韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ37話

韓国ドラマ・女を泣かせて・あらすじ37話

女を泣かせて

今回の韓国ドラマはこちら!
女を泣かせて
さっそく37話をご覧ください
女を泣かせて あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 女を泣かせて あらすじ37話

息子の死にユンソが絡んでいた事を知ってしまったドギン。
もちろん、今まで通りの関係を続けられるはずもなく、ジヌとは背を向け歩くことに・・・。
”お互いが背を向けて歩くことになっても、あなたの事を愛しているのを忘れないでほしい”
二人の思いは同じでも、お互いにそれを口にすることはなく、目が合いすれ違っても無言のまま歩き出すジヌとドギン。

ジヌが韓国を発つことになり、ウンスとホンナンは完全勝利に思われたが、二人にとっては予定外の展開が待ち受けていた。

ジンミョンの事を食卓に呼び、許したように思われたカン会長。
「ユンソと一緒に韓国に行け」
ジヌに会社を継がせたい会長は、ユンソと共にジンミョンを国外に追いやろうとする。

カン会長を説得しようとしたウンスだったが、逆に追い詰められてしまう。
ジヌを説得して海外行きを止めるか、ジンミョンがジナンを殺した本当の理由を聞き出すかの二択を迫られる。
(どちらを選んでも、ウンスにとっては追い詰められる展開になる。)

一方、ヒョンソの事を呼び出したギョンテ。
相変わらず兄妹のふりを貫く彼は、「妹と別れてほしい」とヒョンソを説得する。

「お前の母さんのせいで、ヒョジョンは辛い思いをしてる。」
ギョンテに別れを勧められたヒョンソは、肩を落としながらトボトボと帰宅する。。

背水の陣になったウンス。どんな結末が待っていようとも、ヒョンソを産んだ時から目的はただ一つ。
欲のためにどこまでも走るつもりのウンスは、ドギンの事を呼び出してあれこれ挑発。
多額の金を突きつけ去るはずが、頑固なドギンに突き返されてしまう。

ならばと母ファスンの元にやってきたウンス。
金に目がくらんだファスンは、「一旦預かります」と、ドギンに内緒で小切手を受け取ってしまう。

カン会長の指示で、ウンスの行動を監視していたキム運転手。
キム運転手がウンスの言動を会長に報告すれば、ウンスは家を追い出されるのが目に見えていた。
監視に気づいたウンスは、「私がいれる最後のコーヒーになるかもね・・・」と諦め半分でジンミョンにコーヒーを入れる。

死んだはずのジナンにそっくりな男を見つけたホンナン。
真相を探るためやってきた彼女は、「私は女優だから、いろんな人の話を聞いて肥やしにするの」と言い訳し、ほぼ初対面にもかかわらず、あれこれ生い立ちを聞き出す。

スポンサーリンク

「事故で記憶がないんです」
たい焼き男が発したその一言で、この男こそがジナンだと確信したホンナンは、自分だけが知る真実に気づき震えが止まらない。

そのたい焼き男は、妻と仲睦まじく買い物へ出かける。
偶然流れていた音楽に聞き覚えがあり足を止めるが、記憶がない彼は具体的な事は何一つ思い出せない。
(どうやら、ウンスと出会った時の想いでの曲の様です。)

ギョンテとは兄妹だと言い続けるのも無理があり、嘘がばれるのは時間の問題・・・。
ヒョンソの事を傷つけたくない一心で、「もし私に失望する時が来ても、あなたは落ち込まないで元気に過ごしてほしい」と、真剣な眼差しでヒョンソに語るパクさん。

二人の事を信頼しきっているヒョンソは、パクさんの言葉に隠された真意に気づくはずもなく首をかしげる。

「私に腹を立てるのもあと少しの辛抱よ」
おそらく家から追い出されるだろうと腹をくくるウンスは、離れ離れになることを含みながらヒョンソに語りかける。
いつもとは違う様子の母に戸惑うヒョンソは、何があったのか気になるが、「あなたは何も知らなくていいわ」と教えてもらえない。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「女を泣かせて」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←36話     38話→

女を泣かせて あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「女を泣かせて」画像はこちらからお借りしましたm(__)m
女を泣かせて BS朝日

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • オレンジマーマレード

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ