韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ最終回

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく最終回をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ最終回

遺体は海水でふやけ、指紋鑑識が困難なため、ヨリが身元確認のために呼び出された。

しかし、損傷は激しく、ヨリは確認できないと目を背け、ドチも義姉のような義姉でないような、と判別がつかなかった。

ヨリはジウォンの右肩にヤケドの痕があることを思い出し、遺体の肩を確認するが、ふやけて膨張した皮膚でも、ヤケドの痕がないことは、はっきりと見てとれる。

ヨリはお父さんと一緒にク家に引っ越し、ボムは生まれ育った家に戻ることになる。

ヘジュママの妊娠を聞いたボムは、エノクおばあちゃんが見た子豚の夢のように元気な赤ちゃんを産んでほしいと、豚のぬいぐるみをヨリに託す。

ドチ夫婦は、お腹が大きくなったヘジュに面会し、ヨリは本当の姉妹のように彼女を気遣う。

消息をたったク・ドヨンの行方も分からず、ジウォンの生死も分からないまま時が経ち、諦めずにママを捜しつづけてくれるヨリにヘジュは感謝する。

チキン店の経営は安定し、マルリョン夫婦は1年間の海外旅行に出る。

ウィドグループでは、オーナー家族の持ち株比率が下がり、35%を保持するブランが筆頭株主として実権を握っていた。

1年間の業績伸び悩みを理由にブランは雇用中のプロ経営者解任を要求し、ウィドファッションの切り売りを計画する。

持ち株比率第2位のマルリョンは、海外旅行に出ており、ドチやヨリが持っている株を合わせてもブランにはかなわない。

ムヨルは、信頼厚いドチを会長に選出するべきだと提案し、会社を守ろうとドチは立ち上がる。

万一のためにヨリに委任状を書いていたマルリョンは、私がいなくても大丈夫だと委任状のありかをドチに教える。

緊急株主総会が開かれブラン社のバスティエンヌ氏とク・ドチが第3代会長選出に挑む。

バスティエンヌ候補が35%の指示、ク・ドチが30%の指示でバスティエンヌ候補が優勢にみえたが、全社員が持ち株で議決権を行使し、社員票を得たク・ドチが勝利する。

行方不明だった兄の居場所が分かりドチが現場に向かうと、財閥会長の面影はまったくなく、普通のおじさんが自転車に乗っていた。

商店のビニール袋を下げ民宿に入っていったドヨン。

彼はすっかり老け込み、ホン・ジウォンと穏やかな生活を送っていた。

足が不自由なジウォンを支え、アルツハイマー病を発症した彼女の世話をするのが自分の運命だと語るドヨン。

ヘジュの妊娠を聞きドヨンは喜ぶが、みんなの未来のためにも、自分たちの居場所を内緒にしてほしいと頼む。

母を恋しがるヨリ、おばあちゃんに会いたがるボムを見て、耐えられなくなったドチは、ジウォンがあの杆城海辺で暮らし、兄が介護していると教える。

あれほど憎んだホン・ジウォン。

恨めしくてたまらない人間なのに、ヨリは、彼女に会いたくてたまらないと涙を流す。

スポンサーリンク

「私のかわいそうなお母さん。」

ヘジュは20時間の陣痛に耐え、男の子を出産する。

すべては忘れても娘の誕生日だけは覚えているジウォン。

彼女はドヨンのことをおじさんと呼び、何も分からない状態だったが、娘の誕生日のためにワカメを買ってきてほしいと頼み、ドヨンは彼女の気持ちが届くことを願う。

浜辺で長い時間を過ごすジウォン。

ドヨンは、彼女の体が冷えないように温かいお茶と毛布を取りにいき、母に会いにきたヨリを見つける。

ドヨンから毛布を預かり海辺に向かったヨリ、辺り一面に咲いている黄色い草花に目がとまる。

ジウォンを助手席に乗せたとき、気持ちを落ち着けて運転するようにと、彼女が摘んでくれた花。

ヨリが話しかけても、ジウォンの記憶は遠くをさまよい、「かわいいお嬢さんね」と他人を見る目でヨリの頬を触る。

ソン・ヨリという名に反応を示したジウォンは、ヨリが「お母さん」と呼ぶと、幸せそうな笑顔でヨリを包み込む。

~ 完 ~

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←101話

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 今日、妻やめます