恋の記憶は24時間~マソンの喜び~ - あらすじ23話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. ドラマレビュー >
  3. 恋の記憶は24時間 >

恋の記憶は24時間~マソンの喜び~ - あらすじ23話と感想レビュー

韓国ドラマ 恋の記憶は24時間 あらすじ23話 感想とネタバレ

ライターのgakuです!

今回は恋の記憶は24時間~マソンの喜び~のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 23話のあらすじ、感想。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク

それではさっそく23話のあらすじからお楽しみください!

恋の記憶は24時間 あらすじ23話

マソンが一人で空港に向かうと「私も一緒に行きます」とヤン秘書が待ち伏せしており、強引にマソンについていく。

1週間がたちキップムが帰国するが、アメリカでも連絡のつかなかったマソンとは韓国に戻ってもまったくつながらず、旅に出たという彼の行き先も何も分からなかった。

彼がすべての記憶を失ってしまったのではとキップムは不安になる。

叔母さんに殺されかけたような記憶はなくしたほうがいいけど・・・。

マソンは海南島を訪ねキップムとの思い出の地を歩いていた。

彼女との記憶は何も薄れておらず、かえってマソンを苦しめる。

思い出のレストランに行き、記憶を残そうとしても視力はかなり落ち、指先も思いどおりには動かない。

心で書いたメッセージに写真を挟み、キップムへ手紙を残す。

食欲のないキップムを心配してお父さんが好物を作ってくれるが、お総菜を見ていると、彼に届けたことが思い起こされ、手つかずで傷んでいるかもと涙が出てくる。

彼はもう帰ってこないかもしれない、あれから1カ月が過ぎていた。

ギジュンにもまったく手がかりがなく、彼はキップムと仲良くしていたらマソンが嫉妬して帰ってくるかもと彼女を訪ねてくる。

キップムの水恐怖症は、幼い頃に川で溺れたことが原因だった。

お父さんが目をはなした隙に、きれいな花をとりたくて川に近づき、足を滑らせて溺れる。

ギジュンと渓谷に遊びにきていたマソンは、図鑑で見たタムラソウを発見し、ギジュンに見せてあげようとするが、彼はタムラソウのうぶ毛がトゲに見えて怖がり、ママのところへ逃げていく。

一人になったマソンは、女の子が川に落ちるところに遭遇し、一人でキップムを助けた。

トイレから戻ったお父さんが温かい飲み物を沸かしている間に、マソンはお母さんに呼ばれて帰ってしまう。

助けてくれたお兄ちゃんからもらったタムラソウ。

この花は、素敵なお兄ちゃんの記憶とともにキップムの頭に刻まれた。

こんな素敵な出来事なら、水恐怖症になるか?

あの頃を懐かしく思いお父さんが写真を見ていると、ギジュンが見たことがある場所だと気付き、小さなキップムと一緒に写り込んでいるのは僕たちだと発見する。

あの時の少年がコン・マソンと知り、キップムは恩人の写真を抱きしめて彼の無事を祈る。

「キップムさん」

翌朝には窓をノックする男性の声で目が覚めるが、まぶしい光の下に立っていたのはヤン秘書。

マソンと一緒にボルチモアまで治療方法を探しにいった彼だったが、何も希望は見つけられず、死を覚悟したマソンは、ある日手紙を残し姿を消した。

自分のことも分からなくなったマソンがどこかで亡くなっているかもと、ヤン秘書は身元不明遺体を調べマソンを捜し回ったが、見つけることができず、ぼろぼろになった姿で帰国する。

狭い国土の韓国ではなくアメリカ・・・。
記憶をなくした行方不明者を見つけるなんて、奇跡しかない。

キップムに報告をしたあと、ヤン秘書はギジュンのところに行き、真実は知るべきだとマソンが隠そうとしたレコーダーをギジュンに渡す。

大好きなマソン兄貴を母さんが殺そうとしたなんてギジュンは受け入れられず、親子関係は最悪なものとなる。

マソンが残した手紙は、だいぶ時間がたってキップムの元に届く。

消印は海南島。

赤い提灯が並ぶ思い出の階段、きれいなタムラソウの写真。

“偉大で運命的な愛をくれた君に感謝しています”マソンの喜び(キップム)

遺言のような手紙にキップムは泣き崩れる。

迎えにきてほしいから手紙を書いたのよね、きっと。

運命なら必ずまた会える。

キップムは、そう信じて、手紙の投函された海南島に向かう。

日差しは和らいだものの、まだあの公園にはタムラソウが咲いていた。

彼が歩いた道をたどり、必ず会えるはずだと信じて捜す。

あのレストランに行くと、ボーイがキップムのことを覚えており、「JOY、これをどうぞ」と赤い箱を手渡す。

中に入っていたのは、目が飛び出たブサイクな犬のぬいぐるみと、キップムに届いたものと同じ赤い封筒が入っていた。

“ここまで来てくれたんだね、ゆっくりしていってくれ、僕のことを考えながら・・・。ここは君のための席だよ。君のマソンより”

ぬいぐるみのお腹を押すと、ガハハハ~とブサイクな犬が笑い、尻尾を右に左にふりふりする。

悲しみの奥底にいたキップムは、思わず吹き出してしまう。

夜になるとネオンが灯り、マソンの幻影が現われる。

もしも、また会えたら、僕が覚えていなくても声をかけてほしい。

23話の感想

思い出の土地で会えるのかと思ったけど、まだ駄目か。
まさか、このままふわっと美しい思い出を残し死なないでよね。

恋の記憶は24時間 あらすじの続き 一覧

「恋の記憶は24時間」前後のお話はこちらから

←21~22話     最終回→

「恋の記憶は24時間」各話の一覧はこちらから

【知ってる?『恋の記憶は24時間』各話のあらすじ】全24話(ノーカット版)の一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ全話一覧まとめ

「恋の記憶は24時間」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

恋の記憶は24時間 BS11



-恋の記憶は24時間
-, , , , , , ,

© 2022 韓国ドラマストーリー Powered by AFFINGER5