韓国ドラマ・ワンダフルラブ・あらすじ34話

韓国ドラマ・ワンダフルラブ・あらすじ34話

ワンダフルラブ

今回の韓国ドラマはこちら!
ワンダフルラブ
さっそく34話をご覧ください
ワンダフルラブ・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・ワンダフルラブ・あらすじ34話

借金返済で追い込もうとしていた兄弟アパレルから14億全額返済すると知らせを聞いたウノクは、フンナムに力を貸したのはボムソに違いないと、娘の幸せまで奪う彼に、恨みが倍増する。

ボムソのマンションにやってきたウノクは、そこにいたボクヒを見て、二人がすっかりヨリを戻したと思い、幸せを壊してやろうと「あなたが手に入れられないものを私は持っているわ」とボクヒを不安にさせる。

ボムソと一緒にミンスの供養をしようとお寺に向かうボクヒは、ウノクの言葉が気になり、ミンスはどこかで生きているのではと希望を持つが、息子の死を確認したボムソはこれ以上ボクヒを落胆させたくないと思い、あり得ない望みは抱かないほうがいいと彼女を慰める。

その頃、母のタンスにあったアルバムを見たヨンチェは、三姉弟を抱きしめる父の写真と、もう一枚 ”ミンス100日”と書かれた見知らぬ父子の写真を見つける。

義兄である和尚の元を訪ねたボクヒは、ミンスの法要をお願いするが、火事でなくなった年号を伝えると、首をかしげる和尚。
世捨て人のように世間のことには口出しする気がなかった和尚であったが、立派に育った弟の子供たちヨンチェたちの写真を見ると、気持ちが変わる。

法要が終わり帰ろうとしていたボクヒたちを呼び止めた和尚は、人の人生は生まれた日から占うことができると、強い生命力と幸運の持ち主であるミンスが早死にするわけがないと、「遺体を見てないのなら もう一度探してみなさい」とボクヒに教える。

賢くて優秀、素直で可愛いホン先生がお気に入りなウノクは、「何をやっても、うちの息子より優れていたわ」と彼に温かいまなざしを注ぐ。
火事の中から生き延びた彼を不死鳥のようだとたたえるウノク。その優しそうな表情に隠されているのは、愛か、それとも憎悪なのか。

イ・ボムソから投資を受けたギナムは、デホ社から借りた14億に、利子340万きっちり揃えて、「恨みを晴らしてこい!」とフンナムを送り出す。

何も知らずデホ社に呼ばれたヨンチェは、フンナムがまたウノク理事長から虐められるのではとハラハラ。
借金返済など銀行送金すればいいものを、ヨンチェと二人揃ってやってきたフンナムに煩わしいウノク。

大して美人でもないヨンチェに娘の男を盗られたウノクは、ボクヒの娘なら色仕掛けでものにしたに違いないと軽蔑の目でヨンチェを値踏みする。
「娘を傷つけた男の行く末をじっくり見届けてやるわ。」
投資金を取り上げても恨みの消えないウノクは、フンナムに脅しをかける。
”嫌な相手にも直接会って、乗り越えなさい”と兄からチャンスをもらったフンナムは、恨みを並べるウノクに、「おかげで金銭の怖さを学び、家族の大切さを改めて感じました。」と言い返し、成長させてくれた彼女に感謝する。

見た目だけでも格好いいフンナムの男前な態度にめろめろなヨンチェは、「あなたって、なんってステキなの♡」とエレベーターの中で発狂する。

ヨンイからアパレルに呼ばれたヨンチェは、彼女との約束を破りフンナムとヨリを戻したことを責められるのではとびくびく。
灯りの消えた店の扉を開けると、赤、黄、オレンジ、紫、色とりどりの風船で埋め尽くされた部屋。
500個以上はある風船をいったい誰が用意したのか。

スポンサーリンク

ろうそくの灯りに灯された夢の国のような店にフンナムが用意してくれたのかと期待するヨンチェだが、彼ではないらしい。
ゴウンにヨンイにギナムたちアパレル家族は一つずつロウソクの灯りを手に二人を歓迎する。
”ヨンチェさんはラッキーだねステキな伴侶が見つかったから”
Tシャツにかかれたメッセージに感動するヨンチェ。
彼女を傷つけたヨンイは、心から謝罪したいと団体プロポーズでヨンチェを歓迎する。
家族が用意した花束と指輪を渡されたフンナムは、ヨンチェにリングを贈り、家族全員でプロポーズする。

新居が決まったダジョンは引っ越すことになり、住まいが別々になれば頻繁に会うこともできないと、この際プロポーズでもしようかと安易に考えるヨンス。
彼の将来を考えるダジョンは、これ以上ヨンスに甘えてはいけないと、寂しい気持ちをひた隠しにする。
しかし、慰謝料のほとんど全てをつぎ込み契約したマンションは、仲介業者が持ち逃げし、詐欺に遭うダジョン。

何としても詐欺師を捕まえたいダジョンは、なりふりかまわず検察にコネ持つ元夫に犯人捜しを頼みに行くが、みすぼらしい姿で本社に現れたダジョンを疎んじるキム室長は、社長の立場を悪くするのかと詰め寄り、離婚した以上子供をダシに元夫に近づくなと警告する。

ミンスは生きてると信じるボクヒのため、知人の記者に頼み、”ナラ社、火災事故”情報を募るボムソ。
新聞記事を出しても何一つ情報の得られないボクヒは苛立ち、秘密を知っているウノクに直談判する。

ボムソと一緒にやってきたボクヒに嫉妬するウノクは、ミンスの生存をほのめかすも懇願するボクヒにタダで教える気などさらさらない。
ミンスの秘密を利用しようとする彼女は、ヨンチェとフンナムを別れさせたらミンスの秘密を教えてあげると得意げに話し、人の人生を取引しようとするウノクに、「天罰が下るわよ」とボクヒは言い返す。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「ワンダフルラブ」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←33話     35話→

ワンダフルラブ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 結婚契約

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ