韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ31~32話

ずっと恋したい

今回の韓国ドラマはこちら!
ずっと恋したい
さっそく31~32話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、ずっと恋したい・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ31話

柱の影にヨンランを見かけたマルスクは、テヤンを遠ざけようと仕事に戻らせ、ヨンランに話しかける。
マルスクの亡くなった第一子はテヤンと一日違いで生まれ、義兄にそっくりなテヤンを我が子では? と考えるヨンランに「血縁だから似ていて当然。テヤンは祖父似よ。」とごまかす。

十中八九、テヤンが息子に違いないと確信したヨンランは、ユリの結婚を考えなおそうと夫に話し、脳内出血を起こせば義母の命が危ない、と急に姑の容体を心配したふりをする。

ヨンランに看病を変わるよう言いつけられたスッキは、自分一人の時に義母に何かあっては大変とヨンランを引き止めるが、「誰を呼ぼうが好きにして。」と義姉は怒り病室を出ていく。

 テヤンはユリを夕食に誘い、おばあさんの事で精神的に辛いだろうと彼女を気づかう。 ユリは「祖母が倒れたのは私たちのせいではない。」と強がるが、彼女の気持ちがわかるテヤンは自分のせいで理事長が倒れ、ユリの家族に申し訳なく思う。
テヤンは食欲がなく、気分転換に散歩に出かける。
そこでテヤンは、ユリと付き合いを続けるには理事長の心配事を取り除きたい、とソンジン病院に退職届を出した事を伝える。
ユリはテヤンを信じ彼の選択した道を応援する。
「開けて」 テヤンはユリに小さな赤い小箱を渡し、二人お揃いのペアリングをプレゼントする。

病院で落ち合ったスッキ家族だが、外食するという両親に、一人でいたいジェミンは約束があると家に帰る。
 自室に入ったジェミンは何かにつまずき、そこに倒れているセッピョルに驚く。彼女は意識がなくジェミンはセッピョルを抱きかかえ車に乗せる。
救急当直についていたユビンは、意識のないセッピョルの容体をチェックする。

セッピョルの意識が回復し、容体が安定したことを確かめ、ジェミンは自分が助けた事を内緒にするようユビンに伝え病院を出ていく。

スッキにキムチ作りを頼まれたジョムスンは、マルスクに気づかれぬようキムチに必要な材料をサンベに持って帰ってもらう。

一方、産婦人科に行ったミレから連絡がなくウジュは、ピザ店で待ちぼうけ。

駐車場に車を止めていたジェミンは、病院から出てきたセッピョルに驚き、ユビンに容体を聞く。 脳震とうを起こし、様子を見るように言っても彼女は事情があると退院を希望し、ユビンが話している途中にジェミンは電話を切る。
バスに乗るセッピョルをジェミンは遠くから見守り、倒れた身体でなぜタクシーに乗らないのかと、心配でイライラする。

翌日、ジョムスンは早くにキムチを漬けるためスッキの家に行き、彼女を住み込み家政婦の頃から知っているミョンジュンは、楽しそうなキムチ作りを自分も手伝う。

仕事の掛け持ちに体力の限界を感じたセッピョルは、昼の仕事を辞めようかと母に相談する。
スッキの家に出勤したセッピョルは、キムチを漬けている祖母ジョムスンと鉢合わせする。

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ずっと恋したい・あらすじ32話

スッキの家でゴミ捨てをする孫を見て、ジョムスンはキムチ代を払おうとするスッキに「お金は要らない。」と声を荒げ家を出る。

マルスクが家政婦は嫌だと毛嫌いしてきた時は気づかなかったジョムスンだが、20代のセッピョルがあの若さで人様の家の汚い仕事をするのを見て、学のない自分のせいで孫までもが、こんな仕事についてしまった、と後悔する。

セッピョルは身体がつらいので家政婦仕事を辞めたいとスッキに断り、最後の仕事をする彼女は、昨日誰が救急車を呼んでくれたのかと考える。先輩家政婦から「坊っちゃんかも。」と言われたセッピョルは、微かに記憶する男性の顔がジェミンに見えてくる。

テヤンから貰ったペアリングを職場の後輩たちに見せびらかしていると、母から電話があり、ユリは待ち合わせの喫茶店に向かう。
娘の指に光るリングを見た母は、この状況でテヤンとの恋愛に浮かれている娘を責める。
ヨンランは家族の事も考えず、祖母が倒れた大変な時にプロポーズするのかとテヤンを見損ない当分彼と距離を置くように注意する。
祖母が倒れたのは、気の毒でも孫を所有物扱いする考えにはついていけない、と反発するユリは、テヤンが祖母の誤解を解くため退職願を出した事を告げる。

卵巣に問題があり子供を作るのが難しい身体だと診断されたミレは、ウジュに別れをきりだす。

退職願を出したテヤンは院長に呼び出され、その場にいたヨンランは、理事長が倒れた大変な時に娘にプロポーズするなんて軽率な行動だとテヤンを非難する。
ユリと付き合う為に病院を辞めたい、というテヤンにドンジュンは即答せず、「病院の状況を見て慎重な判断を下す。」と答える。

家政婦を辞めたセッピョルは無償でいいからと社長のデザイン室で週二日、働かしてほしいと先輩に口利きを頼む。

ジェミンが運んできた女性が従兄弟の想い人だとピンときたユビンは、若くてそこそこ綺麗な彼女がなぜ家政婦なんかしているのか、とジェミンを質問責めにする。
完全にセッピョルの虜になってるジェミンは「無性に思い出す チビで頑張り屋。 意地っ張りでカネの虫。」  彼女が食事したか、病気はしていないかと気にするジェミンに、それは愛情ではなく同情だと、ユビンは話すがお互い本物の恋愛を知らない二人はなぜ、その娘にだけこの感情を抱くのか、考えても良く分からない。

ユリたちの指輪を見て焦ったヨンランは、祖母の容体が悪化している、とユリに罪悪感を植え付けようとする。
しかし、どうしてもテヤンと一緒にいたいユリは、結婚してしまえば祖母も諦めるだろうと結婚の話しを進めようとする。

母は、「話の通じない娘。」とユリに怒り、何としても二人を別れさせねば、とテヤンに会いにいく。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ずっと恋したい」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

ずっと恋したい・あらすじ詳細

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ