韓国ドラマ 麗〈レイ〉花萌ゆる8人の皇子たち あらすじ25話

韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ25話

麗 花萌ゆる8人の皇子たち

今回の韓国ドラマはこちら!
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~
さっそく25話をご覧ください
麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ25話

不条理なこの世を変えることができる皇帝の座に魅力を感じたソ皇子は、ヘ・スの願いもむなしく皇帝になることを望む。
運命を変えられないのならと覚悟を決めたヘ・スは、皇帝になっても絶対に兄弟を討ってはいけないとソ皇子に訴える。

949年3月。
皇軍を率いて皇宮にやってきたソ皇子。
来たるべき時を感じヘ・スも落ち着かず、彼女の異様な様子に定宗は疑いを持つ。

遠くから雄叫びが聞こえ、危急の知らせにユ皇太后は、ジョンに禅位しなさいとヨの手を取り、息子のことよりも皇太后の位を守ろうとする母に定宗は傷つき、母を追い出す。

パク大将軍は、ソ皇子に加勢し、形成不利だと判断したファンボ皇后は、息子であるウク皇子を捨て、ヨナ皇女に無血開城をさせる。

母に捨てられたくないばかりに操り人形としての道を歩んできた定宗は、ワン・ソの顔に化粧をしたヘ・スを恨み、ペガ、ジョン、ウク、ウォン、ソ、5人の皇子たちの名前を書き、この中からお前が禅位したいやつを選べとヘ・スに迫る。

ヘ・スに選ばれた皇子は殺されるのか、怖くて何もできなかった彼女の前で定宗はもだえ苦しみ死んでしまう。

皇宮を掌握し御殿に押し入ってきたソ皇子は、定宗が持っていた遺言書に気付き、中身を見ていないかとヘ・スに確認する。

ワン・ヨの遺言書をソ皇子は破り捨て、定宗の身を案じたユ皇太后がやってくると、ヘ・スはソ皇子に向かって新皇帝万歳と叫び、ジモンも彼女に習う。

定宗から禅位されたソ皇子は高麗第4皇帝、光宗となり、ヘ・スは自分の力で彼を血の皇帝にさせるものかと固く誓う。

一族から皇帝を出すことを諦めたファンボ皇后は、ヨナ皇女を皇后にすると決め、用済みとなったウクに皇宮から去るように告げる。

ワン・ヨを討つため西京にいたウクは、何者かに捕らえられ、彼が足止めをくらっている間にソ皇子が玉座を手に入れた。
逆賊を討った逆賊は英雄になる。
自分が欲しかった座にソ皇子が就き、野望が崩れ去ったウク皇子は光宗の即位式を欠席する。

光宗は兄が進めていた西京への遷都を中止し、築城に徴用した流民には報酬を支払い、労役中に傷死した者には、十分な対応を取るように命じる。

異国から取り寄せたテーブルに膳を用意した光宗は、かしこまるペガ皇子とヘ・スと一緒に食事を取り、「陛下、陛下」とまともに顔も上げられないペガの腕におかずを乗せ、もっと気楽に接しろと言って弟をからかう。

スポンサーリンク

父、長兄、兄。何人もの皇帝が亡くなった玉座で一人眠ることが怖い光宗は、部屋から出ていこうとするヘ・スを引き止め、彼女の膝に身を横たえる。
童話を語るヘ・スの優しい声に光宗は幸せな眠りにつく。

定宗が書いた遺言書の破片が部屋から見つかり、ソ皇子への禅位を怪しんだユ皇太后は、ヘ・スを呼び出し、彼女を問い詰める。

助けに入った光宗は、遺言書はワン・ヨが自分で破いたとウソをつき、彼が直接禅位したのは、母や兄弟たちを守るためだったと皇太后を言い含める。

新皇帝に異議を唱える陳情書が後を絶たず、光宗は騒々しい輩を一掃するため、ワン・ヨの子供たちや先帝が逝去した時に御殿にいた女官や兵士までも、すべて殺すように命じる。

次々と人を殺す光宗に恐ろしさを感じたパク大将軍は引退を望み、故郷に帰りたいと言って光宗の元を去る。

一番信頼しているペガは、光宗を主君として接し、ジモンにとって光宗は恵宗の復讐をする存在。
弟のジョンは人殺しとしてワン・ソを嫌い、実母である皇太后でさえソのことを盗人呼ばわりする。

強大な権力を手に入れても玉座は恐ろしく寂しい場所であった。
ヘ・スは私だけは、お側を離れませんと誓い、震える光宗を慰める。

ウォン皇子と密通していたチェリョンは、即位の恩赦で女官解放となるため、彼にそそのかされ御殿に置いてほしいとヘ・スに頼みにいく。

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←24話     26話→

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~ あらすじ

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~BSジャパン

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 雲が描いた月明かり

関連コンテンツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ