君のハートを捕まえろ! - あらすじネタバレ最終回22話と感想レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 君のハートを捕まえろ! >

君のハートを捕まえろ! - あらすじネタバレ最終回22話と感想レビュー

君のハートを捕まえろ! - あらすじネタバレ最終回22話と感想レビュー

maruo
こんにちは、maruoです!
ついに最終回です。結末を知ることが出来るという気持ちと、ああもう終わってしまうんだという気持ちで板挟みになっています。逃げてしまったジンを保護することはできるのか、イジュンは無事なのか。

それでは、「君のハートを捕まえろ!」最終回22話のあらすじをどうぞ!

君のハートを捕まえろ! 最終回22話あらすじ

ジンの後を追いかけるも、踏切の遮断機が降りてしまい再び見失ってしまうリョン。

一方、ニュースでは地下鉄の幽霊が逮捕されたという話題で持ちきりになっていた。犯人であるイジュンを逮捕したジソクは、2階級昇進し、事件についての記者会見に出席。

事件が解決したことで、長官のヒョンジャを称賛する声が多く寄せられた。しかし、ヒョンジャは堅い表情のまま、ウォンチュルに長官室に記者を集めるよう指示をする。

長官室に記者を集めると、事件の犯人は逮捕したが事件の最初の被害者を救えていない。よって、国民に示した約束を果たせなかったため長官を辞任すると、記者の前で発表するヒョンジャ。ヒョンジャが辞職を発表した後、マリは広域捜査隊の部署に戻る。早速、新しい事件が舞い込んでくるがジンの捜索を優先するとマリ。班員達も積極的に協力してくれることになり、手分けして捜査を始める。

マンジンとスホは、局内で監視カメラの映像からジンの行方を知る手がかりを探していた。

ジソクが外でジンに関するチラシを貼っていると、貼ったチラシを取る女性が現れる。剥がさないでと注意をし、その場を去ろうとしたジソクだったが、その女性の顔を確認すると思わず持っていたチラシの束を落としてしまう。その女性こそが、ジンだったのだ。ジンをどうにかリョンのもとへ連れ戻そうとするも、ジンは歩いて行ってしまう。そんなジンの後を追いながら、様子を見守るジソク。

ジンは、毎晩リョンと描いていた地図を思い出しながら自宅に辿り着く。家の中に入ると、ジンが描いた地図の横で眠る姉リョンの姿があった。

次の日の朝、リョンが目を覚ますと目の前にはずっと探し続けていたジンが横になっていた。

ジソクは花束を手に、エシムのもとを尋ねた。病室に入るなり、お母さんと呼びかけるが「誰ですか」とエシムに聞かれてしまう。脳への強い衝撃によって、一時的に記憶が戻っただけだった。

功績によって休暇をもらった地下鉄警察隊のジソク達4人とジンで外出をしていた。ジンがスホとマンジンと遊んでいるタイミングで、ジソクがリョンにペンダントを手渡す。そこにはジソクとリョンの携帯番号が刻まれていた。ジンに付けてもらうことで、万が一彼女が迷子になった時にジソクかリョンに連絡してもらうためだ。

当直のために、局に戻ったジソクとリョンの2人。当直室で眠りにつこうとすると、ジソクが以前告白した時に保留した答えを聞かせて欲しいとリョンに話す。急な質問に照れながら、「付き合います」と返事をしたリョン。ジソクは嬉しさのあまり、しきりとして使用していたカーテンを思いっきり開けると満面の笑みを見せる。

日が変わると、リョンと付き合えた嬉しさを隠しきれないジソクは、リョンと2人でパトロールを行う。夜になり、局に戻るための電車に乗り込む2人。付き合ってもなお、捜査方法で言い合っていた。乗客のいない電車内で、ジソクとリョンはお互いに初めて会った時のことを思い返していた。

仕事を終えたジソクは、リョンの自宅の前でソワソワしながら待っていた。玄関のドアが開かれると、いつもと雰囲気が異なり、オシャレしたリョンが出てきた。この日は、2人にとって初めてのデート。何をするのが好きかと聞かれたリョンは、何もしないことが好きだと言う。リョンがそう言うならと、玄関前にある縁台に座っていようとジソク。そして2人は、自分が幼かった時の話をする。どんな子供だったか、どんな夢を持っていたのかと話題は尽きない。

後日、局内でジソク達が仕事をしていると、スホがナイフと呼ばれる窃盗犯が現れたことをジソクに報告をする。以前であれば、強力班の担当だったがリョンと視線を交わしたジソクは、自分達にも捜査権はあるから逮捕しに向かうと指示。

車両内に姿を現した黒いフードを被っている男性。座席で横になって寝ている会社員の財布を狙う。すると、寝ていたはずの会社員が起き上がる。ジソクが会社員の変装をしていたのだ。これに驚いた犯人はナイフをジソクに向ける。しかし、近くに座っていたリョンに取り押さえられる。さらに、マリとウヒョクも犯人を取り押さえようと変装を外す。マリ達は強力班の管轄だと主張し、ジソク達は地下鉄で発生しているからこっちの管轄だと主張。4人の主張はぶつかり合う。

君のハートを捕まえろ! 最終回22話感想

maruo
長い間、追いかけ続けた地下鉄の幽霊は無事に逮捕されました。行方不明になっていたジンも、リョンが待つ自宅に戻ることができ再会を遂げました。ギョンヒは亡くなり、エシムの記憶は元通りと全てがハッピーエンドとはなりませんでした。しかし、ジソクとリョンは付き合うことになり、この作品のタイトルでもあるようにジソクはリョンのハートを捕まえることができました。付き合っても、捜査の面では言い争いになるあたりが、微笑ましく感じました。ドラマは今回で終わりですが、ワンスリ駅では今でもジソクとリョンが犯人逮捕に奮闘しているのかなと想像してしまいます♪

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじや感想、ストーリーまとめ

君のハートを捕まえろ!画像は下記より引用しております

BS12

-君のハートを捕まえろ!
-, , , , , , ,

© 2021 韓国ドラマストーリー Powered by AFFINGER5