韓国ドラマ・熱愛・あらすじ31話

熱愛

今回の韓国ドラマはこちら!
熱愛
さっそく31話をご覧ください
概要はこちらから
それでは、熱愛・あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ・熱愛・あらすじ31話

ユジョンの母は何とか一命は取り留めたものの、スヒョクは「義母を殺そうとした。」とナンチョを責める。 なぜそんな事をしないといけないのか。
スヒョクに責められ、言い逃れ出来なくなったナンチョは、自分たち家族が助かるためにはギョンヒの口を封じるしかないと話し、ムンドがユジョンの父と姉を死に追いやった事を告白する。
スヒョクは殺人を犯しても平気な顔で財産を横取りし暮らしてきた母を責めるが、ナンチョは、「この事を知られれば、スヒョクの結婚も終わりよ。」と脅す。

母の側を片時も離れず看病するユジョン。 彼女は母を置いて結婚した事を後悔する。
「私には、もうあなただけ。」ユジョンは何も知らず、頼れるのはスヒョクだけだと信じ彼の胸にすがる。

ギョンヒが危篤とも知らず見舞いにも訪れない父を、スヒョクは「人の命より仕事が大事だろ。」と皮肉り、息子が何に苛ついているのか分からないムンドはスヒョクが賃金業者と取引した事を責める。

中年のウンスクはどこへ行っても仕事がみつからず、ペクは「仕事の手伝いをしてほしい。」と彼女を呼び出す。
カフェが閉店するというのにペクは大量に豆を買い付け、日当を払うからとウンスクを見晴らしのいい高台に連れてくる。 フェンスには、あたり一面”鍵”が鈴なり。 ペクは「これに名前を書けば願いが叶う。」と南京錠を手渡し、彼女が書いた鍵にこっそり自分の名前を付け加えフェンスに取り付ける。

中年で仕事の見つからないウンスクは、「昔からお金があっても自分の望みはいつも遠ざかっていった。」と不幸な人生を語り、ペクは「それだけ沢山不幸を経験したあとは、幸福が訪れるのみ。」と彼女を励ます。
そこに訪れたカップルの話から、ウンスクは、ここが縁結びスポットと察知し、ペクは「知らなかった。」とすっとぼける。

賃金業をやっているペクの祖父は、最近好きな女性ができた孫に「今度こそは変な女にひっかかるなよ。」と甘い顔。
株を担保にシンソン乳業が100億の融資を頼んできたと聞き、ペクはお金を貸すよう助言する。

スヒョクは病院に行こうとするナンチョを引き止め、自分がユジョンの家で強盗に刺された事も父の仕業かと疑う。 ナンチョは、まさかムンドが自分の息子に危害を加えるとは、ありえないと否定しつつも、疑問が頭をもたげる。

ペクに騙され縁結びスポットに行ったウンスクだが、まんざら嫌な気もしない。

ここまで前半戦

スポンサーリンク

ここから後半戦

ヘスクは養子の事を母に相談するがボクヒは一人息子のミンスの事を思い、血筋の大切さを訴える。

ボクヒたちは ギョンヒが亡くなってからでは遅いとユジョンに遺言状の事を話そうか迷うが、母親が娘を気遣い内緒にしている以上、漏らしていいものか思い悩む。

テヤンから、好転していたギョンヒの容態が突然悪化したと聞いたムヨルは病院に向かう。
その頃ユジョンは、母の命が、あと2、3日だと宣告される。
病室の隙間から垣間見るユジョン夫婦の姿に、ムヨルは声をかける事ができない。

ムニは最近自分を避けてるジョンヒョクに腹を立て、彼からの電話を無視する。

自宅に戻り、夜中に嘆き悲しむユジョンはナンチョを見て、「母さん。」と抱きつく。
「私を一人ぼっちにしないで。」と訴えるユジョンに、この世に一人残される苦しみを知るナンチョは胸を痛め、こんな人間にしてしまったムンドに怒りをぶつける。
「私の人生を返して!」

翌朝、いつまでたっても昇進させてくれない父にスヒョクは「父さんに認められようとした自分が情けない。」とつっかかり「能力のない者にとって権力は毒だ。」とムンドは戒める。

ムニに電話を無視され、心配して家の前で立っていたジョンヒョクは寒さに凍っていた。
ジョンヒョクはムニがシンソン乳業会長の妹と知り、尻込み。 彼女と真剣に結婚を考える彼はあまりのレベルの違いに苦しみ、結婚にこりごりのムニは遊びの関係に執着する。

スボンは、「料理長を大事にすれば食堂は繁盛する。」と働き者のソン・ドンホを大切にする。

ユジョンは朝早くに実家に向かい、ナンチョは昨夜泣き腫らしていたユジョンが誰もいない実家に戻った事を心配し彼女を迎えに行く。
実家の場所を知らないナンチョはスボン亭で住所を教えてもらい、店の前でゴミ出ししていたソン・ドンホは彼女に驚く。
「 ナンチョ、お前はナンチョだろ? 」

韓国ドラマ・あらすじ・ネタバレ全話や、
「熱愛」前後の話はページ下からどうぞ☆

スポンサーリンク

←30話     32話→

熱愛・あらすじ全話

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ