韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ22話+23話+24話

明日も晴れ 韓国ドラマ

今回の韓国ドラマはこちら!
明日も晴れ
さっそく22~24話をご覧ください
明日も晴れ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ22話

「親に何の相談もなく会社を辞めたのか!」と、ジングクの雷が落ちる。

ジングクの罵声は2階にまで響き渡り、「お父さんに黙ってなんてことするのよ」とハニのお母さんが二人をなだめようとするが、興奮したジングクはどうにもおさまらない。

「平謝りして会社に戻れ」と強要し、「父さんの操り人形じゃないんだ、僕も自分の夢見る人生を歩みたいよ」と好き勝手なことを言うドギョンを殴りつける。

お父さんとしては心配なんでしょうね。
普段優しい分、怒るとめっちゃ怖い。
o(・ロ・)○()o×)/ばきぃっ!!

スポンサーリンク

翌朝ドギョンは、もうサラリーマンのふりをする必要もなく、ラフな格好で仕事に出かける。

二日酔いにタラのスープを飲むサンフンとエスプレッソを飲むレオ。

好みはまったく違うが「スーッとする」「香りがいい~」と仕草は同じ、意外と馬が合うようだ。

放送に間に合わず商品が売れ残り、キム社長に泣きついてきた業者がいた。

原価分さえ稼げばいいという話にハニは飛びつき、「私が請け負いますよ」と安請け合いするが、商品の数は3万着。

個人が頑張って売れる量ではない。

出しゃばったハニに、社長はかんかん。

素人のくせにとハニを馬鹿にしていたキム社長だが、いつの間にか事務所を用意し、事業資金も助成を受けるという彼女に、ここまで来たら降参するしかない。

怖いもの知らずだからできるんですね。
K1ホームショッピングをあてにしてますが、ジウンが受けてくれなければ大量の在庫の山。
おー怖っ。

仕事を選り好みしてる場合じゃないとジウンに怒られたドンソクは目が覚め、夫としては駄目でも父親としては胸を張れる人生を送りたいと警備員の仕事に就く。

数日ぶりに帰宅したのに、開口一番「なぜ戻ってきたの?」と義母は冷たく、「家族のために 我慢するしかないでしょう」とドンソクも言いたいことを口にする。

女王陛下のように傲慢で、人に気を遣うことがない義母。

就職が決まると態度も大きくなり、ドンソクは今までのうっぷんを義母にぶつける。

仕事が決まり「スーツを用意してくれ」と言われたソニは浮き足だって喜ぶが、夫の話からして大した仕事とは思えず、そんな仕事よりも姉に援助してもらい、もっといい仕事をしましょうと、ドンソクをそそのかす。

夫婦そろって駄目だったんだな。
よくジウンのように、まともな娘が育ったもんだ。

今までのドンソクなら、ここで妻の話に従い楽な道を選んでいた。

「お祖母ちゃんに嫌われても仕方がないわ」という娘の言葉にドンソクの意志は固く、「お義母さんに、絶対に援助の話なんかするな」と妻にガツンと一言、黙らせる。

娘夫婦の手前、別居を解消したハンナの両親。

料理は有料制、掃除、選択は分担制、ベッドの使用も禁じられたサンフンは床に寝るしかない。

なぜか自分だけが損をしている気分。

“アルコール”という言葉に、すぐ“アルコール妖精さん”を連想してしまうようになったジウン。

彼がどうしてるかと気になってかけてみると、秘密を明かす前に父親にバレており、一悶着あったらしい。

読書してストレス解消すると聞き、地味な方法に、ちょっと引けてしまったジウンは彼を連れてマンガ喫茶に行く。

純文学派のドギョンは面食らうが、ストレス発散に分野は関係ない。

タチウオさん(ジウン)と一緒に飲み食いしながらマンガを楽しむ。

ドギョンは結構マンガにはまってしまい、次々と本を選んでいると、ジウンはいつの間にか居眠りしてしまい、ドギョンはフラフラと揺れている彼女の隣に座り、肩を貸してあげる。

22話の感想

サラサラのジウンの髪から、爽やかなシャンプーの香りがしそう。
穏やかな二人の空気感がステキ(゚ー゚) (-.-)zzz

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ23話

タチウオさん(ジウン)に肩を貸していたドギョンも、一緒に寝てしまい、先に目が覚めたジウンは、彼を起こさずそっと先に帰る。

帰りの遅いジウンをお父さんが出迎えてくれ、お父さんが戻ってくれたことをジウンが一番喜ぶ。

18歳で上京し、靴職人の見習いとなって手に職をつけたジングク。

スポンサーリンク

社会の厳しさを知っているからこそ息子には苦労させたくないと望むのに、いくら言ってもドギョンは分かってくれず、夢をかなえたいと言って意地を張る。

スーツを着る職業のことをホワイトカラーというのは知っていたけど、自営業者をブルーカラーというのは知らなかった。
作業服ね、なるほど。

いつものくせでハンナを起こしにいくと、そこは新婚夫婦の部屋。

パジャマ姿のレオにびっくりし、ソヒョンは赤面する。

自宅で居候する利点は、お母さんが全部やってくれること。

ソヒョンが働いていても、それは変わらず、朝食作りもソヒョン一人でてんてこまい。

ハンナはレオにすっぴんを見られたくないからとお化粧に時間がかかる。

ハンナがいつもタメ口で話すため、レオも敬語が使えずハンギョルに注意される。

早く覚えるために夫婦で敬語を使っていると、サンフンもつられてソヒョンに敬語で接する。

○○ヨ、○○○ヨ。「ヨ」を付け足せば敬語になる韓国語、便利だな。

就職するとドンソクの態度は一変し、失礼な義母に対して、朝から威張り散らす。

夫がスーツを着て出かける姿を久しぶりに見たソニは、ほれぼれとする。

「カチッとした制服を着た男の人ってすごくカットよくない?」

ドンソクのお仕事は商店街の警備員。
ソニの願いどおり、カチッとした制服姿には違いないが、給料は雀の涙?

ハニの母親(イム・ウネ)とドンソクは、幼なじみだった。

新任警備員だと紹介されたウネは、ドンソクに気付き、故郷を懐かしむ。

「いつでも寄ってくれればコーヒーぐらいおごるわよ」と30年の空白は一瞬で吹き飛び、あの頃の親しい兄妹のような関係に戻る。

キム・ホチョル社長を事務所に案内しドギョンに紹介したハニは、K1ショッピングとアポが取れているとウソをつき、社長を事業に巻き込む。

引ったくりを殴りつけたハニの印象はジウンにとって強烈で、彼女が電話してくるとすぐに気が付いた。

ハニが会社までやってくると、仕事の話だとジウンは察し、お願い事に耳を傾ける。

ハニが売ろうとしている商品は落ち目のブランド“ ザ・クィーン ”。

販売会社の名前を聞かれたハニは、とっさに思いついた“ ハニ・アパレル ”と答える。

当然、お友達取引なんてできるはずがなく、ジウンは新規参入には手順があると教え、1日に数十社が企画書を送ってくると聞き、ハニはびっくりする。

本来なら門前払いされるところを、ジウンはどういうわけか親身に話を聞き、「まずは企画書と会社概要 品質証明を提出してちょうだい」とサンプルを預かり、ハニにするべきことを教える。

クィーンは落ち目じゃない、伝説だ!
§(‘C’)§/ We ~will~ we~ will~ rock you♪

破れたスカートをビジューピンで留めるセンス。

ハニが持ってきたサンプルには最新トレンドの花柄デザインも入っており、何かひらめきを感じたジウンは、サンプルをハンギョルに見せる。

企画書を送る前に、そもそも存在していない会社の登録から始めなくてはならず、無知過ぎて腹が立ってきたハニは、「何で教えてくれなかったんですか」とキム社長にあたる。

ドギョンのことは解決せず、むしゃくしゃしているところに、国際博覧会セミナーを思い出したジングクは、店を閉めてセミナーに向かう。

エレベーターを待っていると、偶然にもスジョンブティックのおばさん(ユン・ジニ)と一緒になりエレベーターに乗り込むが、次々とお客さんが降りていき二人だけになったその時、ガタっと揺れてエレベーターが止まる。

電気は消え、暗くなったエレベーターにジニは焦り、非常ボタンも携帯も通用せず、パニック状態になる。

23話の感想

トイレに行きたくなったらどうするんだろ、( ̄▼ ̄;)

韓国ドラマ 明日も晴れ あらすじ24話

2回目の衝撃でユン・ジニはバランスを崩し、足首を痛める。

ジングクが手当しようと彼女の足に触れると、びっくりしたジニが払いのけようとして彼の手を引っかいてしまう。

それでもめげずにジングクは彼女のバッグに結んであったスカーフを取り強引に足首を固定すると、動かさないほうがいいとジニを気遣う。

ほどなく防災センターから声が届き、すぐに救助に向かうとのこと。

スポンサーリンク

ジングクは床にあぐらをかいて座り「僕がつらいときは、君が隣にいた~♪」と歌を歌い出す。

温かく肩を抱いて~♪

誘惑しているのかと思ったジニは「歌なんか聴きたくない」と怒るが、「死んだ妻が好きだった曲なんですよ」と言われ、気まずい空気。

そりゃ勘違いするわ。
紛らわしい。笑

エレベーターの修理は思った以上にかかり、ジニも諦めてヒールを脱ぎ床に座る。

昨日から何も食べていないというジングクが息子のことで悩んでいるというと、ジニは「あなたは自分がどれだけ幸せかご存じないのよ」と羨ましがる。

扉が開き、やっとエレベーターから解放されると、ジニはヒールのまま帰ろうとするが、ジングクは無理やりパンプスを脱がせると、ヒールをへし折りフラット状態にする。

「店に持ってきてください、ちゃんと元通りに直しますから。」

悪い人ではないと分かったジニは、彼の手から血が出ていることに気付き、絆創膏で手当する。

分厚く、ゴツゴツと黒ずんだ手。

「こう見えても清潔ですよ」とジングクは、不格好な自分の手を誇りに思い、ジニはそんな彼を立派だと褒める。

「社長さんは、ご自分のお仕事が本当に好きなんですね。息子さんには、どうして好きな仕事をさせてあげないんですか?」

やられちゃいましたね。
反省反省( ;´v_v)ゞ

家に帰るとドギョンが夕食を作って待っていてくれたが、ジングクは「おなかがすいていない」とふてくされ、そのまま部屋に入る。

総菜屋の電気がパチパチと点いたり消えたり。

ウネは椅子に乗って電球交換しようとするが、手を伸ばしても届かない。

ちょうどドンソクが見回りに来てくれたので、身長の高い彼がさっと手を伸ばし、軽々と交換してくれる。

こんな高いところにある電球、今まで誰が替えてたの?

お礼にお惣菜をたくさん袋に詰めると、ドンソクは妹分の彼女からただでもらうわけにいかないと、きちんと代金を払って帰る。

ウネはドンソクにとって初恋の女性。

家庭的で料理も上手。

彼女と結婚したかったと、幼なじみが新鮮に見える。

ハンナたちの前ではおしどり夫婦を演じることにしたソヒョンは、自室に入るとベッドの奪い合い。

サンフンは契約書どおりに床に直に寝かされ、薄っぺらいタオルケット1枚。

床が暖かいせいか、敷き布団って使わないんですよね。
ほんっと痛そう。

ソニが風邪気味だと言っても母は漢方薬を買ってくれないが、ジニが捻挫して帰ってくると大げさに心配し、翌朝にはジニと孫のジフのために漢方薬を注文する。

サンプルを持ち帰り一晩吟味したハンギョルは、業者と直接会ってみたいと前向きに考える。

業者がハニ・アパレルと聞き、なんとなく不吉なものを感じたハンギョル。

ジウンは別の仕事で忙しく、業者と二人だけで会うことになる。

約束の時間よりも少し早く着いたハニは、放送スタジオに興味津々。

顔を乗り出して見ていると、「こそ泥!!」とハンギョルに声をかけられる。

「社内をウロウロしないでください。部外者立ち入り禁止です。」

ここで「すいません」と謝って出ていくのは常識のある普通の人。

「部外者ですが、こそ泥ではありません!」とハニは言い返し「どんなに偉いか知りませんが、あなたが性悪なのは見れば分かります」と、相手を貶めないと気が済まない。

警備員を呼ぶと言われても、「はいはい、好きにしてくださいな」とおちょくり、「私は商談しにきたんです。K1ショッピング担当者に言いつけてやるから」とハンギョルをにらみつける。

約束の会議室に行っても、まだ担当者は来ていなかった。

そこへハンギョルが入ってくると、彼が追いかけてきたと思い、ハニの怒りはマックスへ。

24話の感想

どうして、こんなにいつも怒っているんだろう。

明日も晴れ あらすじの続き 一覧

「明日も晴れ」前後のお話はこちらから

←19~21話     25~27話→

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「明日も晴れ」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

明日も晴れ 海外ドラマの動画・DVD – TSUTAYA/ツタヤ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 今日、妻やめます