ロマンスは別冊付録 - あらすじ14話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. ドラマレビュー >
  3. ロマンスは別冊付録 >

ロマンスは別冊付録 - あらすじ14話と感想レビュー

ロマンスは別冊付録 - あらすじネタバレ14話と感想レビュー

sami
こんにちは!samiです♪
13話では、コ理事のみならず代表のジェミンや他の幹部にも、ダニの経歴詐称がバレてしまいました。
ダニはソ・チーム長からその事実を聞かされると、再考をお願いしに、ジェミンの元へ向かいます。
しかし、その翌日、ウノの知らないところでダニは退職願を提出するのです。
それでは、14話のあらすじスタートです!

ロマンスは別冊付録 14話あらすじ

ダニがジェミンへ契約解除に関する再考をお願いした翌日、出社するとこれまでと違った雰囲気を感じとる。
キョルの同僚たちは、ダニが高スペックであることを知り、誰も雑用を頼まなくなっていた。
「みんなどうしたの?ジユルさん達だって、同期なのにひどいわ。やりづらいだろうけど、編集長は契約解除なんかしないわ!」と仲間の態度にご立腹のヘリン。
ダニは居場所をなくし、1人でカップ麺を外で食べることに。

そんな中、絶版になったはずの本が未だに本屋で売られているという大きな出来事が発生。
作家からクレームの電話を受けたコ理事は、担当であるソンイに「営業支援チームにちゃんと伝えた?契約解除したのに、なぜ本が売られてるの!」と追求する。
すると焦ったソンイは、「ダニさんに頼んだわよね。契約解除の報告書を届けてくれと・・・朗読会の前に頼んだでしょ?」と自分のミスをダニのせいにしたのだ。
ダニにはもちろん頼まれた記憶はなく、ただ涙を浮かべるしかなかった。

社内の冷たい空気を感じ、居場所をなくしたダニは、退職願を提出してキョル
を去った。

ヘリンからの電話で事実を知ったウノは、講義を終えると急いで会社へ向かう。
ダニがバス停に向かったと聞き、走ってその場に駆けつけると、そこには私物が入った箱を抱えたダニがいた。
ウノに抱きしめられたダニは、ずっと我慢していた涙が溢れ出す・・・
その後、帰宅した2人はベッドの上で本を読みながら、ゆったりとした夜を過ごす。

翌朝、落ち込むダニを少しでも元気付けようと、ウノは豪華な朝食を作り、「感動だろ?彼氏が作った料理だ!」とダニをテーブルに案内する。
朝食を食べながら、いくつかの選択肢を提案するウノ。
「1番、愛をお金で証明してくれる彼氏。2番、復讐してくれる彼氏!」と。
ダニが復讐の方法を尋ねると、ウノは「簡単だよ。まず代表を呼ぶ。ベストセラー作家が本を絶版にすると脅す。ウォルミョンに版権を譲渡してやる、契約更新はしない!と言ったら、ひと月は大騒ぎだ」と不敵な笑みを浮かべながら答える。
「3番、彼女の気が済むまで、そばにいてあげる彼氏!実はポンチーム長に、有給を取るってメールした」と続ける。
ダニは迷わず3番目を選ぶのだった。

2人は一緒に漫画を読みながらスナック菓子を食べたり、料理を作ったりと幸せなお家デートを楽しむ。

その頃、キョルではコ理事のボタンを拾ったジェミンは「服を着たままつけてあげます!」と裁縫道具を手に持って部屋に入ってきた。
胸元のボタンがないことに気づき、2人とも気まずくなるが「単なる親切心だと分かってますから、つけて下さい」とコ理事に言われ、ジェミンは作業を開始する。
「つけたことがないんです」と話すコ理事に、「裁縫が苦手な女性だっていますよ。僕は妻がいないから縫えるだけです」と返すジェミン。
そして「仕事は得意でしょ?コ理事が会社にいて本当に良かった。このキョルがうまくやってこられたのはあなたのおかげだ。いつも感謝している」と続ける。
さらに、「コ理事に責任感を覚える。入社当時はすごく可愛かったのに、仕事に人生を捧げすぎた・・・」と本音を言うジェミン。
これにコ理事は「劣化した?」と尋ねるが、失言を自覚したジェミンは焦って糸を歯で切ろうとする。
「また取れたら言って!暑いな・・・」と呟きながら、ジェミンは部屋を出ていくのだった。

その夜、ダニとウノの2人が会社におらず、寂しい思いをしていたヘリンは、自分が気づかぬうちに、2人が住むエリアにバスでやってきていた。
「またこの町に来ちゃった!!」と頭を掻きむしるヘリン。
偶然、ゴミ捨て場で遭遇したソジュンには「しつこいですよ」と冷たくあしらわれてしまう。
これにヘリンは「私は電話もかけてませんし、階段も上ってませんけど・・・全部、あなたの土地なの?」と逆ギレ。
「じゃあずっと座ってて」と言い残すソジュンに、ヘリンは「私が捨てます!」と言いながら、ゴミ袋を奪おうとする。
その後、2人がゴミ袋を取り合っているうちに、袋が破れてしまうのだ。
「ソン代理、気が合うと思ったけど違った。頼むから仕事の話だけに・・・」とソジュンは伝え、帰ろうとするが、「イカが気になりませんか?ダニさんなのに!」とヘリンが叫ぶと、足を止めるソジュン。
ダニの相手がウノだと判明すると、ソジュンは怒りを募らせる。

ソジュンとヘリンは、結局、ソジュンの家で飲むことに。
ヘリンは「ムカつくから2人をいじめてやりたいのに、私はあの2人が大好きだからできないの・・・」と弱音を吐く。
「祝福しろとでも?」と尋ねるソジュンに、それは速攻で否定するヘリン。
互いにダニとウノの関係性に気づかなかった自分たちは、やっぱり気が合うとして、乾杯を繰り返しながら楽しく飲み続ける。

明くる日。
コ理事から電話で会えるかと誘われたダニは、気丈なフリをしてサングラスをかけ出かけていく。
最初、「目にものもらいが・・・」と嘘をついていたダニも、コ理事が手にもつ出版社の名刺を見つけ、急いでサングラスを外す。
呆れて笑顔を浮かべていたコ理事は、名刺を差し出しながら、「小さな出版社よ。でも頑張る気があるなら、勉強になると思うわ。興味ある?履歴書を送って、私の紹介だと言うといいわ。キツイ職場よ、覚悟してね。大変だろうけど1年だけ頑張ってみて!」とアドバイス。
これにダニは、何度も「ありがとうございます」と伝え、感謝を述べるのだった。

その夜、コ理事の紹介で明日から働くことになったと、ウノに伝える。
一通り仕事についての話を終えると、ウノは「ダニさん、今日はここで寝てもいい?」と切り出す。
恥ずかしそうにするダニを見て、部屋を出て行こうとするウノに「パジャマに・・・着替えておいで」と告げるダニ。
こうして2人は一夜を共にする。

翌日。
ダニは新しい会社に出勤すると、夫婦で経営する小規模な会社であることを知る。
「逃げて!ここはやめた方がいい!」と隣のデスクに座る先輩社員からメモを渡され、不安になってしまうダニ。
夫婦の息子が立候補する生徒会長の選挙ポスターまで作らされる始末・・・
マーケティングとは程遠い仕事を指示されてばかりで、連日ダニはクタクタで帰宅する。
そんなダニを、ウノは毎日優しく出迎えてあげるのだ。

一方、キョルの社員たちはクレーム対応の電話や、物品補充を自分たちで行うたびに、ダニがいないことにショックを受け、同時に会いたいと思うのだ。

週末。
ダニが屋根裏部屋を掃除していたところ、カン作家の原稿や日記が入った箱を見つける。
その日記の中には、薬を飲んでいたことや、息子がいたことが記されている。
その頃、キョルでは「カン・ビョンジュン先生が現れました。カン先生の原稿です。最後に書くと言っていた”英雄たち”」と休日出勤していたジユルが発見し、急いでその場にいたヘリンに手渡す。

そんな中、ダニは買い物から帰宅したウノに、「カン先生のお世話を?いるんでしょ?」と泣きながら尋ねる。
ウノはダニの泣き顔を見つめながらこう思った。
”怖かった。あの箱が開いて、真実が明かされることが。僕の選択は誤りだったと思えるような夜は。世間の非難が怖くて眠れなかった。僕はダニさんにバラしたかったのかも。彼女だけは僕の味方でいてくれるから。変わらぬ笑顔で僕の手を握ってくれるから・・・。”

ロマンスは別冊付録 14話感想

sami
ダニはコ理事の紹介で、新たな出版会社に勤めることになりました!
コ理事は冷徹な女性と思っていましたが、実は部下(友達?)思いの女性なのかもしれませんね♪
ただ、入社した出版社は夫婦経営の小さな会社で、ダニは日々クタクタになりながら、業務をこなしていました。
ダニの仕事に対するキラキラとした目はいつ見られるのでしょうか?

一方、ウノは遂にダニに自分の秘密を知られてしまいます。
ウノは真実が明かされることが怖いと思っているようですが、一体、ウノとカン先生の間に何が起こっているのでしょうか?
もう1人、ソジュンと2人の関係性も気になるところです。
次回のあらすじ更新もお楽しみに〜♪

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

ロマンスは別冊付録画像は公式サイトより引用しております

tvN

韓国コスメ ザセム日本唯一のオフィシャルショップ!

韓国ドラマストーリを運営しているKDSです!韓国ドラマの魅力的なストーリーを皆さんにお届けしていきます!

-ロマンスは別冊付録
-, , , , , , , ,