韓国ドラマ 恋する泥棒 あらすじ27話+28話 感想とネタバレ

た坊助た坊助

訪問ありがとうございます、管理人た坊助です!
今回は恋する泥棒のあらすじや感想をネタバレ込みでお届けします(^^♪

具体的な内容はこちら、はいドーン!

このページで楽しめる内容
  • 27話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 28話のあらすじ、感想とネタバレ。
  • 前後のお話も見たい方へ 各話のリンク
た坊助2

それではさっそく27話のあらすじからお楽しみください!

恋する泥棒 あらすじ27話

取り調べを受けるユノは薬物検査を要求されて焦る。

本当に何も知らないとユノは焦るが、このままでは薬物検査で引っかかってしまう。

相続関係の事についてなんでもいいから思い出そうとするユノは、ホン会長と食事に行った時の事を思い出す。

株の流れ(資金洗浄の流れ)を話していたホン会長。

それを思い出したユノは、他の逮捕された役員たちがみんな黙秘を貫く中、自分は薬物検査を免れるために金の流れを証言して助かろうとする。

スポンサーリンク

役員たちの黙秘で召還は免れていたが、ユノが証言したことによって取り調べに応じなくてはならなくなったホン会長。

手術のせいで体力が著しく低下しているふりをし、記者たちの前でよぼよぼと車イスに乗る。

衰弱をわざとらしくアピールし、検察の捜査には進んで協力している姿勢を見せる。

そんな協力的な態度に世論は騙され、盗んだ証拠で捜査を進めた検察に対して議論の矛先が向いてくる。

た坊助2

盗まれた資料を基に捜査を進めたのはまずいんじゃない?って感じの世論になってるらしい。
とはいえ、ホン会長は罪を認めた形になった?ので、違法相続の件に関しては悪事が世にさらされた形です。
おかげで、ユノはチョンムンを相続することが難しくなりました。
このままだと、有力後継者はファヨン?

ドルモクの身辺調査を進めるチェ部長。

サヌニュルにはいろんな人が住んでおり、パンスが前科持ち、ソジュと同居、最近に至っては詐欺師まで同居し始めた事を知る。

た坊助2

詐欺師=女詐欺師のソンジン。
一緒に娘のヨウルもやっかいになってます。

Jがドルモクではと推測したチェ部長。

「間違いありません」と意気込んでジュンテに説明するが、「推測の域を出てない。勇み足で検察の顔に泥を塗るな」となだめられる。

た坊助2

ジュンテは、チェ部長の説明が実に理にかなっていると思ったようですが、今ここでJを捕まえられてはまずいと判断し、咄嗟に庇ったようです。

ホン会長の逮捕をニュースで見たソジュは、ついにやったんだと大喜び。

Jがもしかして知り合いで、ソジュの事が好きなのでは?とドルモクに言われたソジュ。

Jの事を話すときは嬉しそうに笑顔になるので、まんざらでもないのかなと思っていたけど、「もしJが私の事好きでも、一足遅かったわ。私には好きな人がいる。」と明確に自分の気持ちを語るソジュ。

ハッキリ言われたドルモクは、わかっていた事とはいえ少し悲しそうな表情をする。

た坊助2

自分がJだと言えないし、言ったところで何か変わるわけでもない。
そっと見守るのを決めたはいいけど、面と向かって言われるとやっぱりつらいですね。

一方、チェ部長に先を越されてはまずいと、ドルモクを拘束するようジュンテに命じられたジュニ。

手錠をかけて検察に連れてこられたドルモクは、三人だけの部屋の中で手錠を外され、「検察と泥棒の協力」を正式に要請される。

泥棒の力を借りるのはダメだとジュニは反対するが、検察の力だけでは捕まえられない大物がいるのも事実。

ホン会長の様に大物を捕まえるにはJの力が必要だと言うのもわかってる。

ジュンテに説得されたジュニは、「これは俺の事件です。他人に任せるわけにいかない。」とJとのタッグを認める。

た坊助2

なんか三人で正式に署名捺印するらしい。
もし捕まっても、この関係は絶対に口外しない。
捕まったとしても、検察は釈放に協力する。
って感じで。

サヌニュルに同居してドルモクの事を伺っていたソンジン。

あわよくばドルモクの正体をチョンムン側につきだそうとしていたが、Jから書面が届いて気が変わる。

た坊助疑

封筒の中には契約書が入っていて、ミエから奪ったお店の権利書?みたいな感じだった。
ソンジンはJからお店をプレゼントされた形になったので、恩を感じて突き出すのをやめたみたい。
むしろ、これから秘密裏に動いたりするときに協力してくれたり?

ユノを後継者にするのが難しくなった。

正式にホン会長に言われたミエはいつも通りに喚き散らす。

ファヨンに取られてたまるかとミエは焦りに焦るが、ユノ自身は全く相続の意思がない。

「俺はチョンムンなんかいらない。ヨンイン日報さえ継げればどうでもいいんだ。」

ユノが株をもらい受ける予定だと聞いたミエは、「ふーん」と悪そうな顔をして何やら考え事。

た坊助2

チョンムンが無理なら、ヨンイン日報を継がせようと心変わりしましたねきっと。
ちなみに、ヨンイン日報はミエの夫の会社です。

一方、ジョンボムにお願いしてジュニの事を調べてもらったパンス。

出身地が違えど、生年月日が同じだと気づく。

素性を隠して生きてきたに違いないと踏んだパンスは、ジュニが育った養護施設を訪れる。

27話の感想

た坊助た坊助

この養護施設にくるのは2回目なんですよね。
1回目は、施設長が空気を読んで黙っててくれた。
でも今回はどうだろ?
パンスはだいぶジュニの事について調べてきましたからね。
ホン会長は捕まったのに、拘束されずに釈放されちゃった。
これは罪的にどうなるんだ?

恋する泥棒 あらすじ28話

ミンジェの詳細を探りに施設にやってきたパンス。

「98年ごろここにいたはずなんです。名前をジュニと変えていたと思うんですが」

以前尋ねてきた時は手当たり次第に施設を当たっていただけのパンス。

しかし今回は、ある程度の目星をつけ、さらには調べてからこの施設にやってきた。

「ちょっと急用の電話がありまして・・・」

席を外した施設長はジュニに電話をかける。

「こんなに必死になって探してるじゃないか。逃げ回ってたって解決しないぞ。」

施設長はジュニに家族と向き合うことを勧めるが、「このままだと弟を危険にさらしてしまう」とジュニは拒む。

スポンサーリンク

今回だけだと説得された施設長だったが、電話しているのを壁ごしに隠れて聞いていたパンスはすべてを知ってしまった。

ジュニがミンジェだった事を知ったパンスは、放心状態で涙を流しながらフラフラと歩き家まで戻ってくる。

自分の事を拒むように接するミンジェ。

やっと息子を見つけたのに拒まれている現状に、「ミンジェはもう父さんに会う気はないんだ。家族を捨てて心を閉ざしてしまったんだ。」と写真を抱きしめながら大泣きする。

「そんなの会って見なきゃわかないだろ」とドルモクは父を抱きしめて励ます。

た坊助2

ぐぅ、なんだか切ないなぁ。。。
やっとの思いで見つけ出した息子、でも会うのを拒まれてるんだから。
拒まれてるのも当然と言えば当然かもしれないけど、やっぱりショックだよね。。。

一方、ドルモクが一夜帰ってこなかった事で、恋人でもできて外泊したのかと気になるソジュ。

あれこれ余計な詮索をされたドルモクは、「仕事してただけだ」と説明し、機嫌悪く部屋に入ってしまう。

た坊助2

実際は、ジュニに手錠をかけられて検察に連れて行かれていました。
まさかソジュに説明するわけにもいきませんからね。

落ち込むドルモクを励まそうとおつかいをお願いした大伯母。

買い物のお供をソジュにお願いし、二人がいい感じになるようさりげなくアシスト。

スーパーに到着したドルモクは、うつむき加減にカートを押すが、試食のおばちゃんにソジュと歩く姿を夫婦だと勘違いされ嬉しくなる。笑

た坊助2

「よぼー(あなた)」ってソジュがノリノリでふざけてくるもんだから、そりゃドルモクもニヤニヤしてしまうわ。笑
相当嬉しかっただろうな。笑

一方、ドルモクの家の前までやってきて彼に電話をかけるファヨン。

何度もかけるが繋がらず、ふと目を車の外にやると仲良さげなドルモクとソジュが歩いてきた。

嫉妬したファヨンはドルモクの元にやってきて食事に行こうと誘うが、「仕事が忙しい」と断られてしまう。

「今まで親しくしてたのは、おじいさまに取り入るためだったの?」

今までもらった花も言葉も全部嘘だったのかとファヨンは怒って帰ってしまう。

何食わぬふりをしてソジュに電話をかけ喫茶店で待ち合わせしたファヨン。

ドルモクの事が好きなのと打ち明け、協力してほしいとお願いする。

スポンサーリンク

協力してほしいとファヨンに頼まれたソジュは一肌脱ぐことに。

食事しようとドルモクの事をレストランに誘い、そこにファヨンも合流。

ファヨンが着いた後は、急用ができたふりをしてその場を後にする。

た坊助困

意図せぬ形でファヨンと食事することになったドルモク。
ハッキリ言って、ホン会長の件はある程度片付いたのでファヨンはもう用済み?
でもファヨンはドルモクに対して好意を抱いているので、このまま引き下がる彼女じゃないと思います。
何をされるのか、おー怖っ。

よかれと思って二人の食事を演出したソジュ。

しかし、家に帰ってくると、その後どうだったのかが気になる。

「俺が誰を好きになろうが勝手だろ」

ドルモクはソジュの行為を余計なお世話だと怒り、ソジュも何故か心が痛む。

ただの友達なはずなのに、なんで心が痛いんだろ・・・?

部屋で一人冷静になったソジュは、ジュニに惹かれながらも、ドルモクに対しても意識してしまっている自分の気持ちに気づき始める。

た坊助疑

おーっと、ここに来てソジュもドルモクの事が?

一方、父にもらったおかずを食卓に並べて夕食をとるジュニ。

一人で食事することには慣れているはずだが、父にもらったおかずを食べるとさすがに感傷的になってしまう。

一方、ジュニに避けられていると弱腰になっていたパンスは、口では嫌がっていても家族が恋しいはずだと思い立ち行動にでる。

「ミンジェ、ミンジェなんだろ」

ジュニの元にやってきたパンスは、陰に隠れて息子の名を呼ぶ。

立ち止まったジュニは父の登場に驚きながら、もう逃げることはできないとミンジェであることを認める。

「僕の傍にはただの一度もいてくれなかったのに!」

ミンジェと言う名はもう捨てたんだと、目に涙をためてジュニは訴える。

28話の感想

た坊助た坊助

この一言が個人的に一番効きました。
ジュニ(ミンジェ)の心の闇を表す言葉だなと。
ドルモクばっかりきにして、自分の事はきにかけてくれなかった、と言うのがジュニの思いですからね。
それにしても、ドルモクの事について勘違いしてるんだよな。
パンスが外で作った子供だって。
そこの勘違いさえ解ければ、ジュニの気持ちも楽になると思うんですが、説明することはないでしょうね・・・。
息子を一族の呪いに巻き込みたくないでしょうから。

恋する泥棒 あらすじの続き 一覧

「恋する泥棒」前後のお話はこちらから

←25~26話     29~30話→

「恋する泥棒」各話の一覧はこちらから

『恋する泥棒』のあらすじ一覧

韓国ドラマがいっぱい!トップページはこちらから

韓国ドラマのあらすじ・ネタバレ全話一覧まとめ

「恋する泥棒」画像はこちらからお借りしましたm(__)m

恋する泥棒 amazon

☆画像からも最新レビューをチェックできます☆