韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ101話

名前のない女

今回の韓国ドラマはこちら!
名前のない女
さっそく101話をご覧ください
名前のない女 あらすじです!

スポンサーリンク

韓国ドラマ 名前のない女 あらすじ101話

警察につかまれば、勝利したヨリに見下され、刑務所に入ることになる。

それだけは、どうしても耐えられない。

ヘジュは、ヨリに負けるぐらいなら死んだほうがましだと海に入り、苦労をかけたママに心の中で謝罪する。

ヘジュが海辺に向かったと聞き、ジウォンはボムをヨリに預け、ヘジュを助けにいく。

荒波にのみ込まれ、溺れている二人を発見したヨリは救助を呼ぶ。

救護ベストを持ち海に入ったジウォンは、無理やりにでもヘジュに着せる。

自暴自棄になったヘジュに生きる力を与えようとジウォンは、「カヤ、マヤに恥ずかしくない親になりなさい」とヘジュを叱りつけ、もみ合った二人はぶくぶくの海中に沈む。

救助されたヘジュは、まもなく息を吹き返すが、ジウォンは見つからず、ヨリは「私の母さんが海の中にいるのよ!」と叫びつづけ、意識を失う。

ヘジュとヨリは病院に搬送されたが、ジウォンは行方不明となり、海洋警察が総動員で捜索にあたる。

ク・ドヨンは私財をなげうち、民間ヘリや救助隊を雇って捜索にあたらせるが、2日たってもジウォンの消息はつかめず、家族は諦めモードになる。

病院には警察が詰めかけ、ヘジュは入院しているところを逮捕される。

放火事件のすべてを認めたヘジュは、警察に知られていないソン・ジュホ監禁の件も自白し、彼を階段から突き落とし、それを隠すために拉致、監禁したとすべての罪を白状する。

彼女から財産を巻き上げようとしていたムヨルも、いつの間にか本当の愛に目覚め、ク・ヘジュ一人でやったことではないと共犯を主張する。

ヨリは母が大切に育てたヘジュを守ろうと嘆願書を書き、ヘジュの罪が軽くなるように力を注ぐ。

ヘジュがボムを大切に育ててくれたことは間違いない。

ヨリはヘジュに感謝を伝え、やっと素直になれたヘジュは、今まで酷いことをして悪かったとヨリに謝罪する。

ウィドの株は上昇し、おこぼれに預かれた社員たちは、財産を手放し平社員から始めるというドチ本部長に感謝する。

妻の手術のために海外にいたキム弁護士が帰国し、母の遺言書を持っている彼をク会長は呼び寄せる。

ヨリ夫婦を呼び、キム弁護士にあとのことを任せたク会長は姿を消す。

ホン・ジウォンは事故に遭う前に財産整理をしており、彼女のウィドグループ持ち株すべてと、城北洞のビルや所持していた不動産すべての名義がソン・ヨリに書き換えられていた。

スポンサーリンク

会長からはドチ宛に持ち株の50%譲渡と自宅を譲るという文書、それから亡き母が残した本物の遺言状が届けられる。

家族をかばったムヨルに実刑は下りず、実行犯のク・ヘジュに放火罪と逃亡罪で懲役2年が下る。

ヘジュは家族の誰とも会おうとせず、2カ月ぶりにヘジュに会えたムヨルは、彼女の体を心配するが、財産も地位もすべて失ったヘジュは、もう何も残っていないと離婚を切り出し、ムヨルは、お前なしでは生きていけないと無償の愛を訴える。

刑務所の中では、いじめが横行し、まだ刑期を終えていなかった104番がヘジュが来るのを待ち構えていた。

財閥嫌いだった104番は、ヨリに心を開き、彼女から頼まれたク・ヘジュの安全を確保する。

ろくに物も食べていないヘジュは吐き気をもよおし、身ごもっていることに気付く。

マルリョン夫婦のチキン店では、フランチャイズが成功し、いよいよ100号店をむかえる。

ホン・ジウォンが行方不明になって既に2カ月がたち、エノクは「とっくに三途の川を渡っているころだ」と諦めるが、“満ち潮は必ず来る” ジウォンが帰ってくると信じているソン・ジュホは、私のようにジウォンも必ず帰ってくるとヨリを励ます。

しかし、無情にも、杆城の防波堤で50代の女性と見られる変死体が発見され、遺体を確認してほしいとヨリに電話がかかってくる。

スポンサーリンク

名前のない女 あらすじの続き 一覧

「名前のない女」前後のお話はこちらから

←100話     最終回→

「名前のない女」各話の一覧はこちらから

【「名前のない女」の魅力を伝える】各話のあらすじ、名前のない女の徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「名前のない女」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

名前のない女 公式サイト

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆

  • 七日の王妃