韓国ドラマ 恋する泥棒 あらすじ45話+46話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は恋する泥棒のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 45話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 46話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
た坊助2

それではさっそく45話のあらすじからお楽しみください!

恋する泥棒 あらすじ45話

ジョンへのとの関係を疑い夫を罵ったシネ。

すべて勘違いだったと気づいた彼女は「ごめんなさい」とすぐに謝罪するが、ジュンテとジョンへはドン引き。

一方、ドルモクの本当の父親が殺されていたことを知ったソジュ。

「目の前で父親が殺されたなんて、思い出すのもツラかったでしょ。平気なふりしないで、私の事頼ってね。」

ドルモクを心配してソジュは後ろから抱き着く。

た坊助困

ドルモクとソジュの関係は良好でよきよき。
唯一、Jであることを伏せている以外はね・・・。

翌朝。

どういうなりゆきか、ジョンボムもサヌニュルに同居することになった。笑

みんなに同居を反対されないよう、月一でチキンをご馳走するとアピールし、序盤からみんなの心をつかむジョンボム。笑

スポンサーリンク

みんなで食卓を囲む中、向かい合って座るドルモクとソジュは、テーブルの下で足をすりすりイチャイチャ。

「春がきたな・・・。」

みんなドルモクとソジュの事を話しているはずが、自分たちの事を話していると勘違いしたパンスとジョンヒ。笑

「そんなんじゃない!」とパンスは怒って席を立ち、話が食い違っているみんなはあっけにとられる。笑

た坊助2

以前パンスに針治療しようとジョンヒが部屋にきて、ズボンを脱がせようとしていたんです。
それを見たソンシクは、「強引なやり方だけど、まぁいっか。」と二人の関係を勘違いし応援しています。笑
「タイプじゃない」ってパンスは明確に否定してるけど、それもそれで可哀想だよね。笑

シネと一緒に病院にやってきたジョンへは、寝たきりのホン会長を見て「楽に死なせないわ・・・」と悔しさを滲ませる。

社内の支持を過半数以上得ていると思ったミエは、強引に株主総会を開く。

絶対に負けると思っていたシネは、蓋を開けてみるとあらビックリ、自分の方が得票数で勝り、新会長に任命される。

た坊助2

ジュニが役員たちを裏で脅して、シネに票が回るよう仕組んだ。
もちろん、ジュンテの信頼を得るためにです。
好き好んでやってるわけじゃないですよ。

さらにジュニは、ジュンテに脅迫まがいに迫られ、顧問弁護士を脅迫して遺言を書き換えさせる。

それを知ったドルモクは「何故そんなことしたんだ」と兄の行動をやり過ぎだと非難するが「お前は俺の弟だ、絶対に俺が守る」と言われ、返す言葉が見つからない。

た坊助2

ジュンテに弱みを握られる形になったので、ドルモクは兄の事を心配しています。
ですが、最悪の場合ジュニは自爆覚悟のようです。
絶対に弟を守ろうとしています。

一方、病院関係者の変装をしてホン会長の病室に潜入したドルモク。

「チャンギ、パンス、スンチョン、三件すべてに関する罪を認め、心から謝罪するから・・・」と命乞いをするホン会長。

「ジュンテを懲らしめてやるから協力しろ」とドルモクは迫り、遺言の件について語らせそれをビデオカメラに収める。

ビデオを撮影した後、何者かが病室に潜入し点滴に混ぜて薬剤を投与。

あっけなくホン会長は殺されてしまう。

た坊助2

最後の最後はあっけない死に方でしたね。
誰が犯人だろう?
チェ室長、ジュンテ、ジョンへ、の三人のうち誰かだと思うけど・・・。

一方、ソジュと約束通りデートに出かけるドルモク。

いつもよりおしゃれして出かける二人は完全にラブラブモード。

いつもは男勝りな性格のソジュも、今日ばかりは甘えんぼモードで何度もドルモクにちゅっちゅ。

た坊助喜

ラブラブでよろしい事で。笑
見てるこっちが恥ずかしい。(*´ω`*)笑

ドキドキしながらホン会長が残したビデオを見る一族一同。

ドルモクは遺言執行者としてジュンテ宅へ向かい、遺言の内容を発表する。

45話の感想

た坊助た坊助

持ち株の行方は、シネの方が多いのか?
でも、相続するにはジュンテと離婚することが条件。
ジュニが改ざんしたものではなく、そのあとさらに正式にホン会長の指示で変更したのだと思います。
もちろん、ドルモクが手引きしてですが。
ホン会長、あっけない死でした。

恋する泥棒 あらすじ46話

会長が死に、遺言が公表された。

すべて遺族で分け合うのではなく、幾分か社会に還元すると記されていた。

「あの会長が?」とニュースをみて信じられないソジュ。

一方、シネが遺産を相続するためにはジュンテと離婚することが条件となっており、チョンムンを諦めきれないシネは夫との関係を模索する。

た坊助疑

偽装離婚するか、それとも何度も言い合いしてるから本当に離婚するか。

ジュニに遺言の改ざんを頼んでいたジュンテは、予期せぬアクシデントに怒る。

スポンサーリンク

ドルモクに対して怒りを爆発させるジュンテは、彼の事務所に直接乗り込んできた。

数々の悪事を重ねてきたジュンテに「僕の父をよくも殺したな」と宣戦布告するドルモク。

「あんたの汚れた顔と罪の数々、そして先祖のしでかした裏切りを世間に公表してやる。」

これは宣戦布告だとドルモクはジュンテに勝負を挑む。

た坊助2

残りのあと1つ、地図が見つからない限りドルモクは殺されないと思いますが、実際こんな状況になるといつ命を狙われるか怖いよ。。。

ドルモクの事務所にやってきたミエは「どうやって父の動画をねつ造したの?」と詰め寄る。

父さんがシネに相続させるわけないとミエは鼻息を荒くするが「動画について一切不正はありません」とドルモクは否定する。

脅しのつもりなのか、「あんたの正体はチャンギの息子よ。パンスとは血のつながりはない」と自信満々でドルモクに語るミエ。

「お前が知ってて、僕が知らないわけないだろ?」とドルモクは軽く笑いながら言い返し、地図の話をする。

地図の詳細を知らなかったミエは、「この地図がそんなにすごいの?」と驚いて、携帯で撮った地図の写真を見せる。

た坊助2

国宝級のお宝って聞いた瞬間のミエ、本当にげんきんな奴だな。笑
はじめは超威圧的に言ってたのに、したてに出て地図の詳細教えてほしそうに手のひら返し・・・。笑
さらっと携帯に収めてある写真も見せちゃうし、本当にお馬鹿さん。笑

一方、体調がすぐれないジョンヒを地味に心配するパンス。笑

二人をくっつけようと必死のソンシクは、互いの手を取り重ね合わせる。笑

「元気がない時は、こうやってさすってやるんだよ。」

悪い気はしないジョンヒだが、パンスはめちゃくちゃ嫌そう。笑

スポンサーリンク

一方、なんの詳細も知らないジョンへは、ドルモクがホン会長の弁護をしたことについて不快感をあらわにする。

た坊助2

ホン会長の弁護というか、遺言執行者のことですね。
散々酷い目にあわされてきた敵に、なんで協力するのか理解できない、といった感じです。

時計が盗聴器であることを利用し、演技を始めるドルモクとジュニ。

それを聞いていたファヨンは「義烈団の地図ってなに?」と父に尋ね、「いずれ継ぐつもりだ。ママには内緒だぞ。」と地図の存在を教えてもらう。

た坊助2

そうかそうか、ここまでファヨンは地図の存在すら知らなかったんですもんね。

母がホン会長を殺したのではと疑うユノ。

「母さんが一人で病院に行った直後、おじいちゃんは死んだじゃないか。」

息子に疑われたミエは、動転しながらも殺害を否定する。

ドルモクが会長の遺言執行者になった事を知らなかったソジュ。

「検事長を追い詰めるためだ」と理由を聞いても、今までさんざん苦しめられてきた敵に協力してもらう気持ちが知れないと非難する。

今まで何度もホン会長に歯向かっては失敗してきたジュンテ。

やっと邪魔者がいなくなったと精神的に解放されたジュンテは「羽ばたくときが来た」と政界進出を狙う。

46話の感想

た坊助た坊助

果たして誰がホン会長を殺したんでしょう?
ミエかシネなのか?
ジョンへも候補かなと思ってたけど、よくよく思い返せば「簡単に死なせないわ」みたいな事言ってたから違うのかな。

恋する泥棒 あらすじの続き 一覧

「恋する泥棒」前後のお話はこちらから

←43~44話     47~48話→

「恋する泥棒」各話の一覧はこちらから

『恋する泥棒』のあらすじ一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「恋する泥棒」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

恋する泥棒 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆