韓国ドラマ 王は愛する あらすじ21話

王は愛する

今回の韓国ドラマはこちら!
王は愛する
さっそく21話をご覧ください
王は愛する あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 王は愛する あらすじ21話

一人で立ち上がることもできないサンに、リンが手を貸し立ち上がらせる。

二人が堅く手を取り合っている姿を見た世子は、サンを家に帰らせることを許し、リンは自分が命じて宮殿に呼んだことにし彼をかばう。

ヨンベクの遺体は連れ帰られてしまい、検視不可能となる。

王妃は、我が寝殿で人が死んだと怒り、密使チェ・セヨンを責めるが時間がない。

こうなれば敵にヨンベクの財産を奪われる前に手に入れなければと策を講じる。

ヨンベクが亡くなった控えの間に、女官が侵入し香炉を持ち去ろうとすると、王妃が使用する香とは違うと察知していた世子が侵入者を捕らえる。

焚かれた香は覚醒香と判明し、高麗では採れないもの。

心臓の悪い者が嗅げば命取りとなり、女官は王妃様に命じられたと嘘をつく。

父を亡くしたサンにリンは寄り添い、一人で筆さえ握れぬ彼女の手を握り励ます。

彼の支えなくして立っていられないサンは、大きく温かいリンの胸に頭をもたげ涙をぬぐう。

内官チェ・セヨンには去勢する前にもうけた息子がいた。

王妃は、彼の年老いた母親と息子を縛り上げ、密使チェ・セヨンを自白させる。

「連中の狙いはワン・リンを味方につけ、ウン・サンと婚姻させることです。」

そしてその連中とは、江陽(カンヤン)君に仕えてきた者たち。

敵は最初からワン・リンを主君にと願い、もっとも安全な場所である世子の側につけ成長するのを待っていた。

王妃がヨンベク殺しを命じたと思っているリンは、次にはサンの命が危ないと彼女と逃げる道を選び、父ワン・ヨンは、ヨンベクの遺言がサンお嬢様と婚姻をあげることだとリンに教える。

世子の耳にも内官チェ・セヨンの自白は報告されるが、リンが世子の座に取って代わると聞いても、彼は友を信じ、リンは必ずやってくると彼を待ち続ける。

謀反を企むソン・インを殺し、逆賊一人一人を始末しようと江陽君の屋敷に向かったリン。

しかし、そこで待っていたのは、彼を世子だと崇める多くの忠臣と、奥の部屋にふせっていた忠烈王だった。

明け方まで待ってもリンは訪れず、世子は3人で山に登った思い出の仙露酒で酔い潰れる。

王妃の病は予断を許さない状態となり、明日をもしれない命。

彼女は世子を守るためになりふりかまわず、ヨンベクとワン家に濡れ衣を着せ、世子を守ろうとする。

ウン家の食糧が保管されている満積(マンジョク)倉から食糧を盗み、すべての袋に龍の朱印を押す。

ヨンホ軍には匿名の矢文が届き、ヨンベクの倉を調べると、龍門倉から消えた兵糧が見つかり、ワン・ヨンの家からも兵糧が出てくる。

ヨンベクの倉からは鑑定書まで見つかり、かなりの量の穀物がワン家に運ばれていた。

スポンサーリンク

ヨンホ軍、ウンヤン軍の両将軍は、私情を挟まず厳しく処分してほしいと頼むが、世子はそれでも友を信じ、時間の許す限りリンを待つ。

リンとソファ、どちらかを選ばなければいけない時、世子は以前ソファを優先した。

リンを優先すればソファを傷つけてしまうが、世子は、今回はリンを選びたいとソファに許しの手紙を書く。

王妃は世子妃にワン・ダンを選び、謹慎中だったワン家に位が授けられる。

婚姻は2日後に行われ、世子の姻戚となったワン家には、謀反の罪以外免責特権が与えられ、盗まれた兵糧の件は問えなくなる。

ソファへの手紙をしたためた世子は、頼みがあるときにこれを渡せばなんでも聞いてあげると彼女から預かった奥方の指輪を文に添え、封蝋で閉じる。

“いつも、いつまでも俺の一番はおまえだ”

「抵抗すれば殺してでも構わぬ」と、リンとサンを連れてくるよう命じた王妃。

次なる世子ワン・リンを守ろうと王が放った赤蛇。

勢力争いに巻き込まれるサンを無事に呼び戻そうと、世子の遣いチャン・ウィが葬儀行列にいるサンに接触しようとする。

スポンサーリンク

王は愛する あらすじの続き 一覧

「王は愛する」前後のお話はこちらから

←20話     22話→

「王は愛する」各話の一覧はこちらから

【「王は愛する」の魅力全開!】王は愛するのあらすじ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「王は愛する」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

王は愛する 特設サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆