて歩き、当たり障りのいない挨拶をし、そのまま通り過ぎようとするが、思いがまったく薄れていないジウンは、平気なふりなんてできないとつっかかってくる。

血のつながっていない、いとこ同士なら、別に結婚してもいいんじゃないの?
兄妹だったらちょっと引くけど。

以前はジウンとドギョンの熱でむんむんしていた事務所だが、今はハニとハンギョルの熱で暑い。

以前からハニが“ドギョンオッパ”と呼ぶことに嫉妬していたハンギョルは、自分のことはMDとしか呼んでもらえず対抗意識を燃やす。

ドギョンが誕プレに渡したぬいぐるみの数倍はする巨大シロクマをプレゼントすると、ハニを連れてデートに出るが、子どもじみたハンギョルの嫉妬が可愛いとハニはからかい「ハンギョルオッパ~♡」と彼の耳元でささやく。

やっぱり、ハニって男性の扱い慣れているなぁ。

ジウンが見合いをしようとしないので、ソニは、パク・ドギョンのほうを片付けようと、叔母として彼に見合いを強要する。

当然ドギョンには断られるが、彼の事務所にあったハニ・アパレルの新作を見つけると、ドギョンに薬を買いにいかせ、その隙にデザイン画を撮影する。

盗むほうも盗むほうだけど、人が出入りするところに極秘情報のデザインを飾っているハニ・アパレルって危機管理ゼロ。笑

夫婦であっても別々の会社に勤めているためデザイン情報は絶対に見せられない。

次のショーのデザインに困っていたハンナは、ソニから提供されたデザインが夫のものとは思わず、いいヒントだと飛びつき、彼のデザインを元に作品を考える。

ソニは人として失格、アパレル業界人としても失格。
この仕事に就く資格はない。

ソニとソヒョンは親友であってもお互い見栄を張り、夫の仕事をさば読んでいた。

サンフンは大企業理事、ドンソクは塾の校長に復帰。

妻同士の食事会に招かれたドンソクとサンフンは、校長、理事と呼ばれ、吹き出したくなるのをこらえ、お酒を浴びる。

ジウンがスジョンブティックに行くと、ハンナがハニ・アパレルと同じ服をデザインしていた。

母からアイデアをもらったと聞き、ジウンは母の盗作を知るが、ハニ(スジョン)が記憶を取り戻したら大変と母に言いくるめられ、ハニ・アパレル潰しを黙認する。

ハンギョルとデートの待ち合わせをしていると、小さな女の子が水晶を落とし、ハニの足元に転がってきた。

すると今まで見たこともない映像がハニの頭に浮かび・・・。

84話の感想

いよいよですね。
ハニの記憶が戻るのが先か、ジニが見つけるのが先か。
ソニは当然邪魔するだろうけど、ウネも一筋縄ではいかないはず。

明日も晴れ あらすじの続き 一覧

「明日も晴れ」前後のお話はこちらから

←79~81話     85~87話→

「明日も晴れ」各話の一覧はこちらから

『明日も晴れ』あらすじに感想を交えて最終回までレビュー!

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「明日も晴れ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

明日も晴れ 海外ドラマの動画・DVD – TSUTAYA/ツタヤ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 明日も晴れ 韓国ドラマ