韓国ドラマ 皇后の品格 あらすじ27話+28話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は皇后の品格のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 27話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 28話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
たぼ美たぼ美

ここからは、たぼ美がレビューしていきます!
それではさっそく27話のあらすじからお楽しみください!

皇后の品格 あらすじ27話

太后が毒を盛ったと証言する者が二人。

その上、サニーは焼け残った太后様の韓服にも死因となった毒物と同じ成分が付着していたと言って布片を見せ、太后が太皇太后様を殺したのではと詰め寄る。

この状況をチャンスととらえた皇帝が「お母さまの無実を晴らすためにも皇后の気が済むように調査させましょう」と彼女が持っていた布片を警察に提出する。

命を狙われるかもしれないサニーは、私たちに何かあったらこの映像が公になりますよと、監視カメラの証拠を見せつける。

たぼ美2

のり巻きに毒を入れたということは、同じ毒を持っていたんですよね。
でも、皇帝も、毒と言えば、チュ隊長を自害させたときに、強力な毒を与えたわ。
どっちかな。

助け出された宮人は、頭に外傷はないのに頭痛が続き、監禁されていたコンクリート部屋の中で、常にきつい花の香りにさらされていたと語る。

皇帝のためにウソの証言をしたユラは、どんなことでも言われたとおりの証言をしますと、彼の足にすがりつくが、ワンシク母の遺体のありかだけは、それを話せば、もう用なしだと分かっており、何がなんでも口を割ろうとしなかった。

たぼ美2

ワンシク母の遺体って、ユラの車の後部座席にあって、あの時ユラは、チュ隊長に捕まったはず。
なのに、彼女が、遺体の在りかを知ってるの?
なぜだ。もう一度読み返そうっと。

あの日、監査委員会に告発すると聞いた太后は、皇帝と密談していた。

なんとかして止めさせなければという母の言葉に、興奮した皇帝が、母のかんざしを取り太皇太后を殺しにいった。

しかし、太皇太后は布団に寝ておらず、「私を殺そうとしたのですか」と見付かってしまい、祖母ともみ合った皇帝は、そのまま部屋から出ていった。

スポンサーリンク

皇帝の様子を見ていた太后は、このままでは駄目だと温室に行き猛毒を取ってくると、皇帝に罪を問うようなことをするなら、私が自害しますと、毒薬のふたを開けた。

太皇太后様は、こんなやり方で義母を脅すとは不届き者だと毒薬のビンを取り上げ太后の韓服に叩きつけた。

どちらが、嘘を言っているのか。

皇帝と太后は、お互い腹の探り合いをする。

たぼ美2

二人の話が本当なら、太皇太后様は死んでないよ。

ミン・ユラは病院に戻され、皇后様に協力したのだから、彼女が助けてくれるはずだと幻想を抱くが、命綱である遺体のありかは絶対に話さないと言い張り、ウビンは、また、あの地獄の苦しみを与える。

ユラの病室がある並びに若い男性が入院していた。

廃人となった彼は、壁に自分の名前を書き続けていた。

“カン・ジュスン”。

たぼ美2

カン・ジュスンは、最初の昼食会でテロを起こした人の弟。
そして、彼はソヒョン皇后の親しい警護員だった人ですね。
太后は、この人を毎晩部屋に連れ込んでいたというし・・・。

サニーのお父さんが、たくさんの差し入れを持って皇后殿にやってきた。

皇帝に嫁いだ娘の生活が、これほどまで厳しいものとは知らず、お父さんはショックを受ける。

財閥など、プライドの高いお家柄なら、ここで娘を連れて帰るとでも言うのだが、サニーのお父さんにそういう考えは起こらず、太后の計画は失敗する。

サニーはウビンにお弁当を分け二人で食べていた。

最近、妙に皇后のことが気になってきた皇帝は、皇后殿に頻繁に顔を出し、親しげな二人に焼きもちを焼く。

二人の間に割って入り、自分も一緒にお弁当を食べようとするが、「これは、私のものです」とサニーに拒絶され、卵焼き一つでさえも食べさせてもらえなかった。

たぼ美2

皇帝が、本当にサニーのことを好きになってしまうとヤバイ。

太后は、ウビンを呼び、皇后との不倫関係に進展はあるのかと確かめる。

太后殿を出るときに、ウビンは偶然書類のことを耳にし、ソジン公主の部屋に行く。

決算報告が書かれた書類がベッドの脇にあり、資料を撮影することに成功はしたが、部屋にいるところをソジン公主に見付かってしまう。

とっさに目についた指輪を手にし「中庭で拾った物を届けにきました」と、その場をつくろう。

公主は、あまり深くものを考えず、ウビンに対してなんの疑いも持たなかった。

いつもお母さんに頼まれている書類にサインして渡そうとしたが、ウビンが制止し、太后様を信じるのは危険だと、公主のことを心配する。

誰にも構ってもらえないソジン公主は、ウビンの優しさにコロッといき、怪しいものかどうか調査しますという彼を頼りにする。

27話の感想

たぼ美たぼ美

ソジン公主さん、純粋なのに、家族にはバカにされ、いい人にも恵まれず、気の毒な人。
太后の娘だから仕方ないけど、彼女を騙すのは気が引けるわ。

皇后の品格 あらすじ28話

サニーは、太皇太后様にもらったこの絵が何を意味しているのかと、ずっと考え事をしており、彼女の気を引こうと、ゴム跳びをしていたアリ公主は、ゴムを強く引っ張り「あなたのせいでケガをしたじゃないの」と宮人を責める。

宮人の手は、ゴムで真っ赤な筋がいき、アリのウソを見破ったサニーは「悪いことをしたら謝らないといけないんですよ」とアリに怒る。

口先だけ、仕方なく謝罪を口にしたアリだが、サニーは、心から謝るまで許しては駄目だと宮人に命じ、彼女は、賄賂も金品も受取らずサニーの命令を守る。

「身分の低いものは、ちょっと優しくしただけで、つけ上がる」と言って、アリは宮人を侮辱するが、サニーは反省できないアリに鞭打ちの罰を与える。

厳しく罰を与えたあとは、「相手の気持ちになって心から謝らないといけないんですよ」と優しく抱き寄せ、腫れあがったアリの足を手当する。

たぼ美2

下のものに頭を下げてはいけないと言われて育った公主だから、まず、彼女の言い分も聞いてあげないと可愛そう。

ワンシクの正体が分からず、皇帝はイライラが募り、そこへ、また非通知設定の電話がかかってくる。

スポンサーリンク

これはウビンが、ベクホに頼んで電話をかけてもらったもの。

「命を狙われた気分はどうだ?」というワンシクからの電話に、目の前にいるウビンを疑うはずがなく、遺体を見つけるまでは、ミン・ユラと取引をしたほうがいいというウビンの提案を皇帝は承諾する。

たぼ美2

結果として、ウビンの言いなりだわ。
強がってはいても、結局自分一人で何も解決できないのね。

ウビンはユラを病室から解放し、外に連れ出すと、彼女はようやく遺体を捨てた場所を明かす。

「橋の下に捨てたわ。橋脚の辺りよ。ごみに埋もれてるはず」

ソ・ガンヒは、アリ公主が皇后にいじめられていると言って皇帝に泣きつき、彼を殿閣に呼ぶが、色気作戦で皇帝をものにしようとしても、彼はガンヒを女と見ておらず「私が一番後悔していることは、7年前にお前を抱いたことだ。お前は女に見えない」とガンヒを侮辱し敵に回す。

サニーは、殺人の汚名を自分で晴らそうと、夜の配信を行い、ハ・チョンダンに証言してもらおうと電話を待っていた。

しかし、配信が始まってかかってきたのは、宮人ではなくミュージカル女優のイ・ヒョンジュ。

彼女は、サニーに貸した1千万を太后様が返してくれたと結婚前の話を蒸し返し、皇后の父親は、だらしなく借金まみれの人だったと国民の前で明かす。

たぼ美2

日本だと税金を使ったのか!と問題になるけど、ここがちょっと違うのね。

皇后を殺人者だと疑っている視聴者も多く、コメントは悪質なものであふれ、家族の悪口を言われたサニーは動揺し、配信を切り上げようとする。

その時、ワインを持った皇帝が「サニー♡」と言って、彼女の隣に座り、ラブラブぶりをアピール。

「皇后を悲しませたら、あとが大変なんですよ」とサニーをかばい、不仲説を払拭する。

スポンサーリンク

サニーを陥れようと画策した太后は、どうして皇帝がかばうのかと呆れ、まさか、あり得ないことが起きているのかと焦る。

たぼ美2

表面的な監視だけじゃ駄目なのよね、ちゃんと息子の心の変化を読み取らないと。

サニーは勝手に人の部屋に入らないでと怒っていたが、皇帝は「斬新なお礼の言い方だな」と、聞き流し、「私は皇后と仲良くしたいんだ」と真面目に訴えてみるが、「気でもふれたの?今度は誰を殺す気?」と暴言吐かれ、追い出される。

この刺激的な関係が、皇帝は嫌ではなく、サニーに叩きつけられたインスタントコーヒーを大切にポケットに入れ、ニヤニヤとして歩いていた。

太后は、いったいどういうつもりなんですかと皇帝に腹を立てるが「皇后と仲がいいほうが皇室にとっても得策ですよ」と、皇帝は、今はまだ別れたくないと意思表示をする。

たぼ美2

皇后のことが好きだと認めたんですね。
独占欲の強い皇帝がサニーを好きになれば、大変。

太后は、また皇帝が無茶をするのではと彼を監視しており、泥酔状態でバイクに乗ろうとする彼を止める。

10年前、太后が助けなければ、彼は今生きていなかった。

即位式を前に、操り人形の皇帝になっても仕方がないとヒョクは泥酔状態でバイクを飛ばし、事故に遭った。

病院に担ぎ込まれたが、RhマイナスABであるヒョクの輸血は足りず、太后の脅しに負けた医者が、他の患者に用意していた血液をヒョクに使った。

ヒョクに使用された輸血は、本来、サニーのお母さんが受けるものだった。

お母さんは亡くなり、あの時の夢を見たサニーは、泣いて目が覚め、「何をそんなに苦しんでいるんだ」と隣に座っていた皇帝がサニーを抱きしめる。

28話の感想

たぼ美たぼ美

出会うべきして出会ったのか、出会ってはならない二人が出会ったのか残酷な運命。
太后がいなければ、ヒョクは、もう少し、まともな人間に育っていただろうなあ。

皇后の品格 あらすじの続き 一覧

「皇后の品格」前後のお話はこちらから

←25~26話     29~30話→

「皇后の品格」各話の一覧はこちらから

【『皇后の品格』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「皇后の品格」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

皇后の品格 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆